パイプライン演算子 (|>)

実験的なパイプライン演算子 |> (現在はステージ 1 です) は、式の値を関数に接続します。これによって、読みやすい方法で一連の関数呼び出しを作成することができます。結果的に、単一の引数を用いた関数呼び出しの糖衣構文となり、次のように書くことができます。

let url = "%21" |> decodeURI;

これと等価な従来の構文は次のようになります。

let url = decodeURI("%21");

構文

expression |> function

指定された expression の値が function に、単一の引数として渡されます。

引数

expression
任意の式です。
function
任意の関数です。

関数呼び出しの連結

パイプライン演算子は、複数の関数の連結を読みやすくすることができます。

const double = (n) => n * 2;
const increment = (n) => n + 1;

// パイプライン演算子なし
double(increment(double(double(5)))); // 42

// パイプライン演算子あり
5 |> double |> double |> increment |> double; // 42

仕様

仕様書
Pipeline operator
Pipeline operator の定義

ブラウザー実装状況

BCD tables only load in the browser

関連情報