MDN wants to learn about developers like you: https://qsurvey.mozilla.com/s3/d6d7ff2e2f9c

廃止
この機能は廃止されました。まだいくつかのブラウザーで動作するかもしれませんが、いつ削除されてもおかしくないので、使わないようにしましょう。

HTML applet 要素 (<applet>) は、Java アプレットの包含を示します。

使用上の注意: <applet> 要素は Gecko 56 および 2015 年後期の Chrome で廃止されました。また、WebKit および Edge では廃止が検討されています。

属性

align
この属性は、周囲にあるコンテンツとの関係として、ページ上でアプレットを配置するために使用します。HTML 4.01 仕様では bottom, left, middle, right, top という値を定義していましたが、Microsoft および Netscape は absbottom, absmiddle, baseline, center, texttop もサポートしていました。
alt
この属性は、Java をサポートしないブラウザが代わりに表示する説明文を与えます。ページ作者は、<applet> 要素に囲まれた内容物も代替テキストとして表示される可能性があることにも留意すべきです。
archive
この属性は、アーカイブ化あるいは圧縮されたバージョンのアプレットとアプレットに関連づけられた class ファイルを参照するもので、これらはダウンロード時間の削減に役立ちます。
code
この属性は、読み込んで実行するアプレットの class ファイルの URL を指定します。アプレットのファイル名は .class 拡張子で識別します。code で指定した URL は、codebase 属性に相対的となるでしょう。
codebase
この属性は、code 属性で参照するアプレットの .class ファイルを保存しているディレクトリの絶対または相対 URL を与えます。
datafld
Internet Explorer 4 以上がサポートするこの属性は、バインドされたデータを提供するデータソースオブジェクトの列名を指定します。この属性は、Java アプレットに渡すさまざまな <param> 要素を指定するために使用できました。
datasrc
datafld と同様に、この属性は Internet Explorer 4 のデータバインディングで使用します。これは、アプレットに関連づけられた <param> 要素にバインドしたデータを提供するデータソースオブジェクトの ID を示します。
height
この属性は、アプレットが必要とする高さをピクセル数で指定します。
hspace
この属性は、アプレットの両側に確保する水平方向の追加スペースを指定します。
mayscript
Netscape の実装ではこの属性で、ドキュメント内に埋め込んだスクリプト言語のプログラムでアプレットにアクセスできます。
name
この属性はアプレットを他のリソース、特にスクリプトから識別できるようにするため、アプレットに名前をつけます。
object
この属性は、アプレットのシリアライズ表現の URL を指定します。
src
この属性は Internet Explorer 4 以上向けに定義されたもので、アプレットに関係するファイルの URL を指定します。意味や使用法は不明瞭であり、また HTML 標準に含まれていません。
vspace
この属性は、アプレットの上下に確保する垂直方向の追加スペースを指定します。
width
この属性は、アプレットが必要とする幅をピクセル数で指定します。

<applet code="game.class" align="left" archive="game.zip" height="250" width="350">
  <param name="difficulty" value="easy">
  <b>Sorry, you need Java to play this game.</b>
</applet>

ブラウザー実装状況

機能 Chrome Edge Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 未サポート[1] (有)[1] 未サポート[1] (有) 未サポート[1] (有)[1]
機能 Android Edge Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mini Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 未サポート (有)[1] 未サポート[1] 未サポート 未サポート 未サポート[1] 未サポート[1]

[1] <applet> 要素は Gecko 56 および 2015 年後期の Chrome で廃止されました。また、WebKit および Edge では廃止が検討されています。

注記

W3C 仕様書では <applet> の使用を勧めておらず、<object> タグを勧めています。HTML 4.01 の厳格な定義ではこの要素を非推奨としており、HTML5 では完全に廃止しました。

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: yyss
 最終更新者: yyss,