MDN wants to learn about developers like you: https://qsurvey.mozilla.com/s3/MDN-dev-survey

これは実験段階の機能です。
この機能は複数のブラウザーで開発中の状態にあります。互換性テーブルをチェックしてください。また、実験段階の機能の構文と挙動は、仕様変更に伴い各ブラウザーの将来のバージョンで変更になる可能性があることに注意してください。

dropzone グローバル属性 は、Drag and Drop API を使用して要素上にどのようなコンテンツをドロップできるかを示す列挙型属性です。以下の値を使用できます:

  • copy: ドロップにより、ドロップした要素のコピーを生成することを示す
  • move: ドロップされた要素は新しい場所に移動されることを示す
  • link: ドラッグしたデータへのリンクを生成する

仕様

仕様書 策定状況 コメント
WHATWG HTML Living Standard
dropzone の定義
現行の標準 最新のスナップショットである HTML 5.1 から変更なし。
HTML 5.1
dropzone の定義
勧告 WHATWG HTML Living Standard のスナップショットであり、この属性を初めて定義しました。

ブラウザー実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート ? 未サポート ? ? ?
機能 Android Android 版 Chrome Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート ? ? 未サポート ? ? ?

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: yyss, hamasaki
 最終更新者: yyss,