Proximity

これは実験段階の機能です。
この機能は複数のブラウザで開発中の状態にあります。各ブラウザで用いるために、適切なベンダー接頭辞が必要な場合があります。互換性テーブルをチェックしてください。また、実験段階の機能の構文と挙動は、仕様変更に伴い各ブラウザの将来のバージョンで変更になる可能性があることに注意してください。

概要

proximity event は、ユーザがデバイスの近くにいるときを知るのに便利な手段です。これらのイベントは近接度の変化への対応、例えばユーザがスマートフォンを耳の近くに持ってきて電話をしているときにスクリーンを休止することを可能にします。

注記: この API はデバイスに近接センサーを必要とすることが明らかです。近接センサーは、たいていモバイルデバイスのみで使用できます。センサーを搭載していないデバイスもイベントをサポートするかもしれませんが、イベントは発生しません。

Proximity Event

デバイスの近接センサーがデバイスと物体との距離の変化を検出すると、それをブラウザに通知します。ブラウザが通知を受けると、あらゆる変化について DeviceProximityEvent イベントが、またよりおおざっぱな変化の場合に UserProximityEvent イベントが発生します。

このイベントは addEventListener メソッド (イベント名 deviceproximity または userproximity を使用) を使用するか、イベントハンドラを window.ondeviceproximity プロパティまたは window.onuserproximity プロパティに接続することにより、window オブジェクトレベルで取得できます。

イベントを取得すると、イベントオブジェクトでさまざまな種類の情報にアクセスできます:

  • DeviceProximityEvent イベントは、デバイスと物体との距離に一致する値を value プロパティで提供します。また、デバイスが何らかの物体を検出できる最短距離および最長距離を、min プロパティおよび max プロパティで提供します。
  • UserProximityEvent イベントは、距離の大まかな近さを真偽値で表します。UserProximityEvent.near は物体が近いときに true に、また物体が遠いときに false になります。

window.addEventListener('userproximity', function(event) {
  if (event.near) {
    // スクリーンの電源を切る
    navigator.mozPower.screenEnabled = false;
  } else {
    // スクリーンの電源を入れる
    navigator.mozPower.screenEnabled = true;
  }
});

仕様

仕様書 策定状況 コメント
Proximity Events 勧告候補 Initial specification

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
DeviceProximityEvent 未サポート (有) 未サポート 未サポート 未サポート
UserProximityEvent 未サポート (有) 未サポート 未サポート 未サポート
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
DeviceProximityEvent 未サポート 未サポート 15.0 (15.0) 未サポート 未サポート 未サポート
UserProximityEvent 未サポート 未サポート (有) 未サポート 未サポート 未サポート

関連情報

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: yyss
最終更新者: yyss,