この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

廃止
この機能は廃止されました。まだいくつかのブラウザーで動作するかもしれませんが、いつ削除されてもおかしくないので、使わないようにしましょう。

静的な Reflect.enumerate() メソッドは、対象オブジェクトの可算できる自身と継承されたプロパティを持つイテレータを返します。

構文

Reflect.enumerate(target)

パラメータ

target
プロパティを取得する対象のオブジェクト。

戻り値

対象オブジェクトの可算できる自身と継承されたプロパティを持つイテレータ。

スローされるエラー

target が Object ではなかった場合、 TypeError がスローされる。

説明

Reflect.enumerate メソッドは、対象オブジェクトの可算できる自身と継承されたプロパティを持つイテレータを返します。

Reflect.enumerate() を使用する

var obj = { x: 1, y: 2 };

for (var name of Reflect.enumerate(obj)) {
  console.log(name);
}
// "x" と "y" をログ

仕様

仕様 状態 コメント
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Reflect.enumerate の定義
標準 Initial definition.

ブラウザ実装状況

We're converting our compatibility data into a machine-readable JSON format. This compatibility table still uses the old format, because we haven't yet converted the data it contains. Find out how you can help!

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: SphinxKnight, YuichiNukiyama
最終更新者: SphinxKnight,