mozilla
Your Search Results

    JavaScript 1.8.5 の新機能

    This translation is incomplete. Please help translate this article from English.

    JavaScript 1.8.5 は、Firefox4 に含まれる JavaScript のバージョンです。

    新たな機能

    機能 特徴
    Object.create 指定されたプロトタイプオブジェクトおよびプロパティに基づくオブジェクトを生成します。バグ 492840
    Object.defineProperty 指定された記述に基づいた名称のプロパティを、オブジェクトに追加します。
    Object.defineProperties 指定された記述に基づく複数のプロパティを、オブジェクトに追加します。
    Object.getOwnPropertyDescriptor オブジェクトの指定された名前のプロパティの詳細を返します。バグ 505587
    Object.keys オブジェクトのすべての列挙可能 (enumerable )なプロパティを配列の形式で返します。 バグ 307791
    Object.getOwnPropertyNames オブジェクトのすべてのプロパティを列挙可能の如何に関わらず (enumerable and non-enumerable)配列として返します。 バグ 518663
    Object.preventExtensions オブジェクトのいかなる拡張 (extensions)も禁止します。バグ 492849
    Object.isExtensible

    オブジェクトが拡張可能かどうかを判断します。バグ 492849

    Object.seal オブジェクトのプロパティが他のコードにより削除されるのを禁止(封印 (seal))します。バグ 492845
    Object.isSealed オブジェクトが封印されている (sealed)かどうかを判断します。バグ 492845
    Object.freeze オブジェクトを凍結 (Freeze)します。これにより、いかなるコードも凍結されたオブジェクトのプロパティの削除または変更ができなくなります。バグ 492844
    Object.isFrozen オブジェクトが凍結されているかどうかを判断します。バグ 492844
    Array.isArray 与えられた変数が配列であるかどうかを調べます。バグ 510537
    Date.toJSON Dateオブジェクトを、JSON形式の文字列として返します。
    Function.prototype.bind このメソッドが呼び出された際に与えられたコンテクスト(および引数)で、このメソッドを呼び出した関数自体を呼び出す、新しい関数を作成します。バグ 429507

    ECMAScript5 における新たな特徴

    • get および set 演算子は現在、数値型または文字列型の識別子を設定することができます。 バグ 520696
    • Function.apply() が引数として、配列の代わりに、配列に似たオブジェクトを設定できるようになりました。
    • strict モードのサポート
    • Array.toString() を配列以外のオブジェクトで呼び出した場合、 join() メソッドが有効な場合は join() メソッドを呼び出した結果を返し、そうでない場合はオブジェクトの toString() メソッドを呼び出した結果を返すように変更されました。

    その他の標準化作業

    ゲッターおよびセッターを定義する、複数の非標準な構文削除されました。ECMAScript 5で定義された構文は変更されていません。非常に難解かつ使用されているケースは稀な構文です。万が一、影響を被る場合、詳細はこのブログポストを参照してください。

    新たなオブジェクト

    オブジェクト 詳細
    Proxy JavaScript でのメタプログラミングを可能する、Object および Function のプロキシの作成のサポートが提供されます。

    グローバルオブジェクトの変更

    Date オブジェクトの ISO 8061 のサポート
    Date オブジェクトの parse() メソッドは、シンプルなISO 8601形式の日付文字列をサポートします。
    グローバルオブジェクトが読み取り専用となる
    NaNInfinity 、および undefined グローバルオブジェクトはECMAScript 5仕様に基づき、読み取り専用となりました。

    さらなる変更

    JavaScript (SpiderMonkey) API の変更

    註: JSLocaleCallbacks 構造体において規定されているロケールコールバックは、渡されたメモリバッファを解放しません。このバッファは SpiderMonkey ランタイムによって管理されます。

    JS_NewString() 関数は SpiderMonkey 1.8.5 で削除されました。代わりに JS_NewStringCopyN() を使用してください。

    ドキュメントのタグと貢献者

    Contributors to this page: saneyuki_s, Potappo, ethertank, teoli
    最終更新者: teoli,
    サイドバーを隠す