レガシージェネレータ関数式

この記事は編集レビューを必要としています。ぜひご協力ください

この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

レガシージェネレータ関数式はSpiderMonkey固有の機能で、ある時点で取り除かれます。将来向きの用途に、function* expressionを使用することを検討してください。

function キーワードは式内でレガシージェネレータ関数を定義するために使用されます。関数がレガシージェネレータとなるために、関数本体は少なくとも一つのyield式を含む必要があります。

構文

function [name]([param1[, param2[, ..., paramN]]]) {
   statements
}

引数

name
関数名。関数が無名の場合、省略できます。名前は関数本体のみにローカルであります。
paramN
関数に渡される引数の名前。関数は最大255の引数を持ち得ます。
statements
関数の本体を構成するステートメント。これは少なくとも一つのyield式を含む必要があります。

説明

使用方法の概要がIterators and Generatorsページで提供されています。

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 未サポート (有) 未サポート 未サポート 未サポート
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 未サポート 未サポート (有) 未サポート 未サポート 未サポート

See also

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: ambi, shide55
 最終更新者: ambi,