これは実験段階の機能です。
この機能は複数のブラウザーで開発中の状態にあります。互換性テーブルをチェックしてください。また、実験段階の機能の構文と挙動は、仕様変更に伴い各ブラウザーの将来のバージョンで変更になる可能性があることに注意してください。

実験段階のパイプライン演算子 |> (現在はステージ 1 です) は、読みやすい方法で一連の関数呼び出しをできます。基本的に、パイプライン演算子は 1 つの引数を受け取る関数呼び出しのシンタックスシュガーを提供します。たとえば、次のように、

decodeURI('%21') の代わりに '%21' |> decodeURI と記述できます。

構文

expression |> function

関数呼び出しチェーン

パイプライン演算子は、複数関数の呼び出しを読みやすくしてくれます。

const double = (n) => n * 2;
const increment = (n) => n + 1;

// パイプライン演算子なし
double(increment(double(10))); // 42

// パイプライン演算子あり
10 |> double |> increment |> double; // 42

仕様

仕様 ステータス コメント
パイプライン演算子草案 ステージ 1 まだ ECMAScript 仕様ではありません。

ブラウザー実装状況

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本サポート 無し 無し581 無し 無し 無し
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本サポート 無し 無し 無し581 無し 無し ?

1. From version 58: this feature is behind the --enable-pipeline-operator compile flag.

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: YuichiNukiyama
 最終更新者: YuichiNukiyama,