<shadow>: 廃止されたシャドウルート要素

非推奨

この機能は非推奨になりました。まだ対応しているブラウザーがあるかもしれませんが、すでに関連するウェブ標準から削除されているか、削除の手続き中であるか、互換性のためだけに残されている可能性があります。使用を避け、できれば既存のコードは更新してください。このページの下部にある互換性一覧表を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

HTML <shadow> 要素 (Web Components 技術スイートの廃止された部分) は shadow DOM の insertion point として使用するものでした。 shadow ホスト配下に複数の shadow ルートを生成する場合に使用しました。これは通常の HTML としては役立ちません。

コンテンツカテゴリー 透過的コンテンツ
許可されているコンテンツ フローコンテンツ
タグの省略 不可。開始と終了タグの両方が必要。
許可されている親コンテンツ フローコンテンツを受け入れる要素。
許可されている ARIA ロール なし
DOM インターフェイス HTMLShadowElement

属性

この要素はグローバル属性を含みます。

これは <shadow> 要素を使用したシンプルな例です。必要な要素がすべて 1 つの HTML ファイルに含まれています。

メモ: これは実験的な機能です。このコードを実行するには、これを表示するブラウザーが Web Components をサポートしている必要があります。Enabling Web Components in Firefox を参照してください。

<html>
  <head></head>
  <body>

  <!-- この <div> は shadow ルートを含みます -->
  <div>
    <!-- この見出しは表示されません -->
    <h4>My Original Heading</h4>
  </div>

  <script>
    // 上記の <div> コンテンツを取得
    var origContent = document.querySelector('div');
    // 1 つ目の shadow ルートを生成
    var shadowroot1 = origContent.createShadowRoot();
    // 2 つ目の shadow ルートを生成
    var shadowroot2 = origContent.createShadowRoot();

    // 1 つ目の shadow ルートに要素を挿入
    shadowroot1.innerHTML =
      '<p>Older shadow root inserted by
          &lt;shadow&gt;</p>';
    // 2 つ目の shadow ルートに <shadow> を含めて挿入。
    // 前のマークアップは  <shadow> が使われるまで
    // 表示されません
    shadowroot2.innerHTML =
      '<shadow></shadow> <p>Younger shadow root, displayed because it is the youngest.</p>';
  </script>

  </body>
</html>

ブラウザーで表示した場合、次のように見えるはずです。

shadow example

仕様書

この要素はどの仕様書でも定義されていません。

ブラウザーの対応

BCD tables only load in the browser

関連情報