listing 要素

by 1 contributor:

廃止

概要

HTML Listing 要素 (<listing>) は、開始タグと終了タグの間にあるテキストを HTML として解釈せず、等幅フォントを使用して表示します。HTML 2 標準では、1 行が 132 文字を超えない場合は改行すべきではないと勧告しています。

注記: この要素を使用してはいけません。
  • この要素は HTML 3.2 で非推奨とされており、実装していないブラウザがあることに加えて実装に一貫性がありません。さらにこの要素は HTML5 で廃止されており、適合するユーザエージェントによって <pre> 要素のように表示されるかもしれませんが、内部の HTML を解釈するでしょう!
  • 代わりに <pre> 要素、またはセマンティクスが適切な場合に <code> 要素を使用して、タグが解釈されないようにするため HTML の '<' と '>' をエスケープしてください。
  • 等幅フォントによる表示は font-family プロパティの総称フォントとして monospace を使用する、適切な CSS スタイルを適用した <div> 要素でも実現できます。

属性

この要素は、すべての要素で共通のグローバル属性以外の属性がありません。

DOM インタフェース

この要素は HTMLElement インターフェイスを提供します。

実装メモ: Gecko 1.9.2 まで、Firefox はこの要素に HTMLSpanElement インターフェイスを実装していました。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: yyss
最終更新者: yyss,