<spacer>

非標準: この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

廃止: この機能は廃止されました。まだいくつかのブラウザーで動作するかもしれませんが、いつ削除されてもおかしくないので、使わないようにしましょう。

<spacer> は、ウェブページにホワイトスペースを挿入するための廃止された HTML 要素です。ウェブデザイナーによって用いられていた 1px の透過 GIF 画像 (いわゆるスペーサー GIF) の挿入と同様の効果を実現するために Netscape 社が実装したものです。しかし <spacer> はほとんどの主要ブラウザーで対応されず、また、同様の効果は CSS を用いて実現可能です。

Netscape のブラウザーの子孫である Firefox は、バージョン 4 で <spacer> の対応を廃止しました。

属性

すべての要素が持つ グローバル属性 と、以下の属性をサポートしていました。

type
スペーサーの種類を設定。 horizontal, vertical, block の内のいずれかのキーワードを指定可能。
size
type 属性の値が horizontal または vertical である場合の、スペーサーのピクセルサイズ
width
type 属性の値が block である場合、スペーサーのピクセル幅を設定
height
type 属性の値が block である場合、スペーサーのピクセル高を設定
align
スペーサーの配置を設定。leftrightcenter の内のいずれかのキーワードを指定可能。

<span>テキストノード</span>
<spacer type="horizontal" size="10"></spacer>
<span>別のテキストノード</span>
<spacer type="block" width="10" height="10"></spacer>

仕様書

どの仕様書にも含まれていません。

ブラウザーの対応

BCD tables only load in the browser