53 ページあります:

# ページ タグと要約
1 イベントリファレンス Event, Reference, 概要
DOM イベントは、注目していることが発生したことをコードに通知するために送信されます。各イベントは event インターフェースに基づくオブジェクトで表され、発生したことに関する追加情報を取得するために追加のカスタムフィールドや関数を持つことがあります。イベントは、基本的なユーザー操作から、レンダリングモデルで起こっていることの自動通知までのすべてを表すことができます。
2 Activate イベント, リファレンス
マウスクリックやキー入力などで要素がアクティブになったときに発生します。
3 CheckboxStateChange Event
CheckboxStateChange イベントは、<checkbox> 要素の状態が変更されたときに実行されます。
4 DOMContentLoaded
DOMContentLoaded イベントは、最初のHTMLドキュメントの読み込みと解析が完了した時に、スタイルシートや画像、サブフレームの読み込みが終わるのを待たずに発火します。全く違うloadイベントはすべてが読み込まれた時に発火する場合にのみ使用されるべきです。DOMContentLoaded がより適切である場合に load を使用する間違いが、 信じられないほど頻繁に行われています。
5 MozOrientation DOM, Gecko DOM Reference, Orientation, 要更新
ウィンドウ上での MozOrientation イベント。
6 abort
abort イベントは、リソースのロードが中止されたときに起動されます。
7 abort
abort イベントは、進行が終了した (エラーではなく) ときに起動されます。
8 audiostart
audiostart イベントは Event インターフェースに実装されており、このインターフェースに定義されたプロパティとメソッドが利用できます。
9 beforeunload イベント, リファレンス
beforeunload イベントは、ウィンドウ、ドキュメント、およびそのリソースがアンロードされる直前に発生します。 ドキュメントはまだ表示されており、この時点でイベントはキャンセル可能です。

文字列が returnValue イベントプロパティに割り当てられている場合、ダイアログボックスが表示され、ユーザーにページを終了するかどうかの確認が求められます (下記の例を参照)。ブラウザによっては、返された文字列がダイアログボックスに表示されるものもあれば、独自のメッセージが表示されるものもあります。値が指定されていない場合、イベントは静かに処理されます。
10 blur (event)
blur イベントは要素がフォーカスを失ったときに発生します。 focusout と違い、親の要素にはイベントが伝達されません。
11 canplay
canplay イベントは、メディアが再生可能状態になると発火します。この時、バッファリングのため再生を停止する必要がない程度には、メディアデータがロードされていると期待できます。
12 change AuditTrackList, Change
change イベントは、次の2つのシナリオにおいて HTML DOM API で使用されます。
13 click API, DOM, Event, Interface, Reference
click イベントは、ポインティングデバイスのボタン(ふつうはマウスの第一ボタン)が、単一の要素上で押されて離されたときに呼び出されます。
14 close
close ハンドラは、websocket との接続が閉じられたときに実行されます。
15 complete
complete ハンドラは、トランザクションが正常に完了したときに実行されます。
16 compositionend DOM, Event, Gecko DOM Reference, events, 要更新
DOM compositionend イベントはユーザが未確定の文字を確定された時のように、編集中のテキストが確定された時に同期的に発生します。このイベントは CompositionEvent インターフェースを持ちます。
17 compositionstart DOM, Event, Gecko DOM Reference, events, 要更新
DOM compositionstart イベントはユーザがIMEで未確定文字列の入力を開始した時のように、間接的なテキスト入力を開始した時に同期的に発生します。このイベントは CompositionEvent インターフェースを持ちます。
18 compositionupdate DOM, Event, Gecko DOM Reference, NeedsBrowserCompatibility, NeedsTechnicalReview, events, 要更新
DOM compositionupdate イベントは IME で編集中のテキストが変更された時に同期的に発生します。
19 connect イベント
connect イベントは、新しいクライアントが接続されたときに SharedWorkerGlobalScope の共有ワーカーで発生します。
20 copy Clipboard API, Event, Reference
copy イベントは、ユーザがブラウザの UI を通じて コピー操作を起こした時 (例えば、キーボードショートカットの CTRL/Cmd+C を押した時やメニューから "コピー" を選んだ時) に発火し、許可された document.execCommand('copy') 呼び出しに応答します。
21 cut Clipboard API, Event, Reference
cut イベントは、選択範囲が document から削除されクリップボードに追加された時に発火します。
22 drag DOM, Drag, Event, Reference, drag and drop
drag イベントはユーザーによって要素もしくはテキストがドラッグされているときに、数百ミリ秒ごとに発火されます。
23 drop
drop イベントは、要素またはテキスト選択が有効なドロップターゲットにドロップされたときに発生します。
24 error
errorイベントは、エラーが発生したときに発生します。正確な状況は異なります。この名前のイベントは、さまざまなAPIから使用されます。
25 error
error イベントは、進行が失敗したときに発生します。
26 fullscreenchange
fullscreenchange イベントは、ブラウザがフルスクリーンモードに移行またはフルスクリーンモードを終了したときに発生するイベントです。
27 fullscreenerror
fullscreenerror イベントは、ブラウザがフルスクリーンモードに切り替えできないときに発生するイベントです。
28 gamepadconnected
gamepadconnected イベントは、ゲームパッドが接続されたことをブラウザが検出したとき、またはゲームパッドのボタン/軸が初めて使用されたときに発生します。
29 gamepaddisconnected
ゲームパッドが切断されたことをブラウザが検出すると、gampaddisconnected イベントが発生します。
30 input DOM, Event, Gecko DOM Reference, NeedsTechnicalReview, events
DOM input イベントは、<input><textarea> 要素の値が変更された場合に、同期的に発生します。また、ブラウザによっては、contenteditable を用いたエディタでも発生します。これについては、ブラウザ間の互換性の表を参照してください。このイベントは、Event インターフェースを持ちます。
31 install API, Reference, events, web manifest
install イベントは、Event インターフェースを実装しています — このインターフェースのプロパティとメソッドを使用できます。
32 load NeedsBrowserCompatibility
loadイベントは、リソースおよびその依存リソースの読み込みが終わると発生します。
33 loadeddata
メディアの最初のフレームのロードが完了すると、loadeddata イベントが発生します。
34 loadstart NeedsCompatTable, NeedsSpecTable, loadstart, イベント
loadstart イベントは、リソースのロードが進行したときに起動されます。これは例えば XMLHttpRequest の呼び出し、<img> または <video> 要素の内容に適用されます。
35 mousedown
mousedown イベントは、ポインティングデバイスのボタン(通常はマウスボタン)が要素上で押下されている時に発火します。
36 orientationchange
orientationchange イベントは、デバイスの向きが変化した時に送られます。
37 pageshow
pageshow イベントは、セッション履歴のエントリのトラバース時に発生します(これは、戻る/進むも、onloadイベント後の初期のページ表示も含みます)。
38 paste Clipboard API, Event, paste, リファレンス
paste イベントは、選択範囲がクリップボードから document に貼り付けられた時に発火します。
39 push Push
push イベントは、Service Worker がプッシュメッセージを受け取ったことを示すために発火されます。
40 pushsubscriptionchange Push
pushsubscriptionchange イベントは、アプリケーションのコントロールの外側で発生したプッシュサブスクリプションの変更を示すために発火されます。例えば、ブラウザーがプッシュサブスクリプションをリフレッシュしたときなどです。以前は、PushSubscription が期限切れになったときに発火されるイベントとして定義されていました。
41 selectionchange
selectionchange イベントは Event インタフェースを実装しています。属性やメソッドは Event をご覧ください。
42 slotchange Reference, Webコンポーネント, slotchange, イベント, 仮想DOM
slotchange 変更イベントは、そのスロットに含まれるノードが変更されると、HTMLSlotElement インスタンス(<slot> 要素) で発生します。
43 storage
storage イベントは、ストレージエリア (localStorage または sessionStorage) が変更されたときに発生します。詳しくは Web Storage API をご覧ください。
44 timeout Reference, XHR, XMLHttpRequest, timeout, イベント, タイムアウト
timeout イベントは、設定された時間が経過し Progression が終了すると発生します。
45 timeupdate
timeupdate イベントは、currentTime 属性で指定された時刻が更新されたときに発生します。
46 toggle イベント
toggle イベントは、<details> 要素の open 状態がトグルされたときに発生します。
47 unload
unload イベントは、文書または子リソースがアンロードされるときに発生します。
48 visibilitychange
visibilitychange イベントは、タブのコンテンツが表示状態または非表示状態になったときに発生します。
49 vrdisplayconnected
vrdisplayconnected イベントは, Event インターフェイスを実装しています — このインターフェイスで定義されているプロパティとメソッドを利用可能です.
50 vrdisplaydisconnected
vrdisplaydisconnected イベントは Event インターフェイスを実装しています — このインターフェイスで定義されているプロパティとメソッドを利用可能です.
51 vrdisplaypresentchange
vrdisplaypresentchange イベントは Event インターフェイスを実装しています — このインターフェイスで定義されているプロパティとメソッドを利用可能です.
52 waiting
waiting イベントは、一時的なデータがないために再生が停止したときに発生します。
53 索引 Index, イベント
53 ページあります:

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: mfuji09, silverskyvicto
最終更新者: mfuji09,