mozilla

Revision 164354 of Object.prototype.toSource()

  • リビジョンの URL スラグ: JavaScript/Reference/Global_Objects/Object/toSource
  • リビジョンのタイトル: toSource
  • リビジョンの ID: 164354
  • 作成日:
  • 作成者: Yuichirou
  • 現行リビジョン いいえ
  • コメント 「非標準」表示追加 / 英語版章題追加

このリビジョンの内容

{{wiki.template('Non-standard_header')}}

{{wiki.template('英語版章題', [ "Summary" ])}}

概要

オブジェクトのソースコードを表す文字列を返します。

Object のメソッド
実装されたバージョン: JavaScript 1.3

{{wiki.template('英語版章題', [ "Syntax" ])}}

構文

toSource()

{{wiki.template('英語版章題', [ "Parameters" ])}}

引数

なし。

{{wiki.template('英語版章題', [ "Description" ])}}

説明

toSource メソッドは以下の値を返します。

  • 組み込み Object オブジェクトに対しては、toSource はソースコードが利用不可能なことを示す以下の文字列を返します。
function Object() {
   [native code]
}
  • Object のインスタンスに対しては、toSource はソースコードを表す文字列を返します。
  • カスタムオブジェクトに対しては、toSource はオブジェクトを定義する JavaScript コードを文字列として返します。

このメソッドはたいてい JavaScript によって内部的に呼び出され、コードで明示的に呼び出されることはありません。デバッグ中に toSource を呼び出すことで、あなたはオブジェクトの内容を調べることができます。

{{wiki.template('英語版章題', [ "Examples" ])}}

{{wiki.template('英語版章題', [ "Example: Using toSource" ])}}

例: toSource を使う

以下のコードは Dog オブジェクト型を定義し、Dog 型のオブジェクト theDog を生成しています。

function Dog(name,breed,color,sex) {
   this.name=name
   this.breed=breed
   this.color=color
   this.sex=sex
}
theDog = new Dog("Gabby","Lab","chocolate","girl")

theDogtoSource メソッドを呼び出すことで、オブジェクトを定義する Javascript コードを表示します。

theDog.toSource()
// ({name:"Gabby", breed:"Lab", color:"chocolate", sex:"girl"}) を返す

{{wiki.template('英語版章題', [ "See Also" ])}}

参照

toString

{{ wiki.languages( { "en": "en/Core_JavaScript_1.5_Reference/Global_Objects/Object/toSource", "pl": "pl/Dokumentacja_j\u0119zyka_JavaScript_1.5/Obiekty/Object/toSource" } ) }}

このリビジョンのソースコード

<p>
{{wiki.template('Non-standard_header')}}
</p><p>{{wiki.template('英語版章題', [ "Summary" ])}}
</p>
<h3 name=".E6.A6.82.E8.A6.81"> 概要 </h3>
<p>オブジェクトのソースコードを表す文字列を返します。
</p>
<table class="fullwidth-table">
<tbody><tr>
<td class="header" colspan="2"><a href="ja/Core_JavaScript_1.5_Reference/Global_Objects/Object">Object</a> のメソッド</td>
</tr>
<tr>
<td>実装されたバージョン:</td>
<td>JavaScript 1.3</td>
</tr>
</tbody></table>
<p>{{wiki.template('英語版章題', [ "Syntax" ])}}
</p>
<h3 name=".E6.A7.8B.E6.96.87"> 構文 </h3>
<p><code>
toSource()
</code>
</p><p>{{wiki.template('英語版章題', [ "Parameters" ])}}
</p>
<h3 name=".E5.BC.95.E6.95.B0"> 引数 </h3>
<p>なし。
</p><p>{{wiki.template('英語版章題', [ "Description" ])}}
</p>
<h3 name=".E8.AA.AC.E6.98.8E"> 説明 </h3>
<p><code>toSource</code> メソッドは以下の値を返します。
</p>
<ul><li> 組み込み <code>Object</code> オブジェクトに対しては、<code>toSource</code> はソースコードが利用不可能なことを示す以下の文字列を返します。
</li></ul>
<pre>function Object() {
   [native code]
}
</pre>
<ul><li> <code>Object</code> のインスタンスに対しては、<code>toSource</code> はソースコードを表す文字列を返します。
</li></ul>
<ul><li> カスタムオブジェクトに対しては、<code>toSource</code> はオブジェクトを定義する JavaScript コードを文字列として返します。
</li></ul>
<p>このメソッドはたいてい JavaScript によって内部的に呼び出され、コードで明示的に呼び出されることはありません。デバッグ中に <code>toSource</code> を呼び出すことで、あなたはオブジェクトの内容を調べることができます。
</p><p>{{wiki.template('英語版章題', [ "Examples" ])}}
</p>
<h3 name=".E4.BE.8B"> 例 </h3>
<p>{{wiki.template('英語版章題', [ "Example: Using toSource" ])}}
</p>
<h4 name=".E4.BE.8B:_toSource_.E3.82.92.E4.BD.BF.E3.81.86"> 例: <code>toSource</code> を使う </h4>
<p>以下のコードは <code>Dog</code> オブジェクト型を定義し、<code>Dog</code> 型のオブジェクト <code>theDog</code> を生成しています。
</p>
<pre>function Dog(name,breed,color,sex) {
   this.name=name
   this.breed=breed
   this.color=color
   this.sex=sex
}
theDog = new Dog("Gabby","Lab","chocolate","girl")
</pre>
<p><code>theDog</code> の <code>toSource</code> メソッドを呼び出すことで、オブジェクトを定義する Javascript コードを表示します。
</p>
<pre>theDog.toSource()
// ({name:"Gabby", breed:"Lab", color:"chocolate", sex:"girl"}) を返す
</pre>
<p>{{wiki.template('英語版章題', [ "See Also" ])}}
</p>
<h3 name=".E5.8F.82.E7.85.A7"> 参照 </h3>
<p><a href="ja/Core_JavaScript_1.5_Reference/Global_Objects/Object/toString">toString</a>
</p>{{ wiki.languages( { "en": "en/Core_JavaScript_1.5_Reference/Global_Objects/Object/toSource", "pl": "pl/Dokumentacja_j\u0119zyka_JavaScript_1.5/Obiekty/Object/toSource" } ) }}
このリビジョンへ戻す