XML Web Services

Webサービスの基本
Webサービスの短編入門。
Webサービス は、アプリケーションやシステム間でデータを交換するためのプロトコルや標準の集合です。さまざまなプログラミング言語で書かれており、さまざまなプラットフォーム上で動くソフトウェアにおいて、Webサービスを利用することで、インターネット経由でのほかのコンピュータとのデータ交換を、あたかも同じコンピュータ上で動いているプロセス間通信のように扱うことができます。XML Webサービスでは、すべてのデータは XML タグによって整形された形で交換されます。[1]

ドキュメンテーション

Gecko ベースのブラウザでの SOAP
この記事では、最近の Gecko ベースのブラウザで利用可能な SOAP と JavaScript の機能を利用して、どのようにWebサービスへアクセスするかについて説明します。
W3School の SOAP チュートリアル
SOAP は、簡単な XML ベースで HTTP 経由でアプリケーションが情報を交換するためのプロトコルです。この W3Schools の SOAP チュートリアルでは、SOAP とは何かについてや、アプリケーション間でどのように XML を利用して情報を交換しているかについて学習できます。
新しい人のための XML-RPC
XML Remote Procedure Calls (XML-RPC) についての非公式であるが有益な情報です。
Webサービスの入門書
"Webサービスは、Webアプリケーションの新しい種類です。これは、Webから公開、配置、アクセス可能な、自己完結、かつ自己記述的なモジュール式のアプリケーションです。"

すべて見る...

コミュニティ

  • Mozilla フォーラムを見る...

関連事項

AJAX, XML
<hr>

註: 1
Wikipedia から。 (英語版)

Categories

Interwiki Language Links


ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: Marsf, Mgjbot, Okome, Taken Bot, Shimono
 最終更新者: Marsf,