spacer 要素

廃止

概要

<spacer> は、Web ページにホワイトスペースを挿入する為の非標準の HTML 要素です。Web デザイナーによって用いられていた 1px の透過 GIF 画像(いわゆるスペーサー GIF )の挿入と同様の効果を実現する為に NetScape 社が実装したものです。しかし <spacer> は殆どの主要ブラウザでサポートされず、また、同様の効果は CSS を用いて実現可能です。したがって、<spacer> を使用する必要性はありませんでした。Mozilla アプリケーションに於いては、この要素のサポートは Gecko 2.0 にて打ち切られています。

属性

全ての要素が持つグローバル属性と、以下の属性をサポートしていました。

type
スペーサーの種類を設定。horizontalverticalblock の内の何れかのキーワードを指定可能。
size
type 属性の値が horizontal または vertical である場合の、スペーサーのピクセルサイズ
width
type 属性の値が block である場合、スペーサーのピクセル幅を設定
height
type 属性の値が block である場合、スペーサーのピクセル高を設定
align
スペーサーの配置を設定。leftrightcenter の内の何れかのキーワードを指定可能。

<span>テキストノード</span>
<spacer type="horizontal" size="10"></spacer>
<span>別のテキストノード</span>
<spacer type="block" width="10" height="10"></spacer>

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: ethertank, yyss
最終更新者: yyss,