WebAssembly.Memory() コンストラクター

The WebAssembly.Memory() コンストラクターは新しい Memory オブジェクトを生成します。これは buffer プロパティでサイズ変更可能な ArrayBuffer により、 WebAssembly Instance からアクセスする生のバイト列のメモリを持ちます。

JavaScript または WebAssembly コードから生成されたメモリは JavaScript と WebAssembly のどちらからもアクセス、変更が可能になります。

構文

new WebAssembly.Memory(memoryDescriptor);

引数

memoryDescriptor
以下のメンバーを含むことができるオブジェクトです。
initial
WebAssembly メモリの初期サイズで、単位は WebAssembly ページ数です。
maximum 省略可
WebAssembly メモリを拡張できる最大サイズで、単位は WebAssembly ページ数です。存在する場合、 maximum 引数はエンジンがメモリを予約するヒントとして使用されます。ただし、エンジンはこの予約リクエストを無視したり固定したりすることがあります。一般的に、ほとんどの WebAssembly モジュールは maximum を設定する必要はありません。

メモ: WebAssembly ページは 65,536 バイト、すなわち 64KiB の固定長です。

例外

  • memoryDescriptor がオブジェクトでない場合は、 TypeError が発生します。
  • maximum が設定されており、かつ initial よりも小さい場合は、 RangeError が発生します。

WebAssembly.Memory オブジェクトを取得する方法は2つあります。1つ目は JavaScript から生成する方法です。以下の例では、初期サイズが10ページ (640KiB) 、最大サイズが100ページ (6.4MiB) で新しい WebAssembly Memory インスタンスを生成しています。

var memory = new WebAssembly.Memory({initial:10, maximum:100});

2つ目は WebAssembly モジュールからエクスポートされた WebAssembly.Memory オブジェクトを使用する方法です。次の例では (GitHub 上の memory.html およびライブデモ版 もご覧ください)、 memory.wasm バイトコードを WebAssembly.instantiateStreaming() メソッドを使用して読み込みんでインスタンス化し、その上の行で生成されたメモリにインポートします。それから、メモリにいくつかの値を格納し、関数をエクスポートして使用し、いくつかの値を合計します。

WebAssembly.instantiateStreaming(fetch('memory.wasm'), { js: { mem: memory } })
.then(obj => {
  var i32 = new Uint32Array(memory.buffer);
  for (var i = 0; i < 10; i++) {
    i32[i] = i;
  }
  var sum = obj.instance.exports.accumulate(0, 10);
  console.log(sum);
});

仕様書

仕様書
WebAssembly JavaScript Interface
Memory の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報