mozilla

リビジョンの比較

アプリケーションキャッシュの使用

Change Revisions

リビジョン 233816:

リビジョン 233816 (編集者: Potappo / 編集日時: )

リビジョン 233519:

リビジョン 233519 (編集者: maco81 / 編集日時: )

タイトル:
Using the application cache
Using the application cache
URL スラグ:
HTML/Using_the_application_cache
HTML/Using_the_application_cache
内容:

リビジョン 233816
リビジョン 233519
n10    <h2>n10    <h2 id='{{_英語版章題("Introduction")_}}はじめに'>
n27    <h2>n27    <h2 id='{{_英語版章題("How_the_application_cache_works")_}}アプリケーショ
 >ンキャッシュはどのように動作するか'>
n30    <h3>n30    <h3 id='{{_英語版章題("Enabling_the_application_cache")_}}アプリケーション
 >キャッシュを有効にする'>
n58    <h3>n58    <h3 id='{{_英語版章題("Loading_documents")_}}ドキュメントを読み込む'>
n89    <h2>n89    <h2 id='{{_英語版章題("Storage_location_and_clearing_the_offline_c
 >ache_")_}}ストレージの場所とオフラインキャッシュをクリアする'>
n118    <h2>n118    <h2 id='{{_英語版章題("The_cache_manifest_file")_}}キャッシュマニフェストファイル
 >'>
n121    <h3>n121    <h3 id='{{_英語版章題("Referencing_a_cache_manifest_file")_}}キャッシュ
 >マニフェストファイルを参照する'>
n127    <h3>n127    <h3 id='{{_英語版章題("Entries_in_a_cache_manifest_file")_}}キャッシュマ
 >ニフェストファイルのエントリー'>
n133    <h3>n133    <h3 id='{{_英語版章題("Example_1:_a_simple_cache_manifest_file")_}
 >}例_1:_単純なキャッシュマニフェストファイル'>
n156    <h3>n156    <h3 id='{{_英語版章題("Sections_in_a_cache_manifest_file:_CACHE,_N
 >ETWORK,_and_FALLBACK")_}}キャッシュマニフェストファイルにおけるセクション:&nbsp;CACHE,&nb
 >sp;NETWORK,_and&nbsp;FALLBACK'>
n185    <h3>n185    <h3 id='{{_英語版章題("Example_2:_a_more_complete_cache_manifest_f
 >ile")_}}例_2:_より完全なキャッシュマニフェストファイル'>
nn211    <h3 id='{{_英語版章題("Structure_of_a_cache_manifest_file")_}}キャッシ
 >ュマニフェストファイルの構造'>
212      {{ 英語版章題("Structure of a cache manifest file") }}キャッシュマニフェス
 >トファイルの構造
211    <h3>213    </h3>
212      Structure of a cache manifest file
213    </h3>
214    <p>
215      Cache manifest files must be served with the&nbsp;<code>tex
>t/cache-manifest</code>&nbsp;MIME type. All resources served usin 
>g this MIME type must follow the syntax for an application cache  
>manifest, as defined in this section. 
216    </p>214    <p>
215      キャッシュマニフェストファイルは <code>text/cache-manifest</code> という MIME 
 >タイプで提供される必要があります。この MIME タイプを使って提供されるすべてのリソースは、このセクションで定義されている、アプ
 >リケーションキャッシュマニフェストのための構文に従う必要があります。
217    <p>216    </p>
218      Cache manifests are UTF-8 format text files, and may option
>ally include a BOM character. Newlines may be represented by line 
> feed (<code>U+000A</code>), carriage return (<code>U+000D</code> 
>), or carriage return and line feed both. 
219    </p>217    <p>
218      キャッシュマニフェストは UTF-8 形式のテキストファイルで、任意で BOM 文字を含むこともできます。改行文字は、
 >ラインフィード (<code>U+000A</code>)、キャリッジリターン (<code>U+000D</code>)、あるい
 >はその両方で表すことができます。
220    <p>219    </p>
221      The first line of the cache manifest must consist of the st
>ring&nbsp;<code>CACHE MANIFEST</code>&nbsp;(with a single&nbsp;<c 
>ode>U+0020</code>&nbsp;space between the two words), followed by  
>zero or more space or tab characters. Any other text on the line  
>is ignored. 
222    </p>220    <p>
221      キャッシュマニフェストの 1 行目は、ゼロあるいはそれ以上のスペースまたはタブ文字に続けて「CACHE MANIFES
 >T」という文字列で構成される必要があります。2 つの単語の間にはひとつのスペース (<code>U+0020</code>) が含
 >まれます。1 行目に書かれたそれ以外の文字列は無視されます。
223    <p>222    </p>
224      The remainder of the cache manifest must be comprised of ze223    <p>
>ro or more of the following lines: 
224      キャッシュマニフェストの残りの部分は、ゼロあるいはそれ以上の、以下の行によって構成されます:
n228        Blank linen228        空白行
229      </dt>
230      <dd>
231        You may use blank lines comprised of zero or more space a
>nd tab characters. 
232      </dd>
233      <dt>229      </dt>
234        Comment
235      </dt>
236      <dd>
237        Comments consist of zero or more tabs or spaces followed 
>by a single&nbsp;<code>#</code>&nbsp;character, followed by zero  
>or more characters of comment text. Comments may only be used on  
>their own lines, and cannot be appended to other lines. This mean 
>s that you cannot specify fragment identifiers. 
238      </dd>230      <dd>
239      <dt>231        ゼロあるいはそれ以上のスペースまたはタブ文字から成る空白行を用いることができます。
240        Section header
241      </dt>
242      <dd>232      </dd>
243        Section headers specify which section of the cache manife233      <dt>
>st is being manipulated. There are three possible section headers 
>: 
234        コメント
235      </dt>
236      <dd>
237        コメントは、ひとつの「#」文字に続くゼロあるいはそれ以上のスペースまたはタブ文字と、それに続くゼロあるいはそれ以上
 >のコメント文字列によって構成されます。コメントは単独の行のみで用いることができ、他の行に付加することはできません。これは、フラグメ
 >ント識別子を指定できないことを意味します。
238      </dd>
239      <dt>
240        セクションヘッダ
241      </dt>
242      <dd>
243        セクションヘッダは、キャッシュマニフェストのどのセクションが操作されるかを示すものです。3 種類のセクションヘッダ
 >を用いることができます:
n251              Section headern251              セクションヘッダ
252            </th>
253            <th>252            </th>
254              Description253            <th>
254              説明
n262              Switches to the explicit section of the cache manifn262              キャッシュマニフェストの明示的セクションに切り替えます。これは既定のセクションです。
>est (this is the default section). 
n270              Switches to the online whitelist section of the cacn270              キャッシュマニフェストのオンラインホワイトリストセクションに切り替えます。
>he manifest. 
n278              Switches to the fallback section of the cache manifn278              キャッシュマニフェストの代替セクションに切り替えます。
>est. 
n286        The section header line may include whitespaces, but mustn286        セクションヘッダ行には空白を含めることも可能ですが、セクション名には必ずコロンを含める必要があります。
> include the colon (<code>:</code>) in the section name. 
287      </dd>
288      <dt>
289        Section data
290      </dt>
291      <dd>287      </dd>
292        The format for lines of data varies from section to secti288      <dt>
>on. In the explicit (<code>CACHE:</code>) section, each line is a 
> valid URI or IRI reference to a resource to cache (no wildcard c 
>haracters are allowed in this sections). Whitespace is allowed be 
>fore and after the URI or IRI on each line. In the Fallback secti 
>on each line is a valid URI or IRI reference to a resource, follo 
>wed by a fallback resource that is to be served up when a connect 
>ion with the server cannot be made. In the network section, each  
>line is a a valid URI or IRI reference to a resource to fetch fro 
>m the network (the wildcard character * is allowed in this sectio 
>n).<br> 
289        セクションデータ
290      </dt>
291      <dd>
292        データ行の形式はセクションとごとに異なります。明示的 (<code>CACHE:</code>) セクションでは、
 >各行は、キャッシュのリソースを参照する妥当な URI または IRI です(このセクションではワイルドカード文字は一切利用できませ
 >ん)。各行の URI または IRI の前後には空白を含めることも可能です。 Fallback セクションでは、各行は、リソースと
 >、それに続いて、サーバとの接続ができないときに提供される代替リソースを参照する妥当な URI または IRI です。ネットワークセ
 >クションでは、各行は、ネットワークから取得できるリソースを参照する 妥当な URI または IRI です(このセクションではワイル
 >ドカード文字である * が利用できます)。<br>
n294          <strong>Note:&nbsp;</strong>Relative URIs are relative n294          <strong>注意:</strong> 相対 URI は、マニフェストを参照するドキュメントの URI では
>to the cache manifest's URI, not to the URI of the document refer>なく、キャッシュマニフェストの URI からの相対となります。
>encing the manifest. 
n299      Cache manifest files can switch from section to section at n299      キャッシュマニフェストは、それぞれのセクションを任意で行き来することができます (つまり、各セクションヘッダを複数回用
>will (each section header can be used more than once), and sectio>いることができます)。また、セクションを空白にしておくことも許容されています。
>ns are allowed to be empty. 
300    </p>
301    <h2>300    </p>
301    <h2 id="Resources_in_an_application_cache">
n339    <h3>n339    <h3 id="Master_entries">
n353    <h3>n353    <h3 id="Explicit_entries">
n359    <h3>n359    <h3 id="Network_entries">
n379    <h3>n379    <h3 id="Fallback_entries">
n393    <h2>n393    <h2 id="Cache_states">
n437    <h2>n437    <h2 id="Testing_for_updates_to_the_cache_manifest">
n455    <h2>n455    <h2 id="Gotchas">
n467    <h2>n467    <h2 id="Browser_Compatibility">
t568    <h2>t568    <h2 id="See_also">

前に戻る