Join MDN and developers like you at Mozilla's View Source conference, 12-14 September in Berlin, Germany. Learn more at https://viewsourceconf.org

nsIContentPrefObserver

nsIContentPrefObserver インタフェースは、コンテンツ設定項目の値に対する変更を容易に監視できるようにします。


Please add a summary to this article.
  最終更新: Gecko 1.9 (Firefox 3)

継承元: nsISupports

メソッドの概要

void onContentPrefSet(in AString aGroup, in AString aName, in nsIVariant aValue);
void onContentPrefRemoved(in AString aGroup, in AString aName);

メソッド

onContentPrefSet()

設定項目の値が変更されたときに呼び出されます。(既存の設定項目の値が変更されたときと、新しい設定項目が作成されたときのいずれも)

 void onContentPrefSet(
   in AString aGroup,
   in AString aName,
   in nsIVariant aValue
 );
引数
<tt>aGroup</tt>
設定項目が属するグループ。これは Web サイトの URI になります。設定項目がグローバルで、すべての Web サイトに適用される場合、この値は null となります。
<tt>aName</tt>
値が変更された設定項目の名前。
<tt>aValue</tt>
設定項目の新しい値。

onContentPrefRemoved()

設定項目が削除されたときに呼び出されます。

 void onContentPrefSet(
   in AString aGroup,
   in AString aName
 );
引数
<tt>aGroup</tt>
設定項目が属するグループ。これは Web サイトの URI になります。設定項目がグローバルで、すべての Web サイトに適用される場合、この値は null となります。
<tt>aName</tt>
削除された設定項目の名前。

関連記事

nsIContentPrefService, Using content preferences

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: teoli, Kohei
 最終更新者: teoli,