XBL 1.0 Reference

概要

このドキュメントは Gecko ブラウザで実装されている拡張可能なバインディング言語 (XBL: Extensible Binding Language) 1.0 について解説します。

拡張可能なバインディング言語は他のドキュメントの要素に紐付けることができる再利用可能なコンポーネント (「バインディング」) を実装するための XML ベースのマークアップ言語です。「紐付けられた要素」と呼ばれる、バインディングが指定された要素は、バインディングによって定義された動作を手に入れます。バインディングはカスケーディングスタイルシート (CSS: Cascading Style Sheets) か DOM を使って要素に紐付けることができます。1 つの要素にいくつものバインディングを 1 度に紐付けることができます。

バインディングの機能は BehaviorsViewlinkと関連していますが、1 つの統合された XML ソリューションとして実装されています。

バインディングは紐付けられた要素に登録されるイベントハンドラや、紐付けられた要素からアクセスできる新しいメソッドやプロパティの実装、紐付けられた要素に挿入される無名コンテントを含むことができます。

初期の XBL 提案と比較して現在の実装には多くの調整があり、このドキュメントにはまだそれらすべては反映されていません。ドキュメントの作成作業はまだ進行中です。提供された情報を使用する場合には気に留めてください。

XBL 要素

XBL 1.0 要素は名前空間 http://www.mozilla.org/xbl に含まれます。

バインディングの取り付けと取り外し

DOM インタフェース

無名コンテンツ

バインディングの実装

イベントハンドラ

付箋紙の例

現在の Firefox の実装にあわせて更新と調整をしました。

この例は実際に役に立つアプリケーションよりも XBL の使いかたを示すことを目的としています。 そのため多くのコメントといくつかのブロック (よりコンパクトな解決策で避けることができたであろうがデモンストレーションの目的でここでは使った) を含んでいます。

この例を見る


Download all files (.zip archive) need to ask to adjust the server - it gives "Access denied" for zip files (?)

参考

原文書の情報

  • 最終更新日: April 24, 2006

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: Mgjbot, kohei.yoshino, Taken
 最終更新者: Mgjbot,