廃止
この機能は廃止されました。まだいくつかのブラウザーで動作するかもしれませんが、いつ削除されてもおかしくないので、使わないようにしましょう。

概要

<isindex> は廃止された HTML 要素であり、ドキュメントに問い合わせを行うためのテキストフィールドをページに追加します。<isindex> は、問い合わせ文字列を入力するための 1 行テキスト入力フィールドを提供しました。問い合わせ文字列を送信すると、サーバーはマッチするページの一覧を返します。サポート状況は、問い合わせに反応するブラウザーとサーバーの両方に依存しました。

<isindex> は HTML 4.01 で非推奨になりました。これは、HTML フォームで同じ効果を得ることが可能であるためです。すべての主要なブラウザーが <isindex> を削除しており、また WHATWG HTML living standard では non-conforming feature に分類されました。

属性

他のすべての HTML 要素と同様に、この要素は グローバル属性 をサポートします。

prompt
この属性の値を、テキストフィールド用のプロンプトとして追加します。
action
この属性は、異なる URL に対してクエリーを送信する必要がある場合に使用します。アクションは W3C で定義されていません。

<head>
  <isindex prompt="Search Document... " />
</head>

歴史

1992 年 6 月に Dan Connolly は、isindex よりも別の アンカー タイプを 好むと表明しました

1992 年 11 月に、インデックスはドキュメントよりもリンクであるという考えを推進する Dan Connolly によって indexes as links rather than documents の議論が始まりました。子のスレッドでは、さまざまな解決策が提案されました。クエリーを作成する方式への疑問が、Dynatext browser に関連して 言及されました: "The browser displays toggle buttons, text fields etc. The user fills in the fields, clicks OK, and the query results come up in the table of contents window."

1992 年 11 月の isindex に関するスレッドで、Kevin Hoadley は isindex 要素の必要性に 疑問を持って、 廃止を提案しました。彼は、代わりに input 要素 (Steve Putz が 支持した アイデア) を持つよう提案しました。Tim Berners-Lee は、検索結果を集約したものになるという、isindex の目的を 説明しました。Kevin は isindex の二者択一的な性質が嫌いであり、すべてを検索可能なシステムが好ましいと 返信する とともに、当時の WWW Framework を特定の httpd 設定で拡張して、ある URI と検索クエリーの作成を関連付けることを提案しました。

2016 年に、isindex を仕様書から削除する ことが提案されました。

HTML リファレンス

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: yyss
 最終更新者: yyss,