mozilla

Revision 313457 of Date

  • リビジョンの URL スラグ: JavaScript/Reference/Global_Objects/Date
  • リビジョンのタイトル: Date
  • リビジョンの ID: 313457
  • 作成日:
  • 作成者: saneyuki_s
  • 現行リビジョン いいえ
  • コメント
タグ: 

このリビジョンの内容

{{ 英語版章題("Summary") }}

概要

日付と時刻を扱うことができる Date インスタンスを生成します。

{{ 英語版章題("Syntax") }}

構文

new Date()
new Date(milliseconds)
new Date(dateString)
new Date(year, month, date [, hour, minute, second, millisecond ])

{{ 英語版章題("Parameters") }}

引数

milliseconds
1970 年 1 月 1 日 00:00:00 (UTC) からのミリ秒数を表す整数値。
dateString
日時を表す文字列。この文字列は parse メソッドで認識される書式である必要があります。
year
年を表す整数値。互換性のために(Y2K 問題 を避けるために)、常に完全な形で指定すべきです。例えば、 98 ではなく、1998 を使ってください。
month
1 月を意味する 0 から 12 月を意味する 11 までの、月を表す整数値。
date
日付を表す整数値。
hour
時(24 時間単位)を表す整数値。
minute
時刻の分の部分を表す整数値。
second
時刻の秒の部分を表す整数値。
millisecond
時刻のミリ秒の部分を表す整数値。
{{ 英語版章題("Description") }}

説明

引数を何も与えなかった場合、コンストラクタは地方時に基づく今日の日時の Date オブジェクトを生成します。引数を一部だけ与えた場合、与えなかった引数は 0 にセットされます。引数を与える場合、少なくとも年、月、日は与える必要があります。時、分、秒、ミリ秒は省略することができます。

日時は 1970 年 1 月 1 日 (UTC) の真夜中からのミリ秒数で計測されます。1 日は 86,400,000 ミリ秒です。Date オブジェクトの範囲は 1970 年 1 月 1 日 (UTC) から計測して -100,000,000 日から 100,000,000 日までです。

Date オブジェクトはプラットフォームを越えた一様な振る舞いを提供します。

Date オブジェクトは地方時のメソッドと同様に、UTC (協定世界時) のメソッドを多くサポートしています。グリニッジ標準時 (GMT) としても知られる UTC は、世界共通の標準時によって設定される時刻です。地方時はコンピュータの把握する JavaScript が実行される場所での時刻です。

Date をノンコンストラクタコンテキスト(すなわち、new 演算子無し)で実行した場合、現在時刻を表す文字列を返します。

{{ 英語版章題("Properties") }}

プロパティ

{{ Js_see_prototype("Date","Properties") }}

prototype
Date オブジェクトにプロパティを追加することができます。

{{ JSInherits("Function", "プロパティ", "caller", "constructor", "length", "name") }}

{{ 英語版章題("Methods") }}

メソッド

{{ Js_see_prototype("Date", "メソッド") }}

now{{ Non-standard_inline() }}
現在日時に対応する数値を返します。
parse
日時を表す文字列を解析し、地方時の 1970 年 1 月 1 日 00:00:00 からのミリ秒数を返します。
UTC
コンストラクタの最も長い書式と同じ引数を受け付け、世界時の 1970 年 1 月 1 日 00:00:00 からのミリ秒数を返します。

{{ JSInherits("Function", "メソッド", "apply", "call", "toSource", "toString", "valueOf") }} {{ JSInherits("Object", "メソッド", "__defineGetter__", "__defineSetter__", "hasOwnProperty", "isPrototypeOf", "__lookupGetter__", "__lookupSetter__", "__noSuchMethod__", "propertyIsEnumerable", "unwatch", "watch") }}

{{ 英語版章題("Date instances") }}

Date インスタンス

{{page("/ja/docs/JavaScript/Reference/Global_Objects/Date/prototype")}}
{{ 英語版章題("Examples") }}

{{ 英語版章題("Example: Several ways to assign dates") }}

例: 日時を代入するいくつかの方法

以下の例は日時を代入するいくつかの方法を示しています。

today = new Date();
birthday = new Date("December 17, 1995 03:24:00");
birthday = new Date(1995,11,17);
birthday = new Date(1995,11,17,3,24,0);
{{ 英語版章題("Example: Calculating elapsed time") }}

例: 経過時間を計算する

以下の例は 2 つの日時の間の経過時間を特定する方法を示しています。

// 静的メソッドを使う
var start = Date.now();
// 時間を計りたいイベントをここで行う
doSomethingForALongTime();
var end = Date.now();
var elapsed = end - start; // ミリ秒での時間
// Date オブジェクトがあるなら
var start = new Date();
// 時間を計りたいイベントをここで行う
doSomethingForALongTime();
var end = new Date();
var elapsed = end.getTime() - start.getTime(); // ミリ秒での時間
{{ 英語版章題("Browser compatibility") }}

ブラウザ毎の互換性

{{ CompatibilityTable() }}

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート {{ CompatUnknown() }} {{ CompatVersionUnknown() }} {{ CompatUnknown() }} {{ CompatUnknown() }} {{ CompatUnknown() }}
機能 Android Firefox Mobile (Gecko) IE Phone Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート {{ CompatUnknown() }} {{ CompatVersionUnknown() }} {{ CompatUnknown() }} {{ CompatUnknown() }} {{ CompatUnknown() }}

このリビジョンのソースコード

<div>
  {{ 英語版章題("Summary") }}</div>
<h2 id=".E6.A6.82.E8.A6.81" name=".E6.A6.82.E8.A6.81">概要</h2>
<p>日付と時刻を扱うことができる <code>Date</code> インスタンスを生成します。</p>
<div>
  {{ 英語版章題("Syntax") }}</div>
<h2 id=".E6.A7.8B.E6.96.87" name=".E6.A7.8B.E6.96.87">構文</h2>
<p><code>new Date()</code><br />
  <code>new Date(<em>milliseconds</em>)</code><br />
  <code>new Date(<em>dateString</em>)</code><br />
  <code>new Date(<em>year</em>, <em>month</em>, <em>date</em> <em>[</em>, <em>hour</em>, <em>minute</em>, <em>second</em>, <em>millisecond</em> <em>]</em>)</code></p>
<div>
  {{ 英語版章題("Parameters") }}</div>
<h2 id=".E5.BC.95.E6.95.B0" name=".E5.BC.95.E6.95.B0">引数</h2>
<dl>
  <dt>
    <code>milliseconds</code></dt>
  <dd>
    1970 年 1 月 1 日 00:00:00 (UTC) からのミリ秒数を表す整数値。</dd>
</dl>
<dl>
  <dt>
    <code>dateString</code></dt>
  <dd>
    日時を表す文字列。この文字列は <a href="/ja/docs/JavaScript/Reference/Global_Objects/Date/parse" title="ja/docs/JavaScript/Reference/Global_Objects/Date/parse">parse</a> メソッドで認識される書式である必要があります。</dd>
</dl>
<dl>
  <dt>
    <code>year</code></dt>
  <dd>
    年を表す整数値。互換性のために(Y2K 問題 を避けるために)、常に完全な形で指定すべきです。例えば、 <code>98</code> ではなく、<code>1998</code> を使ってください。</dd>
</dl>
<dl>
  <dt>
    <code>month</code></dt>
  <dd>
    1 月を意味する 0 から 12 月を意味する 11 までの、月を表す整数値。</dd>
</dl>
<dl>
  <dt>
    <code>date</code></dt>
  <dd>
    日付を表す整数値。</dd>
</dl>
<dl>
  <dt>
    <code>hour</code></dt>
  <dd>
    時(24 時間単位)を表す整数値。</dd>
</dl>
<dl>
  <dt>
    <code>minute</code></dt>
  <dd>
    時刻の分の部分を表す整数値。</dd>
</dl>
<dl>
  <dt>
    <code>second</code></dt>
  <dd>
    時刻の秒の部分を表す整数値。</dd>
</dl>
<dl>
  <dt>
    <code>millisecond</code></dt>
  <dd>
    時刻のミリ秒の部分を表す整数値。</dd>
</dl>
<div>
  {{ 英語版章題("Description") }}</div>
<h2 id=".E8.AA.AC.E6.98.8E">説明</h2>
<p>引数を何も与えなかった場合、コンストラクタは地方時に基づく今日の日時の <code>Date</code> オブジェクトを生成します。引数を一部だけ与えた場合、与えなかった引数は 0 にセットされます。引数を与える場合、少なくとも年、月、日は与える必要があります。時、分、秒、ミリ秒は省略することができます。</p>
<p>日時は 1970 年 1 月 1 日 (UTC) の真夜中からのミリ秒数で計測されます。1 日は 86,400,000 ミリ秒です。<code>Date</code> オブジェクトの範囲は 1970 年 1 月 1 日 (UTC) から計測して -100,000,000 日から 100,000,000 日までです。</p>
<p><code>Date</code> オブジェクトはプラットフォームを越えた一様な振る舞いを提供します。</p>
<p><code>Date</code> オブジェクトは地方時のメソッドと同様に、UTC (協定世界時) のメソッドを多くサポートしています。グリニッジ標準時 (GMT) としても知られる UTC は、世界共通の標準時によって設定される時刻です。地方時はコンピュータの把握する JavaScript が実行される場所での時刻です。</p>
<p><code>Date</code> をノンコンストラクタコンテキスト(すなわち、<a href="/ja/docs/JavaScript/Reference/Operators/new" title="ja/docs/JavaScript/Reference/Operators/Special_Operators/new_Operator">new</a> 演算子無し)で実行した場合、現在時刻を表す文字列を返します。</p>
<div>
  {{ 英語版章題("Properties") }}</div>
<h2 id=".E3.83.97.E3.83.AD.E3.83.91.E3.83.86.E3.82.A3" name=".E3.83.97.E3.83.AD.E3.83.91.E3.83.86.E3.82.A3">プロパティ</h2>
<p>{{ Js_see_prototype("Date","Properties") }}</p>
<dl>
  <dt>
    <a href="/ja/docs/JavaScript/Reference/Global_Objects/Date/prototype" title="ja/docs/JavaScript/Reference/Global_Objects/Date/prototype">prototype</a></dt>
  <dd>
    <code>Date</code> オブジェクトにプロパティを追加することができます。</dd>
</dl>
<p>{{ JSInherits("Function", "プロパティ", "caller", "constructor", "length", "name") }}</p>
<div>
  {{ 英語版章題("Methods") }}</div>
<h2 id=".E3.83.A1.E3.82.BD.E3.83.83.E3.83.89">メソッド</h2>
<p>{{ Js_see_prototype("Date", "メソッド") }}</p>
<dl>
  <dt>
    <a href="/ja/docs/JavaScript/Reference/Global_Objects/Date/now" title="ja/docs/JavaScript/Reference/Global_Objects/Date/now">now</a>{{ Non-standard_inline() }}</dt>
  <dd>
    現在日時に対応する数値を返します。</dd>
  <dt>
    <a href="/ja/docs/JavaScript/Reference/Global_Objects/Date/parse" title="ja/docs/JavaScript/Reference/Global_Objects/Date/parse">parse</a></dt>
  <dd>
    日時を表す文字列を解析し、地方時の 1970 年 1 月 1 日 00:00:00 からのミリ秒数を返します。</dd>
  <dt>
    <a href="/ja/docs/JavaScript/Reference/Global_Objects/Date/UTC" title="ja/docs/JavaScript/Reference/Global_Objects/Date/UTC">UTC</a></dt>
  <dd>
    コンストラクタの最も長い書式と同じ引数を受け付け、世界時の 1970 年 1 月 1 日 00:00:00 からのミリ秒数を返します。</dd>
</dl>
<p>{{ JSInherits("Function", "メソッド", "apply", "call", "toSource", "toString", "valueOf") }} {{ JSInherits("Object", "メソッド", "__defineGetter__", "__defineSetter__", "hasOwnProperty", "isPrototypeOf", "__lookupGetter__", "__lookupSetter__", "__noSuchMethod__", "propertyIsEnumerable", "unwatch", "watch") }}</p>
<div>
  {{ 英語版章題("Date instances") }}</div>
<h2 id="Date_.E3.82.A4.E3.83.B3.E3.82.B9.E3.82.BF.E3.83.B3.E3.82.B9" name="Date_.E3.82.A4.E3.83.B3.E3.82.B9.E3.82.BF.E3.83.B3.E3.82.B9"><code>Date</code> インスタンス</h2>
<div>
  {{page("/ja/docs/JavaScript/Reference/Global_Objects/Date/prototype")}}</div>
<div>
  {{ 英語版章題("Examples") }}</div>
<h2 id=".E4.BE.8B" name=".E4.BE.8B">例</h2>
<div>
  {{ 英語版章題("Example: Several ways to assign dates") }}</div>
<h3 id=".E4.BE.8B.EF.BC.9A_.E6.97.A5.E6.99.82.E3.82.92.E4.BB.A3.E5.85.A5.E3.81.99.E3.82.8B.E3.81.84.E3.81.8F.E3.81.A4.E3.81.8B.E3.81.AE.E6.96.B9.E6.B3.95">例: 日時を代入するいくつかの方法</h3>
<p>以下の例は日時を代入するいくつかの方法を示しています。</p>
<pre class="eval">
today = new Date();
birthday = new Date("December 17, 1995 03:24:00");
birthday = new Date(1995,11,17);
birthday = new Date(1995,11,17,3,24,0);
</pre>
<div>
  {{ 英語版章題("Example: Calculating elapsed time") }}</div>
<h3 id=".E4.BE.8B.EF.BC.9A_.E7.B5.8C.E9.81.8E.E6.99.82.E9.96.93.E3.82.92.E8.A8.88.E7.AE.97.E3.81.99.E3.82.8B">例: 経過時間を計算する</h3>
<p>以下の例は 2 つの日時の間の経過時間を特定する方法を示しています。</p>
<pre class="eval">
// 静的メソッドを使う
var start = Date.now();
// 時間を計りたいイベントをここで行う
doSomethingForALongTime();
var end = Date.now();
var elapsed = end - start; // ミリ秒での時間
</pre>
<pre class="eval">
// Date オブジェクトがあるなら
var start = new Date();
// 時間を計りたいイベントをここで行う
doSomethingForALongTime();
var end = new Date();
var elapsed = end.getTime() - start.getTime(); // ミリ秒での時間
</pre>
<div>
  {{ 英語版章題("Browser compatibility") }}</div>
<h2 id=".E3.83.96.E3.83.A9.E3.82.A6.E3.82.B6.E6.AF.8E.E3.81.AE.E4.BA.92.E6.8F.9B.E6.80.A7">ブラウザ毎の互換性</h2>
<p>{{ CompatibilityTable() }}</p>
<div id="compat-desktop">
  <table class="compat-table">
    <tbody>
      <tr>
        <th>機能</th>
        <th>Chrome</th>
        <th>Firefox (Gecko)</th>
        <th>Internet Explorer</th>
        <th>Opera</th>
        <th>Safari (WebKit)</th>
      </tr>
      <tr>
        <td>基本サポート</td>
        <td>{{ CompatUnknown() }}</td>
        <td>{{ CompatVersionUnknown() }}</td>
        <td>{{ CompatUnknown() }}</td>
        <td>{{ CompatUnknown() }}</td>
        <td>{{ CompatUnknown() }}</td>
      </tr>
    </tbody>
  </table>
</div>
<div id="compat-mobile">
  <table class="compat-table">
    <tbody>
      <tr>
        <th>機能</th>
        <th>Android</th>
        <th>Firefox Mobile (Gecko)</th>
        <th>IE Phone</th>
        <th>Opera Mobile</th>
        <th>Safari Mobile</th>
      </tr>
      <tr>
        <td>基本サポート</td>
        <td>{{ CompatUnknown() }}</td>
        <td>{{ CompatVersionUnknown() }}</td>
        <td>{{ CompatUnknown() }}</td>
        <td>{{ CompatUnknown() }}</td>
        <td>{{ CompatUnknown() }}</td>
      </tr>
    </tbody>
  </table>
</div>
<!-- languages({ "en-US":"en-US/docs/JavaScript/Reference/Global_Objects/Date", "es":"es/docs/Referencia_de_JavaScript_1.5/Objetos_globales/Date", "fr":"fr/docs/R\u00e9f\u00e9rence_de_JavaScript_1.5_Core/Objets_globaux/Date", "pl":"pl/docs/Dokumentacja_j\u0119zyka_JavaScript_1.5/Obiekty/Date", "zh-CN":"zh-CN/docs/JavaScript/Reference/Global_Objects/Date"}) -->
このリビジョンへ戻す