serviceworker

廃止
この機能は廃止されました。まだいくつかのブラウザーで動作するかもしれませんが、いつ削除されてもおかしくないので、使わないようにしましょう。

Object
必須 いいえ

serviceworker メンバーは開発者が PWA を制御するためにインストールするサービスワーカーを記述します。

"serviceworker": {
  "src": "./serviceworker.js",
  "scope": "/app",
  "type": "",
  "update_via_cache": "none"
}

サービスワーカーには以下の値が含まれます (src のみが必須です)。

メンバー 説明
src サービスワーカーのスクリプトのダウンロード元となる URL。これだけが serviceworker メンバーで必須です。
scope サービスワーカーの登録スコープを定義する URL を表す文字列で、サービスワーカーが制御できる URL の範囲を表します。これは通常、アプリケーションのベース URL からの相対 URL です。既定では、サービスワーカー登録のスコープ値は、サービスワーカーのスクリプトが置かれているディレクトリに設定されています。
type ?
update_via_cache

ユーザーエージェントがサービスワーカーを読み込むときにキャッシュを回避するかどうかです。