nsIFeedContainer

by 3 contributors:

nsIFeedContainer インタフェースはフィード(nsIFeed) とフィードエントリ(nsIFeedEntry) の両方で使われる標準的なフィールドを提供します。


Please add a summary to this article.
  最終更新: Gecko 1.8.1 (Firefox 2 / Thunderbird 2 / SeaMonkey 1.1)

継承元: nsIFeedElementBase

メソッドの概要

normalize();

属性

属性 説明
authors nsIArray フィードあるいはエントリの著者を記述する nsIFeedPerson オブジェクトの配列。
categories nsIArray フィードあるいはエントリで見付かったカテゴリの配列。
注意: 返される配列は nsIFeedCategory オブジェクトを含むでしょう。ただしそのインタフェースはまだ実装されていません。
contributors nsIArray フィードあるいはエントリの貢献者を記述する nsIFeedPerson オブジェクトの配列。
fields nsIWritablePropertyBag2 ドキュメントで見つかったすべてのフィールドへのアクセスを提供します。一般的な Atom 及び RSS フィールドは "dc:subject" や "content:encoded" のようないくつかの名前空間づけられた拡張を含めてノーマライズされます。フィードの種類をチェックし特定のフィールドにアクセスすることによって消費者はノーマライズを避けることができます。

一般的な名前空間は接頭辞を使うことで get("dc:subject"); のようにアクセスできます。接頭辞に関する更なる情報は nsIFeedResult.registerExtensionPrefix() を参照してください。

id AString フィードあるいはエントリの識別する文字列。フィード全てがこれらを持つわけでは無いですがメジャーなフィードフォーマットはそれぞれのエントリに ID を持っています。
link nsIURI フィードあるいはエントリの第一のリンクを含む URI。
rights nsIFeedTextConstruct フィードあるいはエントリの権利あるいはライセンスのテキスト。
title nsIFeedTextConstruct フィードあるいはエントリのタイトルいくつかのフィードはタイトルがないことに覚えておいてください。またいくつかはタイトルにマークアップを使っており、この属性をデコードするときには注意してください。
updated AString RFC822 フォーマットでのフィードあるいはエントリが最後に更新された日付を含む文字列。この文字列は JavaScript と mail コードでパース可能です。

メソッド

normalize()

コンテナのフィールドを便利な属性とを同期させます。

 void normalize();

参照

nsIURI, nsIFeedTextConstruct

Interwiki link

 

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: teoli, Marsf, Taken
最終更新者: teoli,