Apply your JS skills to key Mozilla projects as an MDN Fellow! http://mzl.la/MDNFellowship

mozilla

Revision 324669 of Object.prototype.toSource()

  • リビジョンの URL スラグ: JavaScript/Reference/Global_Objects/Object/toSource
  • リビジョンのタイトル: Object.toSource
  • リビジョンの ID: 324669
  • 作成日:
  • 作成者: ethertank
  • 現行リビジョン いいえ
  • コメント

このリビジョンの内容

{{ Non-standard_header }}

概要

オブジェクトのソースコードを表す文字列を返します。

Boolean のメソッド
実装されたバージョン JavaScript 1.3
ECMAScript エディション 定義されていない

構文

boolean.toSource() 

引数

無し

説明

toSource メソッドは以下の値を返します。 これはここにあるべきではありません。しかし、ページが正しい場所へ移動される再編成が完了しない限り、この記事のタイトルはあいまいです。ですから、保留にしておきます。再編成後、これは削除されるべきです。-->

  • 組み込みの Boolean オブジェクトに対しては、toSource はソースコードが利用不可能なことを示す以下の文字列を返します。
function Boolean() {
   [native code]
}
  • Boolean のインスタンスに対しては、toSource はソースコードを表す文字列を返します。

このメソッドはたいてい JavaScript によって内部的に呼び出され、コードで明示的に呼び出されることはありません。

関連情報

このリビジョンのソースコード

<div>
  {{ Non-standard_header }}</div>
<h2 id="Summary" name="Summary">概要</h2>
<p>オブジェクトのソースコードを表す文字列を返します。</p>
<table class="standard-table">
  <tbody>
    <tr>
      <td class="header" colspan="2"><a href="/ja/JavaScript/Reference/Global_Objects/Boolean">Boolean</a> のメソッド</td>
    </tr>
    <tr>
      <td>実装されたバージョン</td>
      <td>JavaScript 1.3</td>
    </tr>
    <tr>
      <td>ECMAScript エディション</td>
      <td>定義されていない</td>
    </tr>
  </tbody>
</table>
<h2 id="Syntax" name="Syntax">構文</h2>
<pre class="syntaxbox">
<code><i>boolean</i>.toSource() </code></pre>
<h3 id="Parameters" name="Parameters">引数</h3>
<p>無し</p>
<h2 id="Description" name="Description">説明</h2>
<p><code>toSource</code> メソッドは以下の値を返します。 これはここにあるべきではありません。しかし、ページが正しい場所へ移動される再編成が完了しない限り、この記事のタイトルはあいまいです。ですから、保留にしておきます。再編成後、これは削除されるべきです。--&gt;</p>
<ul>
  <li>組み込みの <code>Boolean</code> オブジェクトに対しては、<code>toSource</code> はソースコードが利用不可能なことを示す以下の文字列を返します。</li>
</ul>
<pre>
function Boolean() {
   [native code]
}</pre>
<ul>
  <li><code>Boolean</code> のインスタンスに対しては、<code>toSource</code> はソースコードを表す文字列を返します。</li>
</ul>
<p>このメソッドはたいてい JavaScript によって内部的に呼び出され、コードで明示的に呼び出されることはありません。</p>
<h2 id="See_Also" name="See_Also">関連情報</h2>
<ul>
  <li><a href="/ja/JavaScript/Reference/Global_Objects/Object/toSource">Object.prototype.toSource</a></li>
</ul>
このリビジョンへ戻す