草案
このページは完成していません。

イベントは、ウェブページの生存期間に起こる様々な出来事を非同期に扱うために使用されるデザインパターンと、さまざまな種類の多数の出来事についての名前、特性付け、利用の両方を指します。

概要ページでは、デザインパターンの紹介と最近のウェブブラウザーで定義され行われる出来事の種類の概要を提供します。

カスタムイベントページでは、独自コードでイベントコードのデザインパターンを使用して、ユーザーオブジェクトによって発行される新しいイベント型を定義し、それらのイベントを処理するためのリスナー関数を登録し、ユーザーのコードでイベントを発生させる方法について説明します。

その他のページでは、ウェブブラウザーで定義されているさまざまな種類のイベントの使用方法について説明します。残念なことに、これらのイベントはウェブブラウザーの進化に合わせて部分的に定義されてきたため、最新のウェブブラウザーに組み込まれている、または定義されているイベントの満足のいく体系的な特徴付けはありません。

ウェブブラウザーが実行されている端末は、例えば実世界での場所や方向の変化によってイベントが発生することがあり、これは方向座標系上のページおよび三次元変換の使用上のページで部分的に説明されているとおりです。これは端末の縦の方向が変化した場合とは異なりますが、似ています。

ブラウザーが表示されるウィンドウがイベントを発生させることがあります。例えば、ユーザーがウィンドウを最大化したり、その他の変更があったりすると、サイズ変更イベントが発生します。

ウェブページを読み込んでいるプロセスがユーザーに表示するためにウェブページをダウンロードし、解析し、レンダリングする様々な段階を補完するための応答としてイベントを発生することがあります。

ウェブページのコンテンツへのユーザーの操作がイベントを発生させることがあります。ユーザーの操作によって発生したイベントは、ブラウザー設計の初期の頃に進化し、イベントが呼び出される順序およびその順序を制御することができる方法を定義する複雑なシステムを含んでいます。さまざまな種類のユーザー対話型イベントには、以下のものがあります。

構造面やコンテンツにおけるウェブページの変更が、いくつかのイベントを発生させることがあり、変化イベントのページで説明されているとおりですが、これらのイベントはより軽い Mutation Observer のアプローチに置き換えられて非推奨になっています。

HTML 文書に埋め込まれたメディアストリームがいくつかのイベントを発生させることがあり、メディアイベントページで説明されている通りです。

ウェブページによって行われるネットワークリクエストが、いくつかのイベントを発生させることがあります。

他にも、ウェブブラウザーが定義したイベントの発生源で、このガイドではまだ言及していないものがたくさんあります。

メモ: このイベント開発者ガイドは継続的な作業が必要です。構造を再編したりページを書き直したりする必要があります。イベントについて知っておくことが必要なすべてをここで提供できるようになりたいと考えています。

文書

Overview of Events and Handlers
Events and event handling provide a core technique in JavaScript for reacting to incidents occurring when a browser accesses a web page, including events from preparing a web page for display, from interacting with the content of the web page,  relating to the device on which the browser is running, and from many other causes such as media stream playback or animation timing.
イベントの作成と発火
この記事では、DOM イベントを作成してディスパッチする方法を説明します。このようなイベントは、一般に、ブラウザー自体によって起動されたイベントとは対照的に、合成イベントと呼ばれます。

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: mdnwebdocs-bot, mfuji09, gportioli
最終更新者: mdnwebdocs-bot,