XML

XML チュートリアル
w3schools.com の XML チュートリアル

Extensible Markup Language (XML) は、W3C 勧告になっている特別用途のマークアップ言語を生成するための一般に利用可能なマークアップ言語です。SGML の簡単なサブセットになっており、さまざまな異なる種類のデータを記述することが可能です。この主な用途としては、インターネットで接続された異なるシステム間のデータ共有の基盤となることです。[1]

ドキュメンテーション

XML とは
この短い記事は XML への導入と、その利用方法のいくつかを説明します。
XML in Mozilla
Mozilla は XML を良好にサポートしています。ほかの技術と同様に、いくつかの XML についての W3C (World Wide Web Consortium) 勧告とドラフトにより規格が作られています。
XML 追加モジュール
XML 追加モジュールには、開発者が XML を別の文書形式としてではなく、データとして取り扱うことを可能とするいくつかの機能が含まれています。
Parsing and serializing XML
How to parse an XML document from a string, a file or via javascript and how to serialize XML documents to strings, Javascript Object trees (JXON) or files.
XPath
XPath stands for XML Path Language, it uses a non-XML syntax that provides a flexible way of addressing (pointing to) different parts of an XML document. As well as this, it can also be used to test addressed nodes within a document to determine whether they match a pattern or not.
JXON
JXON stands for lossless Javascript XML Object Notation, it is a generic name by which is defined the representation of Javascript object trees (JSON) using XML.
Mozilla 製品内での組み込み XML データの利用方法
Internet Explorer のひとつの便利な機能として、組み込まれたデータをページの html コントロールから利用するというものがあります。

すべて見る...

コミュニティ

ツール

すべて見る...


1: This description of XML is obtained from the Wikipedia XML Article.

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: Kakurady, RuiMaciel, Taken Bot, Shimono, Yoshino, Mgjbot, ethertank, Okome
最終更新者: ethertank,