非推奨の機能、廃止された機能

  • リビジョンの URL スラッグ: JavaScript/Reference/Deprecated_Features
  • リビジョンのタイトル: 非推奨の機能
  • リビジョンの ID: 181521
  • 作成日:
  • 作成者: Potappo
  • 現行リビジョン いいえ
  • コメント 非推奨の機能

このリビジョンの内容

この付録リストは、JavaScript 1.5 では非推奨の機能です。


RegExp プロパティ

以下のプロパティは非推奨です。

プロパティ 説明
$1, ..., $9 (もしあれば)括弧で囲まれたサブ文字列にマッチします。
$_ input プロパティを参照してください。
$* multiline プロパティを参照してください。
$& lastMatch プロパティを参照してください。
$+ lastParen プロパティを参照してください。
$` leftContext プロパティを参照してください。
$' rightContext プロパティを参照してください。
input 正規表現がマッチする対象となる文字列。
lastMatch 最後にマッチした文字。
lastParen (もしあれば)最後に括弧で囲まれたサブ文字列のマッチ。
leftContext 一番最近のマッチに先行するサブ文字列。
rightContext 一番最近のマッチの後に続くサブ文字列。

以下は、 現在、RegExp インスタンスのプロパティであり、もはや、RegExp オブジェクトのプロパティではありません。

</tr>

プロパティ 説明
global 対象文字列で可能なマッチ全てに対して正規表現をテストするか、それとも、最初のマッチに対してのみテストするどうかのフラグ。
ignoreCase 文字列でのマッチを適用する際に、大文字と小文字の違いを無視するかどうかのフラグ。
lastIndex 次のマッチが始まる位置。
multiline 複数行に渡って文字列を検索するかどうかのフラグ。
source パターンのテキスト。

RegExp メソッド

compile メソッドは、非推奨です。

valueOf メソッドは、もはや RegExp で限定されません。Object.valueOf を使用してください。

エスケープシーケンス

文字列及び正規表現リテラル内での、8 進表現のエスケープシーケンス(\ に続く、1つ、2つ、もしくは、3つの 8 進表現の数字) は非推奨です。

escape 及び unescape 関数は非推奨です。 特殊文字のためのエスケープシーケンスをエンコードかデコードするためには、encodeURIencodeURIComponentdecodeURI もしくは、 decodeURIComponent を使用してください。

{{ wiki.languages( { "en": "en/Core_JavaScript_1.5_Reference/Deprecated_Features", "pl": "pl/Dokumentacja_j\u0119zyka_JavaScript_1.5/Przestarza\u0142e_w\u0142asno\u015bci_i_metody" } ) }}

このリビジョンのソースコード

<p>
</p><p>この付録リストは、JavaScript 1.5 では非推奨の機能です。
</p><p><br>
</p>
<h3 name="RegExp_.E3.83.97.E3.83.AD.E3.83.91.E3.83.86.E3.82.A3"> RegExp プロパティ </h3>
<p>以下のプロパティは非推奨です。
</p>
<table class="standard-table">
<tbody><tr>
<th>プロパティ</th>
<th>説明</th>
</tr>
<tr>
<td><code>$1, ..., $9</code></td>
<td>(もしあれば)括弧で囲まれたサブ文字列にマッチします。</td>
</tr>
<tr>
<td><code>$_</code></td>
<td>input プロパティを参照してください。</td>
</tr>
<tr>
<td><code>$*</code></td>
<td>multiline プロパティを参照してください。</td>
</tr>
<tr>
<td><code>$&amp;</code></td>
<td>lastMatch プロパティを参照してください。</td>
</tr>
<tr>
<td><code>$+</code></td>
<td>lastParen プロパティを参照してください。</td>
</tr>
<tr>
<td><code>$`</code></td>
<td>leftContext プロパティを参照してください。</td>
</tr>
<tr>
<td><code>$'</code></td>
<td>rightContext プロパティを参照してください。</td>
</tr>
<tr>
<td><code>input</code></td>
<td>正規表現がマッチする対象となる文字列。</td>
</tr>
<tr>
<td><code>lastMatch</code></td>
<td>最後にマッチした文字。</td>
</tr>
<tr>
<td><code>lastParen</code></td>
<td>(もしあれば)最後に括弧で囲まれたサブ文字列のマッチ。</td>
</tr>
<tr>
<td><code>leftContext</code></td>
<td>一番最近のマッチに先行するサブ文字列。</td>
</tr>
<tr>
<td><code>rightContext</code></td>
<td>一番最近のマッチの後に続くサブ文字列。</td>
</tr>
</tbody></table>
<p>以下は、 現在、RegExp インスタンスのプロパティであり、もはや、RegExp オブジェクトのプロパティではありません。
</p>
<p>&lt;/tr&gt;
</p><table class="standard-table">
<tbody><tr>
<th>プロパティ</th>
<th>説明</th>
</tr>
<tr><td><code>global</code></td>
<td>対象文字列で可能なマッチ全てに対して正規表現をテストするか、それとも、最初のマッチに対してのみテストするどうかのフラグ。</td>

</tr><tr>
<td><code>ignoreCase</code></td>
<td>文字列でのマッチを適用する際に、大文字と小文字の違いを無視するかどうかのフラグ。</td>
</tr>
<tr>
<td><code>lastIndex</code></td>
<td>次のマッチが始まる位置。</td>
</tr>
<tr>
<td><code>multiline</code></td>
<td>複数行に渡って文字列を検索するかどうかのフラグ。</td>
</tr>
<tr>
<td><code>source</code></td>
<td>パターンのテキスト。</td>
</tr>
</tbody></table>
<h3 name="RegExp_.E3.83.A1.E3.82.BD.E3.83.83.E3.83.89"> RegExp メソッド </h3>
<p><code>compile</code> メソッドは、非推奨です。
</p><p><code>valueOf</code> メソッドは、もはや RegExp で限定されません。<code>Object.valueOf</code> を使用してください。
</p>
<h3 name=".E3.82.A8.E3.82.B9.E3.82.B1.E3.83.BC.E3.83.97.E3.82.B7.E3.83.BC.E3.82.B1.E3.83.B3.E3.82.B9"> エスケープシーケンス </h3>
<p>文字列及び正規表現リテラル内での、8 進表現のエスケープシーケンス(\ に続く、1つ、2つ、もしくは、3つの 8 進表現の数字) は非推奨です。
</p><p><code>escape</code> 及び <code>unescape</code> 関数は非推奨です。 特殊文字のためのエスケープシーケンスをエンコードかデコードするためには、<code>encodeURI</code>、<code>encodeURIComponent</code>、<code>decodeURI</code> もしくは、 <code>decodeURIComponent</code> を使用してください。
</p>{{ wiki.languages( { "en": "en/Core_JavaScript_1.5_Reference/Deprecated_Features", "pl": "pl/Dokumentacja_j\u0119zyka_JavaScript_1.5/Przestarza\u0142e_w\u0142asno\u015bci_i_metody" } ) }}
Revert to this revision