このページでは、GeckoXMLHttpRequest の実装における、バージョン 1.7 (例えば Firefox 1.0 に搭載されているバージョンの Gecko) からの変更点について説明します。 これらの変更は、拡張 (extensions) の XUL と、XUL アプリケーションのみに適用され、 Web アプリケーションには適用されません。

XMLHttpRequest.send の変更点

以前のバージョンでは、nsIInputStream のインスタンスを send メソッドに渡す場合、 ストリームの最初に「Content-Length」と「Content-Type」ヘッダーを含ておく必要がありましたが、この指定は不要になり、置いてはならなくなりました。 今後は、Content-Length ヘッダについては、ストリームの length を元に生成され、 Content-Type ヘッダについては、setRequestHeader の呼び出しにより、手動で指定された値が利用されるようになります。

XMLHttpRequest.onreadystatechange の変更点

この属性の型は、nsIOnReadystatechangeHandler から、 nsIOnReadyStateChangeHandler に変更されました。 (型名の "S" と "C" が、大文字に変更されています)

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: SphinxKnight, Mgjbot, Morishoji
最終更新者: SphinxKnight,