MDN’s new design is in Beta! A sneak peek: https://blog.mozilla.org/opendesign/mdns-new-design-beta/

SIMD.%type%.lessThanOrEqual()

これは実験段階の機能です。
この機能は複数のブラウザーで開発中の状態にあります。互換性テーブルをチェックしてください。また、実験段階の機能の構文と挙動は、仕様変更に伴い各ブラウザーの将来のバージョンで変更になる可能性があることに注意してください。

静的な SIMD.%type%.lessThanOrEqual() メソッドは、各レーンで小なりイコール比較(a <= b)に応じた値をもつ選択マスクを返します。

構文

SIMD.Float32x4.lessThanOrEqual(a, b)
SIMD.Float64x2.lessThanOrEqual(a, b)

SIMD.Int8x16.lessThanOrEqual(a, b)
SIMD.Int16x8.lessThanOrEqual(a, b)
SIMD.Int32x4.lessThanOrEqual(a, b)

SIMD.Uint8x16.lessThanOrEqual(a, b)
SIMD.Uint16x8.lessThanOrEqual(a, b)
SIMD.Uint32x4.lessThanOrEqual(a, b)

引数

a
SIMD 型のインスタンス
b
SIMD 型の別のインスタンス

戻り値

(サイズに応じた、 Bool64x2Bool32x4Bool16x8Bool8x16 型のうちの)選択マスク。そのマスクのレーン値は、a <= b の結果に応じた true または false のどちらかです。

説明

SIMD.%type%.lessThanOrEqual メソッドは、SIMD comparison operations のうちの 1 つです。2 つのインスタンスの小なりイコール比較の値を直接戻しません。そのかわりに、Boolean 値をもつ選択マスクが返されます。

2 つのベクトルから最小か等しいレーン値を選択します。

この例では、2つの SIMD Float32x4 データ型が、各レーンに対する最小もしくは等しい値を探すために比較されます。選択マスクはその結果に基づいて生成されます。この選択マスクは、両方のベクトルのうち最小または等しい値を新しい Float32x4 ベクトルに選ぶために使用されます。

var a = SIMD.Float32x4(1, 2, 3, 11);
var b = SIMD.Float32x4(1, 4, 7, 9);

var mask = SIMD.Float32x4.lessThanOrEqual(a,b);
// Bool32x4[-1, -1, -1, 0]

var result = SIMD.Float32x4.select(mask, a, b);
// Float32x4[1, 2, 3, 9]

仕様

仕様 ステータス コメント
SIMD
SIMDConstructor.lessThanOrEqual の定義
ドラフト 初期定義。

ブラウザー実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 未サポート Nightly build 未サポート 未サポート 未サポート
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 未サポート 未サポート Nightly build 未サポート 未サポート 未サポート

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: YuichiNukiyama, chikoski, shide55
 最終更新者: YuichiNukiyama,