CSS 関連ドキュメントの索引

441 ページあります:

# ページ タグと要約
1 CSS CSS, Design, Landing, Layout, Reference, レイアウト
Cascading Style SheetsCSS)はスタイルシート言語であり、 HTMLXML XHTMLSVG などを含む)で記述された文書の体裁や見栄えを表現するために用いられます。 CSS は、要素が画面上で(あるいは紙や音声といった別のメディア上で)どのように表現されるのかを定義します。
2 -moz-appearance (-webkit-appearance, appearance) CSS, CSS Reference
-moz-appearance CSS プロパティは、OS のテーマをベースにしたプラットフォームネイティブのスタイル付けを使用して要素を表示するために、Gecko (Firefox) によって使用されます。
3 -moz-binding CSS, CSS Reference, Non-standard
-moz-binding は、DOM 要素に XBL バインドを取り付けるために、Mozilla ベースのアプリケーションによって使用されます。
4 -moz-border-bottom-colors CSS, CSS Reference, Non-standard
Mozilla アプリケーションでは、-moz-border-bottom-colors で border の下辺の color を設定します。値にはカラーのリストを設定しなければなりません。要素が 1 ピクセルより太い線幅の border を持つ場合、各ピクセルの線はプロパティで指定された次の color を外側から内側に向かって使用します。これは入れ子状のボックスを除去する必要があります。border がこのプロパティで指定された color の数よりも線幅が太いときは、border の残りの最も内側の color は次の値が指定されます:
5 -moz-border-left-colors CSS, CSS Reference, Non-standard
Firefox などの Mozilla アプリケーションでは、-moz-border-left-colors は左ボーダーの色のリストを設定します。
6 -moz-border-right-colors CSS, CSS Reference, Non-standard
Firefox などの Mozilla アプリケーションでは、-moz-border-left-colors は右ボーダーの色のリストを設定します。
7 -moz-border-top-colors CSS, CSS Reference, Non-standard
Mozilla アプリケーションでは、-moz-border-top-colors で border の上辺の color を設定します。
8 -moz-box-ordinal-group CSS, CSS Reference, CSS:Mozilla Extensions, Flexible Box
何がこのプロパティの代わりに使用している必要があるか詳細については、Flexbox をご覧ください。
9 -moz-cell CSS
No summary!
10 -moz-orient CSS, CSS Reference, Non-standard
Mozilla の CSS 拡張プロパティの -moz-orient は要素の 水平垂直の向き (orientation) を指定します。
11 -moz-user-input CSS, CSS Reference, Non-standard
Mozilla アプリケーションでは、-moz-user-input はある要素がユーザの入力を受け付けるかどうかを決定します。類似のプロパティ user-focusCSS3 UI 仕様の前身であった初期の草稿で提案されましたが、ワーキンググループによって却下されました。
12 -webkit-touch-callout CSS, CSS プロパティ, リファレンス, レイアウト, 非標準
CSS-webkit-touch-callout プロパティは、対象を長押しすることで現れるコールアウト表示を制御します。
13 :-moz-alt-text CSS, CSS Reference, Non-standard
:-moz-alt-text は読み込まれなかった画像のための代替テキストを提供する要素にマッチします。
14 :-moz-broken CSS, CSS Reference, Non-standard
:-moz-broken は、壊れた画像のリンクを提供する要素にマッチします。
15 :-moz-drag-over CSS, CSS Reference, Non-standard
:-moz-drag-over CSS 擬似クラスは drag-over イベントが呼び出された要素を編集するために使用されます。
16 :-moz-first-node CSS, CSS Reference, Non-standard
:-moz-first-node CSS 擬似クラスは、ある要素の最初の子ノードの要素に一致します。最初の子要素の前に (スペースではない) テキストがあると一致しないため、:first-child とは動作が異なります。
17 :-moz-last-node CSS, CSS Reference, Non-standard
:-moz-last-node CSS 擬似クラスは、ある要素の最後の子ノードの要素に一致します。最後の子要素の後に (スペースではない) テキストがあると一致しないため、:last-child とは動作が異なります。
18 :-moz-list-bullet CSS, CSS Reference, Non-standard
非標準の :-moz-list-bullet Mozilla CSS 擬似クラスは、リスト要素のマーカーを編集するために使用されます。
19 :-moz-loading CSS, CSS Reference, CSS:Mozilla Extensions, Non-standard
:-moz-loading CSS 疑似クラスはまだロードを開始していないために表示する事ができない要素(画像など)にマッチします。既にロード中の状態にある画像はこの疑似クラスにマッチしないという事に注意して下さい。
20 :-moz-locale-dir(ltr) CSS, Localization, Non-standard
:-moz-locale-dir(ltr) CSS 擬似クラスは、ユーザインタフェースが左から右方向に表示される場合に、要素にマッチします。これは intl.uidirection.localelocale の部分は現在のロケール)設定が "ltr" に設定されているかによって決定されます。
21 :-moz-locale-dir(rtl) CSS, CSS Reference, Localization, Non-standard, Right-to-left
:-moz-locale-dir(rtl) CSS 擬似クラスは、ユーザインタフェースが右から左方向に表示される場合に、要素にマッチします。これは intl.uidirection.localelocale の部分は現在のロケール)設定が "rtl" に設定されているかによって決定されます。
22 :-moz-only-whitespace CSS, CSS Reference, Non-standard
:-moz-only-whitespace CSS 擬似クラスは、子ノードを全く持たない要素、あるいは空のテキストノードまたはスペースのみを持つテキストノードを持つ要素に一致します。 要素内に要素ノードまたは一文字以上の文字を持つテキストノードがある場合だけ、この擬似クラスは一致しません。
23 :-moz-placeholder CSS, CSS Reference, Non-standard
:-moz-placeholderプレースホルダを表示するフォーム要素にマッチします。この擬似クラスにより、Web 開発者やテーマデザイナーがプレースホルダの表示 (デフォルトは薄い灰色) をカスタマイズすることができます。
24 :-moz-system-metric(images-in-menus) CSS, CSS Reference, CSS:Mozilla Extensions
:-moz-system-metric(images-in-menus) CSS 擬似クラスは、コンピュータのユーザインタフェースがメニュー内の画像をサポートしているとき、要素にマッチします。
25 :-moz-system-metric(windows-default-theme) CSS, CSS Reference, Non-standard
:-moz-system-metric(windows-default-theme) は、WindowsにおいてユーザがLuna, Royale, Zune, Aero(言い換えると、Vista Basic, Vista StandardあるいはAero Glass)のうちいずれかのテーマを現在使用している時、要素にマッチします。この指定は、サードパーティ製のテーマと同様にWindows Classicテーマも除外します。
26 :-moz-tree-cell CSS, CSS Reference, Non-standard
properties 属性によって活性化されます。
27 :-moz-tree-cell-text CSS, CSS Reference, Non-standard
properties 属性によってアクティブ化されます。
28 :-moz-tree-cell-text(hover) CSS, CSS Reference, Non-standard
:-moz-tree-cell-text(hover) CSS 擬似クラスは、マウスカーソルが tree セル内のテキストに合わせてあるとき、要素にマッチします。
29 :-moz-tree-column CSS, CSS Reference, Non-standard
properties 属性によって活性化されます。
30 :-moz-tree-drop-feedback CSS, CSS Reference, Non-standard
properties 属性によって活性化されます。
31 :-moz-tree-image CSS, CSS Reference, Non-standard
properties 属性によって活性化されます。
32 :-moz-tree-indentation CSS, CSS Reference, Non-standard
properties 属性によって活性化されます。
33 :-moz-tree-line CSS, CSS Reference, Non-standard
properties 属性によって活性化されます。
34 :-moz-tree-progressmeter CSS, CSS Reference, Non-standard
type 属性に progressmeter が設定されることによって活性化されます。
35 :-moz-tree-row CSS, CSS Reference, Non-standard
-moz-tree-row CSS 擬似要素は、列の選択と tree 列のスタイル付けに使用されます。
36 :-moz-tree-row(hover) CSS, CSS Reference, Non-standard
マウスカーソルが tree 行の上に合わせてあるとき、:-moz-tree-row(hover) は要素にマッチします。
37 :-moz-tree-separator CSS, CSS Reference, Non-standard
properties 属性によって活性化されます。
38 :-moz-tree-twisty CSS, CSS Reference, Non-standard
properties 属性によって活性化されます。
39 ::after (:after) CSS, Layout, Pseudo-element, Reference, Web, 疑似要素
CSS において ::after は、選択した要素の最後の子要素として擬似要素を作成します。よく content プロパティを使用して、要素に装飾的な内容を追加するために用いられます。
40 ::backdrop CSS, Full-screen, Layout, NeedsContent, Pseudo-element, Reference, 疑似要素
CSS::backdrop 疑似要素は、 全画面モードで描画される何らかの要素のすぐ下層(スタック内で下層に要素が存在する場合は、それより上層)に描画されるボックスです。
41 ::before (:before) CSS, Layout, Pseudo-element, Reference, Web, 疑似要素
CSS における ::before は、選択した要素の最初の子要素として擬似要素を作成します。よく content プロパティを使用して、要素に装飾的な内容を追加するために用いられます。
42 ::first-letter (:first-letter) CSS, CSS Reference, Layout, Pseudo-element, Reference, セレクター, 疑似要素
CSS::first-letter 擬似要素は、ブロックレベル要素の最初の行の最初の文字にスタイルを適用します。ただし、最初の文字より前に他のコンテンツ(画像やインラインテーブルなど)がないときに限ります。
43 ::first-line (:first-line) CSS, CSS Reference, Layout, Pseudo-element, Reference, セレクター, 疑似要素
CSS::first-line 疑似要素は、ブロックレベル要素の最初の行にスタイルを適用します。
44 ::grammar-error CSS, Experimental, NeedsExample, Pseudo-element, Reference, 疑似要素
CSS::grammar-error 疑似要素は、ユーザーエージェントが文法的に正しくないとしたテキスト区間を示します。
45 ::marker CSS, CSS リスト, Experimental, Layout, Pseudo-element, Reference, 疑似要素
CSS::marker 疑似要素は、リスト項目の箇条書き記号ボックス(ふつうは黒丸や番号)を選択します。
46 ::placeholder CSS, Experimental, Forms, Pseudo-element, Reference, フォーム, 疑似要素
CSS::placeholder 疑似要素は、 form 要素のプレイスホルダー文字列を表します。
47 ::selection CSS, Experimental, Layout, Reference, 疑似要素
CSS::selection 疑似要素は、ユーザーが(マウスなどで)選択した文書の一部にスタイルを適用します。
48 ::spelling-error CSS, Experimental, NeedsExample, Pseudo-element, Reference, Web, 疑似要素
CSS::spelling-error 疑似要素は、綴りが正しくないとユーザーエージェントが判断したテキスト区間を示します。
49 :active CSS, Layout, Pseudo-class, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:active 疑似クラスは、ユーザーによってアクティブ化されている要素 (ボタンなど) を表します。
50 :any-link CSS, CSS Psuedo-class, CSS 疑似クラス, Experimental, Layout, NeedsBrowserCompatibility, NeedsMobileBrowserCompatibility, Reference, Web
CSS:any-link 疑似クラスセレクターは、訪問の有無とは独立したソースアンカーとして振る舞う要素を表します。つまり、 href 属性を持つすべての <a><area><link> の各要素を選択します。つまり、 :link または :visited に一致するすべての要素を選択します。
51 :checked CSS, Layout, Reference, Selectors, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:checked 疑似クラスセレクターは、ラジオボタン<input type="radio">)、 チェックボックス<input type="checkbox">)、 オプションボタン<select> の中の <option>)要素がチェックされていたり on の状態にあったりすることを表します。
52 :default CSS, CSS 基本ユーザーインターフェイス, Layout, Pseudo-class, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:default 疑似クラスは、関連する要素のグループ内で既定となっているフォーム上の要素を表します。
53 :defined CSS, HTML, Layout, Pseudo-class, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:defined 疑似クラスは、定義されているすべての要素を表します。これにはブラウザーに組み込まれたすべての標準要素と、(CustomElementRegistry.define() メソッドを使用して)定義に成功したカスタム要素が含まれます。
54 :dir BiDi, CSS, Experimental, Pseudo-class, Reference, セレクター, 疑似クラス
CSS:dir() 疑似クラスは、中に含まれる文字列の方向に基づいて要素を選択します。
55 :disabled CSS, CSS 基本ユーザーインターフェイス, Layout, Pseudo-class, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:disabled 疑似クラスセレクターは、無効な要素を表します。無効な要素とは、アクティブ化(選択、クリック、入力など)したりフォーカスを得たりすることができないものです。要素には有効な状態、つまりアクティブ化したりフォーカスを得たりすることができる状態もあります。
56 :empty CSS, Layout, Pseudo-class, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:empty 疑似クラスは、子を持たない要素を表します。子とは要素のノードまたは文字列(ホワイトスペースを含む)です。コメントや処理の指示は要素が空であるかどうかの判断には影響しません。
57 :enabled CSS, CSS 基本ユーザーインターフェイス, Layout, Pseudo-class, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:enabled 疑似クラスセレクターは、有効な要素を表します。有効な要素とは、アクティブ化(選択、クリック、入力など)したりフォーカスを得たりすることができるものです。要素には無効な状態、つまりアクティブ化したりフォーカスを得たりすることができない状態もあります。
58 :first @page, CSS, CSS ページ付きメディア, 疑似クラス
@page @規則 で使われる CSS:first 疑似クラスは、印刷文書の最初のページを表します。
59 :first-child CSS, Layout, Pseudo-class, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:first-child 疑似クラスは、兄弟要素のグループの中で最初の要素を表します。
60 :first-of-type CSS, Layout, Pseudo-class, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:first-of-type 疑似クラスは、兄弟要素のグループの中でその種類の最初の要素を表します。
61 :focus CSS, Layout, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:focus 疑似クラスは、フォーカスを持っている(フォームの入力のような)要素を表します。普通はユーザーが要素をクリックやタップをしたり、キーボードの[タブ]キーで選択したりしたときです。
62 :focus-within CSS, Layout, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:focus-within 疑似クラスは、フォーカスを持っているか、フォーカスを持った要素を含む要素を表します。言い換えれば、それ自身が :focus 疑似クラスに該当するか、子孫に :focus に該当する要素がある要素を表します。(これはシャドウツリーにおける子孫も含みます。)
63 :fullscreen CSS, Experimental, Full-screen, Pseudo-class, Reference, 全画面, 疑似クラス
CSS:fullscreen 疑似クラスは、ブラウザーが全画面モードにあるときに表示される要素を表します。
64 :hover CSS, Layout, Reference, Web, 疑似クラス
CSS:hover 疑似クラスは、ユーザーがポインティングデバイスで要素に反応したものの、アクティブ化する必要がないものを選択します。普通はユーザーがカーソル(マウスポインタ―)で要素の上をホバー(通過)させたときにこの状態になります。
65 :in-range CSS, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:in-range 疑似クラスは、現在の値が min および max 属性による制限範囲内にある <input> 要素を表します。
66 :indeterminate CSS, CSS 基本ユーザーインターフェイス, Layout, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:indeterminate 疑似クラス は、中間の状態にあるフォームの要素を表します。
67 :invalid CSS, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:invalid 疑似クラスは、内容の検証に失敗した <input> 要素 や <form> 要素を表します。
68 :lang CSS, Layout, Pseudo-class, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:lang() 疑似クラス は、要素を定義された言語に基づいて選択します。
69 :last-child CSS, Layout, Pseudo-class, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:last-child 疑似クラスは、兄弟要素のグループの中で最後の要素を表します。
70 :last-of-type CSS, Layout, Pseudo-class, Reference, セレクター, 疑似クラス
CSS:last-of-type 疑似クラスは、兄弟要素のグループの中でその種類の最後の要素を表します。
71 :left @page, CSS, CSS ページ付きメディア, Layout, Pseudo-class, Reference, Web, 疑似クラス
@page @規則 で使われる CSS:left 疑似クラスは、印刷文書の左側のページすべてを表します。
72 :link CSS, CSS Reference, Pseudo-class, Reference, 疑似クラス
CSS:link 疑似クラスは、まだ訪問されていない要素を表します。 <a>, <area>, <link> など、 href 属性を持つ未訪問のすべての要素を選択します。
73 :matches() (:any()) CSS, Reference, Web, 疑似クラス
CSS:matches() 疑似クラス関数は、セレクターのリストを引数に取り、リスト中のセレクターの何れか一つに当てはまる要素をすべて選択します。数多くのセレクターを小さくまとめて書くのに便利です。
74 :not() CSS, CSS Reference, Selectors
CSS:not() 疑似クラス は、列挙されたセレクターに一致しない要素を表します。特定の項目が選択されることを防ぐため、否定疑似クラス (negation pseudo-class) と呼ばれています。
75 :nth-child() CSS, Reference, Selectors, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:nth-child() 疑似クラスは、兄弟要素のグループの中で1つまたは複数の要素を位置に基づいて選択します。
76 :nth-last-child() CSS, Layout, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:nth-last-child() 疑似クラスは、兄弟要素のグループの中で1つまたは複数の要素を、最後から数えた位置に基づいて選択します。
77 :nth-last-of-type() CSS, Layout, Pseudo-class, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:nth-last-of-type() 疑似クラスは、兄弟要素のグループの中で1つまたは複数の指定された型の要素を、最後から数えた位置に基づいて選択します。
78 :nth-of-type() CSS, Layout, Pseudo-class, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:nth-of-type() 疑似クラスは、兄弟要素のグループの中で1つまたは複数の指定された型の要素を、位置に基づいて選択します。
79 :only-child CSS, Layout, Pseudo-class, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:only-child 疑似クラスは、兄弟要素がない要素を表します。 :first-child:last-child または :nth-child(1):nth-last-child(1) と同じですが、詳細度はより低くなります。
80 :only-of-type CSS, Layout, Pseudo-class, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:only-of-type 疑似クラスは、同じ型の兄弟要素がない要素を表します。
81 :optional CSS, CSS 基本ユーザーインターフェイス, Layout, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:optional 疑似クラスは、 required 属性が設定されていない <input>, <select>, <textarea> 要素を表します。
82 :out-of-range CSS, Layout, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:out-of-range 疑似クラスは、現在の値が min および max 属性による制限範囲外である <input> 要素を表します。
83 :placeholder-shown CSS, Experimental, Pseudo-class, Reference, セレクター, 疑似要素
CSS:placeholder-shown 疑似クラスは、プレイスホルダー文字列が表示されている <input> または <textarea> 要素を表します。
84 :read-only CSS, Layout, Pseudo-class, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:read-only 疑似クラスは、ユーザーが編集できない要素(ロックされた入力欄など)を表します。
85 :read-write CSS, Layout, Pseudo-class, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:read-write 疑似クラスは、ユーザーが編集できる要素(入力欄など)を表します。
86 :required CSS, CSS 基本ユーザーインターフェイス, Layout, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:required 疑似クラスは、 required 属性が設定されている <input>, <select>, <textarea> 要素を表します。
87 :right @page, CSS, CSS ページ付きメディア, Layout, Pseudo-class, Reference, Web, 疑似クラス
@page @規則 で使われる CSS:right 疑似クラスは、印刷文書の右側のページすべてを表します。
88 :root CSS, Layout, Pseudo-class, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:root 疑似クラスは、文書を表すツリーのルート要素を選択します。 HTML では、 :root<html> 要素を表し、詳細度が高いことを除けば html セレクターと同等です。
89 :scope CSS, Layout, Reference, Web, スコープ付き要素, セレクター, 疑似クラス
CSS:scope 疑似クラスは、セレクターが選択する対象の参照点である要素を表します。
90 :target CSS, Layout, Pseudo-class, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:target 疑似クラスは、 URL のフラグメントに一致する id を持つ固有の要素(対象要素)を表します。
91 :valid CSS, CSS 基本ユーザーインターフェイス, Layout, Pseudo-class, Reference, Web, セレクター, 疑似クラス
CSS:invalid 疑似クラスは、内容の検証に成功した <input> 要素 やその他の <form> 要素を表します。これにより、有効な入力欄に、データの形式が適切であることをユーザーが確認しやすくなる外観を簡単に適用できるようになります。
92 :visited CSS, Reference, Selectors, セレクター, 疑似クラス
CSS:visited 疑似クラスは、ユーザーがすでに訪問したリンクを表します。プライバシー上の理由から、このセレクターを使用して変更できるスタイルはとても限定されています。
93 &lt;angle&gt; CSS, CSS Data Type, CSS データ型, CSS 値と単位, Layout, Reference, Web
CSS<angle> データ型は、度、グラード、ラジアン、回転の値で表される角度の値を表します。話し声の高さなどの周波数の値を表します。例えば、 <gradient> 関数や一部の transform 関数などで使われています。
94 &lt;basic-shape&gt; CSS, CSS Data Type, CSS Shapes, CSS データ型, CSS 図形, Reference
CSS<basic-shape> データ型は、 clip-path または shape-outside プロパティで使用される図形を表します。
95 &lt;blend-mode&gt; Blend modes, CSS, CSS Compositing, CSS Data Type, CSS データ型, CSS 合成, Compositing, Reference, ブレンドモード, 合成
CSS<blend-mode> データ型は、要素が重なったときにどのように色が現れるかを記述します。 background-blend-mode または mix-blend-mode プロパティで使用されます。
96 &lt;color&gt; CSS, CSS データ型, Layout, Reference, Web, 色
CSS<color> データ型sRGB 色空間 にある一つの色を表します。 <color>アルファチャネル透過値を含むこともでき、背景とどのように合成するかを示すこともできます。
97 &lt;custom-ident&gt; CSS, CSS Data Type, Layout, Reference, Web
CSS データ型<custom-ident> データ値は、識別子 (identifier) として使われる、ユーザ定義の任意の文字列を意味します。これは大文字と小文字を区別し、曖昧さを避けるため、いくつかの値は様々なコンテキストで禁止されています。
98 &lt;flex&gt;
<flex> CSS データタイプ はグリッドコンテナ内のフレキシブルな長さです。それは grid-template-columnsgrid-template-rows およびほかの関連プロパティで使われます。
99 &lt;frequency&gt; CSS, CSS データ型, CSS 値と単位, Layout, Reference
CSS<frequency> データ型は、話し声の高さなどの周波数の値を表します。今のところ、どの CSS プロパティでも使われていません。
100 &lt;gradient&gt; CSS, CSS Data Type, Graphics, Layout, Reference, Web
CSS<gradient> データ型は、2 色かそれ以上の色間を色が連続変化するような CSS の <image> を表します。CSS グラデーションは CSS の <color> ではなく、固有のサイズを持たない画像です。これは、画像本来のサイズや、優先されるサイズを持たないということです(アスペクト比についても同様です)。実際のサイズは、グラデーションの用いられる要素にマッチしたものになるでしょう。
101 &lt;image&gt; CSS, CSS Reference
CSS<image> データ型は、2 次元の画像を表現します。CSS では画像は 2 種類あります。URL を使って参照されることの多いごく普通の静的な画像と、グラデーションや木構造の一部分を表現するような動的に生成された画像です。
102 &lt;integer&gt; CSS, CSS Reference
CSS プロパティで使用される整数値には単位がありません。
103 &lt;length&gt; CSS, CSS Data Type, CSS データ型, CSS 値と単位, Layout, Reference, Web
CSS<length> データ型は、長さの値を表します。長さは width, height, margin, padding, border-width, font-size, text-shadow など数多くの CSS プロパティで使用されています。
104 &lt;number&gt; CSS, CSS Reference
CSS <number> データ型は、整数と小数のどちらの数値も表します。構文は <integer> データ値のものを拡張しています。小数を表現するには、<integer> データ値に、小数部('.' に続く1つ以上の10進数)を追加します。<integer> データ型と同じように、 <number> は単位を持たず、CSS の寸法ではありません。
105 &lt;percentage&gt; CSS, CSS Data Type, CSS データ型, CSS 値と単位, Layout, Reference
CSS<percentage> データ型は、パーセントによる割合を表します。要素の親オブジェクトからの相対的な寸法を定義するためによく使われます。 widthheight, margin, paddingfont-size など、たくさんのプロパティでパーセント値を使うことができます。
106 &lt;position&gt; CSS, CSS Data Type, CSS データ型, CSS 値と単位, CSS 背景と境界, Layout, Reference, Web
CSS<position> データ型は、二次元の座標を表し、要素ボックスからの相対的な位置を示すために用いられます。 background-position で使用されています。
107 &lt;ratio&gt; CSS, CSS Reference
<ratio> CSS データ型は、メディアクエリ における画面比率の記述に使用され、単位無しの 2 値の比率で示します。この値は、厳密な正の <integer>、スラッシュ ('/', Unicode U+002F SOLIDUS)、2 番目の厳密な正の <integer> の順に記述します。スラッシュの前後にはスペースを入れてもかまいません。最初の数値は横幅を、2番目の数値は縦幅をあらわします。
108 &lt;resolution&gt; CSS, CSS Reference
CSS の <resolution> データ型は メディアクエリーで使われ、出力デバイスのピクセル密度である、解像度を表します。他の CSS の寸法と同じく、<number> のすぐ後ろに解像度の単位 (dpi, dpcm, ...) を続けます。単位のリテラルと数字の間に空白はありません。
109 &lt;shape&gt; CSS, CSS Reference
<shape> CSS データ型は、ある領域の具体的な形状を表します。この領域は、要素のどの部分で clip のようなプロパティが用いられるのか、定義するのに使われます。
110 &lt;string&gt; CSS, CSS Reference
CSS のデータ型 <string> は文字列を表します。文字列は、二重引用符(")または単一引用符(')で区切られた Unicode 文字列で作られています。二重引用符で区切った文字列は、バックスラッシュ(\)を使ってエスケープしない限り、二重引用符を含むことができません。単一引用符にも同じルールがあり、バックスラッシュでエスケープしない限り、単一引用符を含むことができません。バックスラッシュ文字を文字列の一部にしたい場合にも、エスケープが必要です。
111 &lt;time&gt; CSS, CSS Reference
<time> CSS データ型は秒やミリ秒などの時間の長さを意味するもので、<number> の直後に単位を続けます。他の CSS の寸法と同じく、単位と数字の間に空白を置きません。
112 &lt;timing-function&gt; CSS, CSS Reference
CSS データタイプ <timing-function> は、アニメーション中やトランジション中に一次元の値がどれだけ速く変化するかを表す数学関数を示します。本質的には加速曲線を定義するものであるため、アニメーション実行中のアニメーション速度を操作することを可能にします。これらの関数はよく、easing function と呼ばれます。
113 &lt;url&gt; CSS, CSS Reference
<url> CSS データ型はリソースへのポインタを意味します。固有の構文を持たず、url() 関数記法によってのみ表現できます。
114 @-規則 CSS, CSS Reference
@-規則 は、'@' (U+0040 COMMERCIAL AT) 記号で始まり、以下の識別子が続き、ブロック の外または最初の CSS ブロック の終わりにセミコロン ';' (U+003B SEMICOLON) 記号が続く CSS ステートメント です。
115 @charset At-rule, CSS, Layout, Reference, Web
CSS@charset at-規則 は、スタイルシートで使う文字エンコーディングを定義します。この規則はスタイルシートの最初の要素でなければならず、これより先に一切文字を記述してはいけません。入れ子の文 でないとしても、条件付きグループ規則 では使えません。複数の @charset at-規則が定義されると、最初のものだけが使われます。HTML 要素の style 属性や、HTML ページの文字セットが関係している <style> 要素の中では使えません。
116 @document CSS, CSS Reference, CSS:Mozilla Extensions
@document 規則は、ドキュメントの URL に基づいて、その中に含まれるスタイル規則を制限する @ 規則です。これは主にユーザ定義スタイルシート用に設計されています。@document 規則には 1 つ以上のマッチング関数を指定します。関数が URL に適用されると、規則がその URL に効果を及ぼします。
117 @font-face At-rule, CSS, Fonts, Reference
The @font-face は、Web ページを製作者が期待した通り描画するためにダウンロードされるべき、Web フォントを指定するための @ 規則を提供します。作成者が自身のフォントを提供できるようになるため、@font-face はユーザのコンピュータにインストールしているフォントの数に依存する必要性を排除します。@font-face は CSS のトップレベルだけでなく、CSS の条件付きグループ規則の中でも使えます。
118 @import CSS, CSS Reference
@import は、スタイル規則を他のスタイルシートからインポートします。
119 @keyframes CSS, CSS Reference, NeedsBrowserCompatibility, NeedsMobileBrowserCompatibility, NeedsTechnicalReview
@keyframes は、アニメーション中に到達すべきポイントであるキーフレーム (通過点) を明示することで、CSS animation の流れの中間地点をページ作者が制御することを可能にします。これにより、ブラウザにすべてを自動的に扱わせる場合よりも、アニメーションの流れの中間地点をより明確に制御することができます。
120 @media At-rule, CSS, Reference
CSS@media @-規則は、波括弧 "{...}" で囲まれた CSS ブロックにネストされた規則セットと、メディアクエリで定義した条件を関連づけます。@media @-規則は CSS のトップレベルだけでなく、CSS 条件付きグループ規則の内部でも使用できます。
121 display-mode @media, CSS, display, display-mode, media feature, web app manifest
display-mode は、アプリケーションのディスプレイモードに基づいて選択的に CSS を適用する CSS メディア機能です。この機能は、Web アップマニフェストの display メンバー に対応しています。トップレベルブラウジングコンテキストと子ブラウジングコンテキストの両方に対応しています。 このクエリは、Web アップマニフェストの有無にかかわらず適用されます。URL からサイトを起動するときとデスクトップアイコンから起動するときのユーザーエクスペリエンスに一貫性を持たせるために、このクエリを使用してください。
122 pointer @media, CSS, media feature
pointer は主入力メカニズムがポインティングデバイスであるかどうかを確認するために使用できるCSSメディア機能です。
123 @namespace At-rule, CSS, Layout, Reference, Web
@namespace は、CSS スタイルシート で使用する XML 名前空間を定義する @-規則です。名前空間に含まれる要素のみ選択するよう、全称要素型属性の各セレクタを制限するために名前空間を使用できます。@namespace 規則は通常、複数の名前空間を含むドキュメント (インラインで SVG や MathML を含む HTML5 ドキュメントや、複数のボキャブラリが混在する XML ドキュメントなど) を扱う際に役立ちます。
124 @page CSS, CSS Reference
CSS の @page @-規則は、文書の印刷するときの CSS プロパティの編集に使います。@page で変更できる CSS プロパティは限られます。変更できるのは、margin、orphans、widowsと、文書のページ区切りだけです。これ以外の CSS プロパティを変えようとしても、無視されます。
125 @supports At-rule, CSS, CSS3, CSS3-conditionals, Layout, Reference, Web
@supports CSS @-規則は、波括弧でくくられた CSS ブロックへ入れ子にした文のセットと、プロパティと値のペアを任意で論理積・論理和・否定と組み合わせた検査対象の CSS 宣言で構成される条件文を関連付けます。このような条件を supports condition と呼びます。
126 Alternative style sheets CSS
Firefox は「代替スタイルシート」をサポートしています。代替スタイルシートを提供しているページでは、[表示] メニューの [スタイルシート] から、ページを表示するためのスタイルをユーザが選ぶことができます。これにより、ユーザがニーズや好みに応じて、複数のバージョンのページを見ることができます。
127 CSS Animations CSS, CSS Animations, Experimental, Overview, Reference
CSS Animations is a module of CSS that defines how to animate the values of CSS properties over time, using keyframes. The behavior of these keyframe animations can be controlled by specifying their duration, their number of repetitions, and how they repeat.
128 CSS アニメーション CSS, CSS Animations, CSS3, Example, Guide, Web
CSS3 アニメーション は、ある CSS のスタイル設定を別の設定へ遷移させることを可能にします。
129 CSS Background and Borders CSS, CSS Backgrounds and Borders, CSS Reference, NeedsTranslation, Overview, TopicStub
CSS Background and Borders is a module of CSS that defines how background and borders of elements are described. Borders can be lines or images, boxes can have one or multiple backgrounds, have rounded corners, and shadows.
130 CSS での複数の背景の利用方法 CSS, CSS Background, Example, Guide, Intermediate
CSS3 より、要素に複数の背景を適用できるようになりました。複数の背景は、最初に指定した背景が最前面、最後に指定した背景が最も奥のレイヤーになるように、重ねて描画されます。
131 境界画像作成ツール CSS, CSS 背景と境界, ツール
このツールを使用して、 CSS3 の border-image の値を作成できます。
132 CSS Basic User Interface CSS, CSS Basic User Interface, NeedsTranslation, Overview, Reference, TopicStub
CSS User Interface is a CSS module that lets you define the rendering and functionality of features related to the user interface.
133 cursorプロパティで値にURLを指定する CSS, Gecko, リファレンス, 使用方法, 更新が必要
Gecko 1.8 (Firefox 1.5, SeaMonkey 1.0)は、WindowsとLinuxにおいて、CSSのcursorプロパティにおいて、URLの値をサポートしています。MacはGecko 2 (Firefox 4)からサポートされました。この値を利用することで、任意の画像(Geckoで使えるどのような形式の画像でも可)をマウスカーソルとして使用できます。
134 CSS Flexible Box Layout CSS, CSS Flexible Boxes, Overview, Reference
CSS Flexible Box Layout は、ユーザーインターフェースのデザイン及び 1 次元のアイテムのレイアウトに最適化された、CSS のボックスモデルを定義する CSS モジュールです。flex レイアウトモデルでは、flex コンテナの子を任意の方向にレイアウトすることや、使われていない空間を埋めるために伸長したり、あるいは親のオーバーフローを避けるために収縮したりと、そのサイズを「伸縮」することができます。子の水平方向と垂直方向の両方の整列を、容易に操作することが可能です。
135 Advanced layouts with flexbox
フレックスボックスの画期的なところは、アイテム、幅、および/または高さを変更して、どのデバイス上でも使用可能なスペースを最もよく満たす機能です。flexのコンテナは、使用可能な空きスペースを満たすためにアイテムを広げたり、オーバーフローを防ぐために縮小します。
136 CSS flexible box の利用 Advanced, Boxes, CSS, Example, Flexible, Guide, Web
CSS3 Flexible Box (可変ボックス)、または flexbox は、ページレイアウトを様々なスクリーンサイズやディスプレイデバイスに適応しなければならない場合に、ページ上の要素が指定した通りに配置されるレイアウトモードです。
137 Flex アイテムの順序を設定する Accessibility, CSS, Flex, Guide, direction, flexbox, order, reverse
Flexbox やグリッドといった新しいレイアウトメソッドには、コンテンツの順序をコントロールする機能があります。この記事では、Flexbox を使っている場合にコンテンツの見た目上の順序を変更する方法についてみていきます。またアクセシビリティの観点における、アイテム順の変更による影響についても考察します。
138 Flex コンテナにおけるアイテムの位置合わせ Align, CSS, Flex, Guide, align-content, align-items, align-self, alignment, flexbox, justify, justify-content
Web 開発者の間で flexbox に対する関心が急速に高まった理由のひとつに、Web コンテンツで適切な位置合わせができる初めての機能であってことが挙げられます。適切な縦の位置合わせが可能になったことで、ついにボックスの中央寄せを簡単にできるようになりました。このガイドでは flexbox において位置合わせのプロパティや行端揃えのプロパティがどのように働くかを詳しくみていきます。
139 Flexbox と他のレイアウト方法の関係 CSS, Guide, Writing Mode, box alignment, contents, display, flexbox, grid
この記事では Flexbox が他の CSS モジュールとどのように組み合わせられるかを見ていきます。Flexbox について学びたいときに気をつけておくべき仕様を明らかにし、またなぜ flexbox が他のモジュールと異なったものであるかという点についても明確にします。
140 Flexbox の基本コンセプト CSS, Flex, Guide, axes, concepts, container, flexbox
通常 flexbox と呼ばれている Flexible Box Module は一次元のレイアウトモデルとして、またインターフェイス中のアイテム間でスペースの分配をする機能と強力な位置合わせをする機能を提供するものとして設計されました。この記事では flexbox の主な特徴の概要を示します。詳細については、このガイドのほかのページで説明します。
141 Web アプリケーションのレイアウトに flexbox を使用する Advanced, CSS, CSS Flexible Boxes, Example, Guide, Web
flexbox は、デスクトップからモバイルまで対応する Web アプリケーションのレイアウト設計で助けになります。浮動状態の <div> 要素、絶対位置指定、JavaScript による細工をなくして、数行の CSS だけで水平方向または垂直方向のフローレイアウトを構築します。基本的な用途例を挙げます:
142 CSS Images CSS, CSS Images, Overview, Reference
CSS Images is a module of CSS that defines what types of images can be used (the <image> type, containing URLs, gradients and other types of images), how to resize them and how they, and other replaced content, interact with the different layout models.
143 CSSでの画像スプライトの実装
例えば、toolbtnクラスを持つすべてのアイテムに画像が与えられるとします:
144 CSS Text Decoration CSS, CSS Text Decoration, Overview, Reference
CSS Text Decoration は、下線やテキストの影、圏点など、テキスト装飾に関連する機能を定義する CSS のモジュールです。
145 CSS Transforms
CSS Transforms is a module of CSS that defines how elements styled with CSS can be transformed in two-dimensional or three-dimensional space.
146 CSS transforms の利用 CSS, CSS Transforms, CSS3
座標空間を編集することで、CSS の 変換 (transform) は通常のフロー処理を混乱させずに、影響下にあるコンテンツの位置を変えることができます。これは、アフィン / 線形変換を HTML 要素に対して適用する一連の CSS プロパティによって実現されます。変換には回転 (rotation)、傾斜 (skewing)、拡大縮小 (scaling)、平行移動 (translation)が含まれます。
147 CSS Transitions CSS, CSS Transitions, Experimental, Overview, Reference, TopicStub
CSS Transitions は CSS のモジュールの1つで、特定の CSS プロパティの値の間でスムーズな変化を作り出す方法を定義します。 タイミング関数を使って、ただ作り出すだけでなく、その進化を定義することもできます。
148 CSS transition の使用 Advanced, CSS, CSS Reference, CSS3 Transitions, Guide
CSS transitions は、CSS プロパティが変化する際のアニメーションの速度を操作する手段を提供します。プロパティの変更を直ちに有効にするのではなく、プロパティの変更を一定期間にわたって発生させることを可能にします。
149 CSS Writing Modes CSS, CSS Reference, CSS Writing Modes, Overview
CSS Writing Modes は左から右 (ラテン系やインド語系の文章)、右から左 (ヘブライ語やアラビア語の文章)、双方向 (左から右と右から左が混在する場合)、縦書き (一部のアジア言語で使われます) といった世界各国の様々な書字方向を定義する CSS モジュールです。
150 CSS の z-index の理解
通常、HTML ページは二次元であると考えられます。テキストや画像、その他の要素はページ上に、重なりあうことなく並べられるからです。描画処理の流れは一つだけで、どの要素も、どこに他の要素が置かれるのかわかっています。
151 CSS の一般的な質問 CSS, FAQ, Guide, NeedsHelp, Web, questions
この記事には、 CSS に関するいくつかのよくある質問(FAQ)とその解答が見つかり、ウェブ開発者になるための道で役に立つでしょう。
152 CSS の基本データ型 CSS, CSS データ型, CSS 値と単位, Reference, 概要
CSS の基本データ型は、 CSS のプロパティや関数で使用される具体的な値(キーワードや単位を含む)を定義します。これはコンポーネント値型の特殊な種類です。
153 CSS カウンタの利用 CSS, CSS Reference
CSS カウンタは、 CSS 2.1 の自動的なカウンタとナンバリングの実装です。カウンタの値は counter-resetcounter-increment の使用を通じて操作され、 content プロパティの counter() あるいは counters() 関数を使ってページに表示されます。
154 CSS グラデーションの利用 CSS, css3-images
CSS のグラデーションは、CSS3 Image Module で追加された、新しいタイプの <image> です。CSS グラデーションを使うことによって、指定された 2 つまたはそれ以上の色の間をスムーズに変化させて表示することができます。これによって、こういった効果のために画像を使う必要がなくなり、その結果、消費する帯域幅やダウンロードに要する時間を減らすことができます。また、グラデーションはブラウザによって生成されるため、グラデーションを含んだオブジェクトはズーム表示されたときにも綺麗に表示されますし、レイアウトをより柔軟に適応させることができます。
155 CSS グリッドレイアウト CSS, グリッド, グリッドレイアウト, レイアウト
CSS グリッドレイアウトは、ページを大きな領域に分割すること、すなわち HTML のプリミティブから構成されたコントロールの部品間の、寸法、位置、レイヤーに関する関係を定義することに優れています。
156 グリッドレイアウトと他のレイアウト方法との関係
CSS グリッドレイアウトはレイアウトを行うための完全なシステムの一部として、CSSの他の機能と一緒に動作するよう設計されました。このガイドでは、既に使われている他の技術と、どうのようにグリッドが適合するかを説明します。
157 グリッドレイアウトの基本的な概念 CSS, CSS Grids, Guide, Layout
CSS グリッドレイアウト は二次元グリッドシステムを CSS にもたらします。グリッドは、主要なページ領域や小さなユーザーインターフェース要素のレイアウトに利用できます。この記事では、CSS グリッドレイアウトと、CSS Grid Layout Level 1 仕様の一部の用語について紹介します。この記事では、その概要を紹介し、この一連のガイドの残りで詳細を説明します。
158 CSS スクロールスナップ CSS, CSS Scroll Snap Points, CSS スクロールスナップ点, Overview, Reference, 概要
CSS スクロールスナップは、スクロールのスナップ位置を導入する CSS のモジュールです。これは、スクロールの実行が終了した後にコンテナのスクロール領域が停止する位置を明示的に決定します。
159 CSS セレクター CSS, CSS Selectors, Overview, Reference, Selectors, セレクター, 概要
CSS セレクターは CSS のルールのセットを適用する要素を定義します。
160 CSS プロパティリファレンス CSS, Style
下記は最も一般的な CSS プロパティと、それに対応する JavaScript からアクセスできる DOM のメモの基本的なリストです:
161 CSS マスク CSS, CSS Masks, CSS Reference, NeedsBrowserCompatibility, NeedsMobileBrowserCompatibility, Overview
CSS マスク は、マスク、クリップを含め、可視要素の一部または全部のを隠すための方法を定義します。
162 CSS リファレンス CSS, Reference
この CSS リファレンス は、すべての標準 CSS プロパティ、擬似クラス擬似要素データ型@-規則アルファベット順の索引 として利用できます。また、すべての CSS 種類別のセレクター のリストおよび 基本的な CSS コンセプト のリストとしても利用できます。また、簡単な DOM-CSS / CSSOM リファレンス も含まれています。
163 @viewport @-規則, Adaptation, At-rule, CSS, Device, NeedsContent, Reference
CSS@viewport @-規則 は、文書を通して表示するためのビューポートを構成することができます。第一にモバイル機器のために使用されますが、 (Microsoft Edge などの) "snap to edge" のような機能に対応するデスクトップブラウザーでも使用されます。 @-規則は波括弧で囲まれた CSS ブロック内に、一連の入れ子になった記述子を含みます。
164 user-zoom @viewport, CSS, CSS Descriptor, Graphics, Layout, Reference, Web
user-zoom CSS 記述子は、@viewport で定義されたドキュメントの拡大率をユーザーが変更できるかどうかを制御します。
165 zoom CSS, CSS Descriptor, Graphics, Layout, NeedsBrowserCompatibility, NeedsExample, Reference, Web
zoom CSS プロパティは、HTML 文書に定義された @viewport に対する倍率の初期値を設定することができます。
166 Mozilla CSS 拡張仕様 CSS, CSS:Mozilla Extensions, Non-standard, Reference
Firefox などの Mozilla アプリケーションは、いくつもの特別な CSS の Mozilla 拡張仕様 をサポートしています。これには、プロパティや値、疑似要素、疑似クラス、@-規則、メディアクエリーが含まれます。これらの拡張仕様には -moz 接頭辞が付いています。
167 CSS 基本ボックスモデル CSS, CSS Box Model, CSS 基本ボックスモデル, Overview, Reference
CSS 基本ボックスモデルは CSS のモジュールの1つで、要素に対して作成され、パディングやマージンを含む長方形のボックス定義します。視覚整形モデルによって配置されます。
168 CSS 基本ボックスモデルの紹介 CSS, CSS Box Model, CSS 基本ボックスモデル, Guide, Reference
ブラウザーのレンダリングエンジンは文書をレイアウトする際に、それぞれの要素を標準的な CSS ボックスモデルに基づいた長方形のボックスとして表現します。 CSS はこれらのボックスの寸法、位置、プロパティ(色、背景、境界線の太さなど)を決定します。
169 マージンの相殺 CSS, CSS Reference
ブロックの topbottom のマージンは結合される(折り畳まれる (collapsed))ことがあり、結合されるマージンのうち大きなほうのサイズを持った一つのマージンになります。この動作は マージンの相殺 (margin collapsing) として知られています。
170 CSS 段組みレイアウト CSS, CSS 段組みレイアウト, Layout, Overview, Reference, 段組み
CSS 段組みレイアウト標準は CSS のモジュールの一つで、 CSS で段組みレイアウトの対応を追加するものです。このモジュールは、このモジュールを使用すると、段組みのレイアウトを作成するのが、これまで以上に簡単で信頼性が向上し、複雑で壊れやすい構造を手作業でコード化する必要がなくなります。レイアウトする段数の指定、段から段へのコンテンツの流れ方、段間の空白、段区切り線(段間罫)などの対応が含まれています。
171 CSS 段組みレイアウトの使用 Advanced, CSS, CSS 段組みレイアウト, Guide, Web, 段組み
CSS の段組みレイアウト (Multi-column Layout) は、ブロックレイアウトモードを拡張して、文章の段組みを定義しやすくするものです。
172 CSS 背景と境界 CSS, CSS 背景と境界, Overview, Reference
CSS 背景と境界は CSS のモジュールの一つで、要素の背景と境界のスタイルを指定します。背景は色や画像で埋めたり、クリッピングや寸法の変更、その他の加工を行うことが駅ます。境界は線や画像で飾ることができ、四角くしたり角を丸めたりすることができます。加えて、要素のボックスに影をつけることができます。
173 CSS 表示方法 CSS, CSS 表示方法, Overview, Reference
CSS 表示は CSS のモジュールの一つで、 CSS 整形ボックスツリーがどのように文書の要素ツリーから生成されるかを定義し、制御するプロパティを定義します。
174 CSS 関連ドキュメントの索引 CSS, Index
441 ページあります:
175 CSS3 CSS, Reference
CSS3 とは、 Cascading Style Sheets 言語の最新の発展版で、 CSS2.1 の拡張を目指しています。 CSS3 は、丸角やシャドウ、グラデーショントランジションアニメーション、同様に、マルチカラムフレキシブルボックス、グリッドレイアウトのような新しいレイアウトのような多くの待望の新規機能をもたらします。
176 CSSOM View CSS, CSSOM, CSSOM View, Layout, Reference, 概要
CSSOM View は文書の表示方法、特にスクロールの振る舞いを操作できるようにする CSS のモジュールの一つです。
177 CSSの変数を使う CSS, CSS Variables, Guide, Web
CSS 変数は、CSS 作者によって作成され、ドキュメント全体で再利用可能な特定の値を含むエンティティです。それらは、カスタムプロパティ記法(たとえば、--main-color: black;)によって設定し、var() 関数(たとえば、color: var(--main-color);)を使ってアクセスします。
178 ID セレクター CSS, Reference, Selectors, セレクター
HTML 文書において、 CSS の ID セレクター (ID selector) は、 id 属性の値に基づいて要素を選択します。選択された要素の ID 属性は、セレクターで指定された値と正確に一致しなければなりません。
179 Media
No summary!
180 Visual CSS, CSS Reference, NeedsContent
CSS 標準で定義されたメディアグループ
181 Mozilla CSS サポートチャート CSS, CSS Reference
このページでは、Mozilla がサポートしている CSS の セレクタプロパティ@-規則メディアクエリーをアルファベット順で掲載しています。
182 Other Resources CSS
No summary!
183 Tools
CSS offers a number of powerful features that can be tricky to use, or have a number of parameters, so that it's helpful to be able to visualize them while you work on them. このページは、これらの機能を使ったコンテンツを整える CSS の構築を助ける、いくつかの役立つツールのリンクを提供します。
184 align-content CSS, CSS Flexible Boxes, CSS Property, Reference
CSS align-content プロパティは、flex コンテナの cross axis 上に余分なスペースがある場合に、flex コンテナ内のラインの配置法を示します。
185 align-items CSS, CSS Flexible Boxes, CSS Property, NeedsExample, Reference
CSS align-items プロパティは、カレントの flex ラインの flex アイテムを、justify-content と同様の方法で配置します。ただし、こちらは垂直方向の配置を示します。
186 align-self CSS, CSS Flexible Boxes, CSS Property, NeedsExample, Reference
align-self CSS プロパティはカレントの flex ラインの flex アイテムを、align-items の値を上書きして配置します。flex アイテムの cross-axis 側のマージンのいずれかが auto に設定されている場合、 align-self は無視されます。
187 all CSS, CSS Cascade, CSS Property, Reference
all CSSプロパティはすべてのプロパティをリセットします(しかしunicode-bididirectionはのぞきます)。
188 animation CSS, CSS Animations, CSS Property, CSS アニメーション, CSS プロパティ, Reference
CSSanimation プロパティは、様々なアニメーションのプロパティ、 animation-name, animation-duration, animation-timing-function, animation-delay, animation-iteration-count, animation-direction, animation-fill-mode, animation-play-state一括指定プロパティです。
189 animation-delay CSS, CSS Animations, CSS Property, CSS アニメーション, CSS プロパティ, Reference
CSSanimation-delay プロパティは、アニメーションをいつ開始するかを指定します。アニメーションを将来のある時点から、直ちに最初から、または直ちにアニメーション周期の途中から始めることができます。
190 animation-direction CSS, CSS Animations, CSS Property, CSS アニメーション, CSS プロパティ, Reference
CSSanimation-direction プロパティは、アニメーション再生の向きを順方向、逆方向、前後反転のいずれにするかを指定します。
191 animation-duration CSS, CSS Animations, CSS Property, CSS アニメーション, CSS プロパティ, Reference
CSSanimation-duration プロパティは、1回のアニメーション周期が完了するまでの所要時間を指定します。
192 animation-fill-mode CSS, CSS アニメーション, CSS プロパティ, NeedsMobileBrowserCompatibility, Reference
CSSanimation-fill-mode プロパティは、 CSS アニメーションの実行の前後にどう対象にスタイルを適用するかを指定します。
193 animation-iteration-count CSS, CSS Animations, CSS Property, CSS アニメーション, CSS プロパティ, Reference
CSSanimation-iteration-count プロパティは、停止するまでにアニメーション周期が再生される回数を指定します。複数の値が指定された場合、アニメーションが再生されるたびにリスト中の次の値が使用され、最後の1つが使用されたら最初に戻ります。
194 animation-name CSS, CSS Animations, CSS Property, CSS アニメーション, CSS プロパティ, Reference
CSSanimation-name プロパティは、要素に適用される1つまたは複数のアニメーションを指定します。それぞれの名前はアニメーション方法のプロパティ値を定義する @keyframes 規則を示します。
195 animation-play-state CSS, CSS Animations, CSS Property, CSS アニメーション, CSS プロパティ, NeedsMobileBrowserCompatibility, Reference
CSSanimation-play-state プロパティは、アニメーションが実行中か停止中かを示します。 JavaScript から、これを利用してアニメーションが現在実行中かどうかを判断することができます。加えて、 JavaScript から値を設定することで、アニメーションの一時停止や再開を行うことができます。
196 animation-timing-function CSS, CSS Animations, CSS Property, CSS アニメーション, CSS プロパティ, Reference
CSSanimation-timing-function プロパティは、 CSS アニメーションがそれぞれの周期の中でどのように進行するかを指定します。
197 attr CSS, CSS Reference
CSS の attr() 式は選択要素の属性値を取得し、スタイルシートでそれを使うためのものです。擬似要素で使うこともでき、この場合、擬似要素を作る元になった要素の属性値が返されます。
198 aural CSS, CSS Reference
CSS 標準で定義された media グループのひとつです。
199 auto CSS, CSS Reference
ユーザエージェントによって自動的に計算される値です。その具体的な効果は auto が適用されたプロパティ毎にそれぞれ異なります。
200 backface-visibility CSS, CSS Property, Experimental, Reference
CSSbackface-visibility プロパティは要素の裏面がユーザに面したときに、裏面を可視にするかどうかを決めます。要素の裏面は常に透明な背景を持ち、可視ならば表面の鏡像を表示します。
201 background CSS, CSS プロパティ, CSS 背景と境界, Reference, 一括指定プロパティ
CSSbackground プロパティで、色、画像、原点と寸法、反復方法、その他の機能など、背景に関するすべてのスタイルオプションを一度に設定できます。
202 background-attachment CSS, CSS Reference
background-image が指定されている場合、background-attachment CSS プロパティは、画像の位置をビューポートの範囲に固定するか、または画像を含むブロックとともにスクロールするかどうかを決定します。
203 background-blend-mode CSS, CSS Compositing, CSS Property
CSS の background-blend-mode プロパティは、要素の背景画像を互いに、あるいは要素の背景色とどのようにブレンドするかを示します。
204 background-clip CSS, CSS Background, CSS Property, Reference
background-clip プロパティは、要素の背景色と背景画像の描画領域を、「ボーダーの裏側まで拡張する(デフォルト)」、「余白の領域までとする」、「コンテンツエリアのみとする」のいずれかに指定します。
205 background-color CSS, CSS Background, CSS Property, Graphics, Layout, Reference
background-color CSS プロパティは、色の値、あるいは transparent キーワードで要素の背景色を設定する CSS プロパティです。
206 background-image CSS, CSS Background, CSS Property, Reference
CSSbackground-image プロパティは、要素に1つ以上の背景画像を設定します。画像はお互いの上に積み重ねるコンテキストレイヤーに描画されます。最初に指定されたレイヤーが、ユーザーに対し最も手前にあるかのように描画されます。
207 background-origin CSS, CSS Reference
CSS の background-origin プロパティは背景配置領域を決めます。背景配置領域は CSS の background-image プロパティで指定された画像の原点の位置です。
208 background-position CSS, CSS Background, CSS Property, Reference
CSS の background-position プロパティは、設定されたそれぞれの背景画像の初期位置を、 background-origin で定義された背景レイヤーからの相対位置で設定します。
209 background-position-x
background-position-x CSS プロパティは、定義された各背景画像に対して、background-origin によって定義された背景位置レイヤーに対する初期水平位置を設定します。
210 background-repeat CSS, CSS Background, CSS Property, NeedsMobileBrowserCompatibility, Reference
CSSbackground-repeat プロパティは背景画像の繰り返し描画に関する指定を行います。垂直、水平、その両方に対して繰り返しの有無を指定することが可能です。
211 background-size CSS, CSS プロパティ, CSS 背景と境界, Reference
CSSbackground-size プロパティは、要素の背景画像の寸法を指定します。画像は固有の比率を維持したまま、自然な寸法になったり、新しい寸法に引き伸ばされたり、利用可能な領域に収まるように縮小されたりします。
212 block-size CSS, CSS Logical Property, CSS Property, Experimental, Reference
block-size CSS プロパティは、要素ブロックの writing-mode に応じた水平または垂直方向のサイズを定義します。これは、writing-mode に指定された値に依存し、width または height プロパティに相当します。
213 border CSS, CSS プロパティ, CSS 背景と境界, Layout, NeedsMobileBrowserCompatibility, Reference, Web
CSSborder プロパティは、境界線に関する個別のプロパティ値(border-width, border-style, border-color)を単一の宣言で設定する一括指定プロパティです。
214 border-bottom CSS, CSS Reference, CSS プロパティ, CSS 背景と境界
CSS の border-bottom プロパティは、 border-bottom-colorborder-bottom-styleborder-bottom-width の一括指定プロパティです。これらのプロパティは要素の下の境界線(border)を記述します。
215 border-bottom-color CSS, CSS プロパティ, CSS 背景と境界, Reference
CSS の border-bottom-color プロパティは、要素の下辺の境界線の色を設定します。なお、多くの場合は一括指定プロパティである border-color または border-bottom の方がもっと便利で推奨されます。
216 border-bottom-left-radius | -moz-border-radius-bottomleft
CSSプロパティ border-bottom-left-radius は境界の左下隅の丸めを行います。Gecko 2.0 (Firefox 4.0)より前では、-moz-border-radius-bottomleft という名称でした。
217 border-bottom-right-radius | -moz-border-radius-bottomright
CSSプロパティ border-bottom-right-radius は境界の右下隅の丸めを行います。Gecko 2.0 (Firefox 4.0)より前では、-moz-border-radius-bottomright という名称でした。
218 border-bottom-style
border-bottom-style はボックス境界の下の線の形状を設定します。
219 border-bottom-width
border-bottom-width は、ボックスの下辺のボーダー(境界線)の幅を設定する為の CSS プロパティです。
220 border-collapse CSS, CSS Reference
CSS の border-collapse プロパティは、表の 境界線 (border) の形式を選びます。このプロパティは、表のセルの外見やスタイルに大きく影響します。
221 border-color CSS, CSS プロパティ, CSS 境界線, CSS 背景と境界, HTML 色, Reference, Styling HTML, border-color, borders, colors, 一括指定プロパティ, 色
CSSborder-color プロパティは、要素の四辺すべての色を設定する一括指定プロパティです。
222 border-image CSS, CSS プロパティ, CSS 背景と境界, Reference
CSSborder-image プロパティは、要素の border-style の代わりに画像を描画することができます。
223 border-image-outset CSS, CSS Reference, css3-backgrounds
border-image-outset プロパティは、要素のボーダーボックスを超えて、ボーダー画像の領域を広げる量を指定します。
224 border-image-repeat CSS, CSS Borders, CSS Property, Reference
CSS の border-image-repeat プロパティは、画像をボーダーのサイズに合わせるために、ボーダーの中間部分で画像をどのように扱うかを定義します。値を 1 つだけ渡すとその値で四辺すべてのボーダーを設定します。2 つ渡すと、それぞれ横方向のボーダー、縦方向のボーダーを設定します。
225 border-image-slice CSS, CSS プロパティ, CSS 背景と境界, Reference
CSSborder-image-slice プロパティは border-image-source で指定された画像を複数の領域に分割します。これらの画像は要素の境界画像を構成する部品として使用されます。
226 border-image-source CSS, CSS リファレンス, CSS 背景と境界, CSS3
CSSborder-image-source プロパティは、要素の境界画像に使われる元の画像を指定します。
227 border-image-width CSS, CSS Reference, CSS3, css3-background
CSS の border-image-width プロパティは、ボーダーの 4 辺それぞれについて、ボーダー画像のスライスを表示する幅を決めます。幅とは、ボーダー画像領域の上下左右の各辺からの、内向きの距離を表します。
228 border-left CSS, CSS プロパティ, CSS 背景と境界, Reference, 一括指定プロパティ
CSS の border-left プロパティは、 border-left-colorborder-left-styleborder-left-width の一括指定プロパティです。これらのプロパティは要素の左の境界線(border)を記述します。
229 border-left-color CSS, CSS プロパティ, CSS 背景と境界, Reference
CSS の border-left-color プロパティは、要素の左辺の境界線の色を設定します。なお、多くの場合は一括指定プロパティである border-color または border-left の方がもっと便利で推奨されます。
230 border-left-style CSS, CSS Reference
border-left-style はボックス境界の左の線の形状を設定します。
231 border-left-width
border-left-width は、ボックスの左辺のボーダー(境界線)の幅を設定する為の CSS プロパティです。
232 border-radius CSS, CSS Reference, CSS3, css3-background
CSS の border-radius プロパティはボーダーの角を丸める。角の曲線を 1 つか 2 つの半径で定義して、角の形を円か楕円にする。
233 border-right CSS, CSS プロパティ, CSS 背景と境界, Reference
CSS の border-right プロパティは、 border-right-colorborder-right-styleborder-right-width の一括指定プロパティです。これらのプロパティは要素の右の境界線(border)を記述します。
234 border-right-color CSS, CSS プロパティ, CSS 背景と境界, Reference
CSS の border-right-color プロパティは、要素の右辺の境界線の色を設定します。なお、多くの場合は一括指定プロパティである border-color または border-right の方がもっと便利で推奨されます。
235 border-right-style
border-right-style はボックス境界の右の線の形状を設定します。
236 border-right-width
border-right-width は、ボックスの右辺のボーダー(境界線)の幅を設定する為の CSS プロパティです。
237 border-spacing CSS, CSS テーブル, CSS プロパティ, Reference
CSS の border-spacing プロパティは、 <table> における隣り合うセルの枠線同士の間隔を定めます。このプロパティは border-collapseseparate のときのみ適用されます。
238 border-style CSS, CSS プロパティ, CSS 背景と境界, Reference, 一括指定プロパティ
CSSborder-style プロパティは、要素の境界線の4辺すべての線のスタイルを設定するための一括指定プロパティです。
239 border-top CSS, CSS プロパティ, CSS 背景と境界, Reference
CSS の border-top プロパティは、 border-top-colorborder-top-styleborder-top-width の一括指定プロパティです。これらのプロパティは要素の上の境界線(border)を記述します。
240 border-top-color CSS, CSS プロパティ, CSS 背景と境界, Reference
CSS の border-top-color プロパティは、要素の上の border の色を設定します。なお、多くの場合は一括指定プロパティである border-color 又は border-top の方がもっと便利で推奨されます。
241 border-top-left-radius CSS, CSS Reference, CSS:Mozilla Extensions, NeedsNewCompatTable
border-top-left-radius CSS プロパティは、要素の左上隅の丸め処理を設定します。丸めは、円または楕円とする事が可能です。 値を 0 とした場合の丸めは行われず、コーナーは正方形となります。
242 border-top-right-radius CSS, CSS Reference, CSS:Mozilla Extensions
CSSプロパティ border-top-right-radius は境界の右上隅の丸めを行います。Gecko 2.0 (Firefox 4.0)より前では、-moz-border-radius-topright という名称でした。
243 border-top-style CSS, CSS Reference
border-top-style はボックス境界の上の線の形状を設定します。
244 border-top-width CSS, CSS Reference
border-top-width は、ボックスの上辺のボーダー(境界線)の幅を設定する為の CSS プロパティです。
245 border-width CSS, CSS Reference
CSSborder-width プロパティは、要素の境界線の4辺すべての線の幅を設定するための一括指定プロパティです。
246 bottom CSS, CSS Reference
CSSbottom プロパティは 位置指定された要素 (positioned elements) の位置の指定に関わります。
247 box-decoration-break CSS, CSS Fragmentation, CSS Property, Experimental, Reference
The box-decoration-break CSS property specifies how the background, padding, border, border-image, box-shadow, margin and clip of an element is applied when the box for the element is fragmented.  Fragmentation occurs when an inline box wraps onto multiple lines, or when a block spans more than one column inside a column layout container, or spans a page break when printed.  Each piece of the rendering for the element is called a fragment.
248 box-shadow CSS, CSS Reference, CSS3, css3-background
box-shadow プロパティは要素にドロップシャドウ効果を与えます。影はカンマで区切ることで、複数指定できます。border-radius が指定されたボックスに適用された場合、影もその丸みを反映します。複数の影が指定された場合、その重ね順は text-shadow と同様、最初に指定されたものが最も手前に描画されます。
249 box-sizing CSS, CSS Property, CSS プロパティ, CSS 基本ユーザーインターフェイス, Reference
CSSbox-sizing プロパティは、ユーザーエージェントが要素の幅と高さをどのように計算するのかを定義します。
250 calc() CSS, CSS 値と単位, CSS 関数, Layout, Reference, Web
CSScalc() 関数は、 CSS のプロパティ値を指定する際に計算を行うことができるものです。 <length><frequency><angle><time><number><color><integer> が利用できる場所ならば使用できます。
251 caption-side CSS, CSS Property, CSS Tables, Reference
caption-side は、表 (<table>) の <caption> の配置位置を指定する CSS プロパティです。
252 caret-color CSS, CSS Property, CSS UI, Reference
caret-color CSS プロパティは、ユーザーがテキストやその他のコンテンツを挿入する要素の挿入箇所の可視インジケータであるキャレットの色を定義します。
253 clear CSS, CSS Positioning, CSS Property, Reference
CSSclear プロパティは、要素が、先行する 浮動 要素の隣にまわりこむか、それとも、その下に下げられる (関係が解消 (clear) される) 必要があるのかを指定します。clear プロパティは、浮動要素と非浮動要素のどちらにも用いられます。
254 clip CSS, CSS Reference
CSS の clip プロパティは、要素のどの部分が可視であるかを定義します。clip プロパティは position:absoluteposition:relative を持った要素にだけ適用されます。
255 clip-path
clip-path CSS プロパティは要素のどの部分を表示するかを定義するクリッピング領域を作ります。クリッピング領域の内側が表示され、外側は隠されます。クリッピング領域はインラインや外部 SVG を参照する URL、または circle() のようなシェイプとして指定されたパスです。
256 color CSS, CSS Property, Layout, Reference, Web
color プロパティは要素のテキストコンテンツやその 装飾 の前景 を設定します。
257 column-count CSS, CSS Property, CSS プロパティ, CSS 段組みレイアウト, Reference, 段組み
CSScolumn-count プロパティは、指定された段数で要素のコンテンツを分割します。
258 column-fill CSS, CSS Property, CSS プロパティ, CSS 段組みレイアウト, Reference, 段組み
CSScolumn-fill プロパティは、段組みレイアウトで要素のコンテンツが複数の段に分割されるとき、どのようにバランスを取るのかを制御します。
259 column-gap CSS, CSS Property, CSS プロパティ, CSS 段組みレイアウト, Reference, 段組み
CSScolumn-gap プロパティは、要素の段間における余白(空間)の寸法を設定します。
260 column-rule CSS, CSS Property, CSS プロパティ, CSS 段組みレイアウト, Reference, 一括指定プロパティ, 段組み
CSScolumn-rule プロパティは、段組みレイアウトで段間に引かれる線(段間罫)の幅、スタイル、色を設定します。
261 column-rule-color CSS, CSS Property, CSS 段組みレイアウト, HTML Colors, Reference, 段組み
CSScolumn-rule-color プロパティは、段組みレイアウトで段間に引かれる線(段間罫)の色を設定します。
262 column-rule-style CSS, CSS Property, CSS プロパティ, CSS 段組みレイアウト, Reference, 段組み
CSScolumn-rule-style プロパティは、段組みレイアウトで段間に引かれる線(段間罫)のスタイルを設定します。
263 column-rule-width CSS, CSS Property, CSS プロパティ, CSS 段組みレイアウト, Reference, 段組み
CSScolumn-rule-width プロパティは、段組みレイアウトで段間に惹かれる線(段間罫)の太さを設定します。
264 column-span CSS, CSS Property, CSS プロパティ, CSS 段組みレイアウト, Reference, 段組み
CSScolumn-span プロパティは、値に all を設定した場合、段組みレイアウトですべての段に要素をまたがらせることができます。
265 column-width CSS, CSS Property, CSS プロパティ, CSS 段組みレイアウト, Reference, 段組み
CSScolumn-width プロパティは、段組みレイアウトで最小の段の幅を指定します。段数はどの段の幅も column-width の値を下回らないようにした場合の段の最大数になります。実際の段の幅は、コンテナーの幅が狭い場合は column-width の幅より狭くなることがあります。
266 columns CSS, CSS Property, CSS 段組みレイアウト, Reference, 一括指定プロパティ, 段組み
CSScolumns プロパティは、段組みされた要素の段の幅や段数を設定します。
267 content CSS, CSS Reference
content プロパティは、::before 疑似要素及び ::after 疑似要素をその対象とし、これらの内容を生成する CSS プロパティです。content プロパティを使って挿入されたオブジェクトは匿名の置換要素です。
268 counter-increment CSS, CSS Reference
counter-increment は、与えられた値によって、 CSS のカウンタの値を増加させるための CSS プロパティです。カウンタの値は CSS の counter-reset プロパティを使って初期化することができます。
269 counter-reset CSS, CSS Reference
counter-reset は、 CSS のカウンタを、与えられた値に初期化するために用いる CSS プロパティです。
270 cursor CSS, CSS Reference
CSS の cursor プロパティは、マウスポインターが対象となる要素上に有る時のマウスカーソルを定義します。
271 direction CSS, CSS Reference
CSS の direction プロパティは文章の記述方向にあわせて設定されるべきです。ヘブライ語やアラビア語のテキストでは rtl を、それ以外では ltr を使います。通常、この設定は CSS から直接行うのではなく、文書の一部として HTML の dir 属性を使うなどして行うほうがよいでしょう。
272 display CSS, CSS Reference, Reference
display CSS プロパティは要素のレンダリングに使用されるボックスの種類を指定します。HTML では、display プロパティのデフォルト値は、HTML 仕様に記述されたふるまいか、ブラウザー/ユーザーのデフォルトのスタイルシートに記述されたふるまいから採られます。SVG 要素を含む、XML でのデフォルト値は inline です。
273 element CSS, CSS Reference, CSS4-images
CSSelement() 関数は任意の HTML 要素から生成された <image> 値を定義します。この画像は動的で、HTML 要素が変更されると、この関数の結果を使う CSS プロパティが自動的に更新されます。
274 empty-cells CSS, CSS Reference, NeedsMobileBrowserCompatibility
CSS の empty-cells プロパティは、目に見える内容を持たないセルの、周囲のボーダーと背景をユーザエージェントがどのように描画するか指定します。
275 flex CSS, CSS Flexible Boxes, CSS Property, CSS フレキシブルボックス, Reference
CSSflex プロパティは、フレックス項目をフレックスコンテナーの領域に収めるために、どのように伸長・収縮させるかを指定します。これは flex-grow, flex-shrink, flex-basis を設定する一括指定プロパティです。
276 flex-basis CSS, CSS Flexible Boxes, CSS Property, NeedsLiveSample, NeedsMobileBrowserCompatibility, Reference
flex-basis CSS プロパティは、flex アイテムの初期 main size である flex basis を指定します。box-sizing を使用して別に指定されていない限り、このプロパティが content-box の寸法を定義します。
277 flex-direction CSS, CSS Flexible Boxes, CSS Property, NeedsLiveSample, Reference
flex-direction CSS プロパティは、main axis や方向 (normal または reversed) を定義することにより、flex コンテナ内で flex アイテムをどのように配置するかを指定します。
278 flex-flow CSS, CSS フレキシブルボックス, CSS プロパティ, Reference, 一括指定プロパティ
flex-flow CSS プロパティは、 flex-direction 及び flex-wrap の個別のプロパティの一括指定プロパティです。
279 flex-grow CSS, CSS Flexible Boxes, CSS Property, NeedsContent, NeedsLiveSample, Reference
flex-grow CSS プロパティは、flex アイテムの flex grow factor を指定します。これは、アイテムが flex コンテナ内のスペースをどれだけ占有するかを指定します。
280 flex-shrink CSS, CSS Flexible Boxes, CSS Property, NeedsContent, NeedsLiveSample, Reference
flex-shrink CSS プロパティは、flex アイテムの flex shrink factor を指定します。
281 flex-wrap CSS, CSS Flexible Boxes, CSS Property, NeedsLiveSample, Reference
CSS flex-wrap プロパティは、flex アイテムを単一ラインに押し込むか、あるいは複数ラインに折り返してもよいかを指定します。折り返しを許可する場合は、ラインを積み重ねる方向の制御も可能です。
282 float CSS, CSS Positioning, CSS Property, Reference
CSS の float プロパティは、要素を包含ブロックの左右どちらかの側に沿うように設置し、テキストやインライン要素がその周りを回りこめるように定義します。要素はウェブページの通常のフローから外れますが、(絶対位置指定 とは対照的に) フローの一部であり続けます。
283 font CSS, CSS フォント, CSS プロパティ, Reference, 一括指定プロパティ
CSS の font プロパティは、 font-style, font-variant, font-weight, font-size, line-height, and font-family の一括指定プロパティです。また、特定のキーワードを用いることで、要素のフォントにシステムフォントを指定することもできます。
284 font-family CSS, CSS Fonts, CSS Property, Reference
CSS の font-family プロパティを使うと、選択した要素に対して、フォントファミリー名と総称ファミリー名の両方、もしくはどちらか一方の優先順位リストを指定することができます。他のほとんどの CSS プロパティと異なり、各値が選択肢であることを示すには、それぞれをコンマで区切ります。ブラウザが選択するのは、コンピュータにインストール済み、もしくは @font-face @ 規則によって与えられる情報を使ってダウンロード可能な、リストの中で最上位のフォントです。
285 font-feature-settings CSS, CSS Fonts, CSS Property, Reference
font-feature-settings CSS プロパティは OpenType フォントの先進的なタイポグラフィの機能を制御します。
286 font-kerning CSS, CSS Property, Fonts, Property, Reference
font-kerning CSS プロパティはフォントに存在するカーニング情報の使用方法をコントロールします。
287 font-language-override CSS, CSS Fonts, CSS Property, Reference
CSS の font-language-override プロパティは、タイプフェイスの言語固有グリフの使用方法を制御します。
288 font-size CSS, CSS Fonts, CSS Property, Reference
CSSfont-size プロパティはフォントのサイズを定義します。このフォントサイズは emex<length> 単位の値の計算に使われるので、他の項目のサイズも変更する可能性があります。
289 font-size-adjust CSS, CSS Fonts, CSS Property, NeedsMobileBrowserCompatibility, Reference
font-size-adjust CSS プロパティは、大文字の高さではなく小文字の高さに基いたフォントサイズの選択を指定します。これが便利なのは、特に小さなサイズのフォントの読みやすさは、大文字の高さではなく小文字の高さで決まるからです。
290 font-stretch CSS, CSS Fonts, CSS Property, Reference
font-stretch CSS プロパティは、フォントのフェイス normal、condensed、expanded を選択します。
291 font-style CSS, CSS Fonts, CSS Property, Reference, Web, font
CSS の font-style プロパティで、font-familyitalic または oblique フェイスを選択できます。italic 書体は通常、本質的に筆記体であり、スタイル付けされていない書体より水平方向の幅が小さいことが一般的です。一方 oblique 書体はたいてい、通常の書体を傾けただけです。italic と oblique のいずれも、通常のフェイスのグリフを人工的に傾けることによってシミュレートされます (この制御については font-synthesis をご覧ください)。
292 font-synthesis CSS, CSS Fonts, CSS Property, Reference
CSS の font-synthesis プロパティは、ボールドまたはイタリックのタイプフェイスが存在しない場合に、ブラウザが合成してよいかを制御します。
293 font-variant CSS, CSS Fonts, CSS Property, CSS フォント, Reference
CSS の font-variant プロパティは、個別指定プロパティである font-variant-caps, font-variant-numeric, font-variant-alternates, font-variant-ligatures, font-variant-east-asian の一括指定プロパティです。 CSS Level 2 (Revision 1) における font-variant の値(つまり、 normalsmall-caps)は、一括指定の font を用いても設定できます。
294 font-weight CSS, CSS Fonts, CSS Property, Reference
font-weight は、フォントのウェイト(あるいは太さ) を指定するための CSS プロパティです。実際に表示されるフォントのウェイトは使用している font-family による場合があります。normal および bold のみ使用できるフォントもあります。
295 grid-template
grid-template CSS プロパティは grid columns と rowsareas を定義するための 簡略表記 です。
296 height CSS, CSS Property, CSS プロパティ, CSS 基本ボックスモデル, Reference
CSS の height プロパティは、要素の高さを指定します。既定では、このプロパティはコンテンツ領域の高さを定義します。しかし、 box-sizingborder-box に設定されていた場合は、 境界線エリアの高さを定義します。
297 hyphens CSS, CSS Property, CSS プロパティ, CSS 文字列, Reference
CSShyphens プロパティは、文字列を複数行にわたって折り返す際に、単語のハイフネーションを行う方法を指定します。ハイフネーションをまったく行わなかったり、文字列中に手動で指定された位置でハイフネーションを行ったり、ブラウザーに適切な位置にハイフンを挿入させたりすることができます。
298 image-orientation CSS, CSS Image, CSS Property, Reference
CSSimage-orientation プロパティは、デフォルトの画像の向きをどのように補正するかを指定します。
299 image-rendering CSS, CSS Image, CSS Property, Experimental, Reference, SVG
image-rendering CSS プロパティは、拡大/縮小された画像の描画に使用されるアルゴリズムについてのヒントをブラウザに与えます。これは、拡大/縮小された画像 (およびその他の要素、下記参照) に対して適用されます。拡大/縮小されていない画像には効果がありません。
300 ime-mode CSS, CSS Reference
ime-mode プロパティは、テキストフィールドで Input Method Editor (以下 IME) をコントロールします。仕様によれば:
301 inherit CSS, CSS Reference, NeedsCompatTable, NeedsMobileBrowserCompatibility
inherit キーワードは全ての CSS プロパティに対し指定可能な値です。親要素の 計算値を継承します。
302 inheritance
MDN の CSS リファレンスの CSS プロパティ の各ページの「概要」の章には、プロパティがデフォルトで継承されるかされないかが明記されています。これは、要素の CSS プロパティに値が設定されていない場合の継承の挙動を表すものです。
303 initial CSS, CSS Reference
CSS の initial キーワードは、要素のプロパティの初期値を適用するものです。CSS のどのプロパティにも使うことができ、要素はそのプロパティの初期値を使います。
304 inline-size CSS, CSS Logical Property, CSS Property, Experimental, Reference
inline-size CSS プロパティは、要素ブロックの writing-mode に応じた水平または垂直方向のサイズを定義します。これは、writing-mode に指定された値に依存し、width または height プロパティに相当します。
305 isolation CSS, CSS Property, Compositing and Blending
isolation CSS プロパティは、要素が新しい stacking context を生成すべきかどうかを定義します。
306 justify-content CSS, CSS Box Alignment, CSS Property, Reference
CSSjustify-content プロパティは、コンテナーの main axis に沿ってスペースをコンテンツアイテムの間や周囲へどのように分配するかを定義します。
307 left CSS, CSS Reference
CSS の left プロパティは、位置指定された要素の位置を定義します。
308 letter-spacing CSS, CSS Property, CSS Text, CSS プロパティ, CSS 文字列, NeedsMobileBrowserCompatibility, SVG
CSSletter-spacing プロパティは、テキストの字間のスペースに関する挙動を指定します。
309 line-height CSS, CSS Property, Reference
CSS の line-height プロパティは、ブロックレベル要素に含まれるラインボックスの、最小の高さを定義します。
310 linear-gradient CSS, CSS Reference, CSS 画像, CSS 関数, Reference, Web
CSS の linear-gradient() 関数は、2つまたはそれ以上の色の間で、連続的な直線の変化から構成される画像を作成します。結果は <gradient> データ型のオブジェクトであり、これは <image> の特殊形です。
311 list-style CSS, CSS Lists, CSS Property, CSS プロパティ, CSS リスト, Reference
CSS の list-style プロパティは、リストをどのように表示するかを定義する list-style-typelist-style-imagelist-style-position のそれぞれの値を設定する一括指定プロパティです。
312 list-style-image CSS, CSS Lists, CSS Property, CSS Reference
list-style-image プロパティは、リスト項目のマーカーとして使われる画像を設定します。なお、簡略化プロパティ list-style を使うほうが便利なことが多いです。
313 list-style-position CSS, CSS Reference
list-style-position プロパティは、主要ブロックボックス内のマーカーボックスの位置を指定します。
314 list-style-type CSS, CSS List, CSS Property, NeedsMobileBrowserCompatibility, Reference
list-style-type は li 要素の外観を設定する CSS プロパティです。
315 margin CSS, CSS Property, CSS プロパティ, CSS 基本ボックスモデル, Reference
CSSmargin プロパティは、要素の全四辺のマージン領域を設定します。これはすべての個別のマージン(margin-topmargin-rightmargin-bottommargin-left)を一度に設定する一括指定プロパティです。
316 margin-bottom CSS, CSS Property, CSS プロパティ, CSS 基本ボックスモデル, Reference
CSSmargin-bottom プロパティは、要素の下側のマージン領域を設定します。正の数を指定すると、隣との間が遠くなるように配置され、負の数を指定すると、近くなるように配置されます。
317 margin-left CSS, CSS Property, CSS 基本ボックスモデル, Layout, Reference
CSSmargin-left プロパティは、要素の左側のマージン領域を設定します。正の数を指定すると、隣との間が遠くなるように配置され、負の数を指定すると、近くなるように配置されます。
318 margin-right CSS, CSS Property, CSS プロパティ, CSS 基本ボックスモデル, Reference
CSSmargin-right プロパティは、要素の右側のマージン領域を設定します。正の数を指定すると、隣との間が遠くなるように配置され、負の数を指定すると、近くなるように配置されます。
319 margin-top CSS, CSS Property, CSS プロパティ, CSS 基本ボックスモデル, Reference
CSSmargin-top プロパティは、要素の上側のマージン領域を設定します。正の数を指定すると、隣との間が遠くなるように配置され、負の数を指定すると、近くなるように配置されます。
320 max-height CSS, CSS Property, NeedsMobileBrowserCompatibility, Reference
CSS の max-height プロパティは要素の最大の高さを設定するのに使われます。height プロパティの使用値は、max-height に設定した値よりも大きくなりません。
321 max-width CSS, CSS Property, MakeBrowserAgnostic, NeedsMobileBrowserCompatibility, Reference
max-width は要素に与えられる幅の上限を指定する為に用いる CSS プロパティです。このプロパティは、 width プロパティの値が max-width で指定された値より大きくなることを防ぎます。
322 min-height CSS, CSS Property, NeedsMobileBrowserCompatibility, Reference
CSS の min-height プロパティは要素の最小の高さを設定するのに使われます。height プロパティの使用値は、min-height に指定した値よりも小さくなりません。
323 min-width CSS, CSS Property, Reference
min-width プロパティは、要素の最小幅を指定する CSS プロパティです。width プロパティの使用値が、min-width で指定した値を下回らないようにします。
324 minmax()
minmax() CSS 関数は最小値と最大値でトラックの幅を定義できます。これは CSS Grids で使用されます。
325 mix-blend-mode CSS, CSS Compositing, CSS Property
CSS の mix-blend-mode プロパティは要素の内容物と、下にある要素の内容物や要素の背景色ををどのようにブレンドするかを示します。
326 none CSS, CSS Reference
none キーワードは、多くの CSS プロパティで使用される共通の値です。デフォルト値であることが多いですが、そのプロパティの「標準値」を意味し、多くの場合は初期値となります。よく似た値として normal が有ります。
327 normal CSS Reference
normal は幾つかの CSS プロパティで使用される一般的な値です。そのプロパティの「標準値」を意味し、多くの場合は初期値となります。よく似た値として none が有ります。
328 object-fit CSS, CSS Image, CSS Property, Reference, polyfill
CSS の object-fit プロパティは、置換要素の内容物を、自身が使用する高さおよび幅によって形作られるボックスへどのようにはめ込むかを指定します。
329 object-position CSS, CSS Image, CSS Property, Reference
object-position プロパティは、ボックス内における置換要素の配置を指定します。
330 opacity CSS, CSS Property, CSS3, Experimental, Reference, css3-color
CSS の opacity プロパティは要素の不透明度を定義します。不透明度とは、要素の裏にある背景が覆われる程度を表します。
331 order CSS, CSS Flexible Boxes, CSS Property, NeedsLiveSample, Reference
CSS order プロパティは、flex コンテナ内で flex アイテムをレイアウトに使用する順序を指定します。要素は、order の値の昇順に配置されます。order の値が同じ要素は、ソースコード内で現れる順に配置されます。
332 orphans CSS, CSS3
CSSorphans プロパティは、印刷時にページの終わりに残すブロックコンテナの最小行数を指定します。このプロパティは通常、改ページのタイミング操作に使われます。
333 outline CSS, CSS プロパティ, CSS 基本ユーザーインターフェイス, CSS 輪郭線, Layout, Reference
CSSoutline プロパティは、様々な輪郭線 (outline) に関するプロパティ(outline-style, outline-width, outline-color)を単一の宣言で設定する一括指定プロパティです。
334 outline-color CSS, CSS プロパティ, CSS 基本ユーザーインターフェイス, CSS 輪郭線, Reference
CSS の outline-color プロパティは、要素の輪郭線の色を設定します。
335 outline-offset CSS, CSS Reference, CSS3
CSS の outline-offset プロパティは、要素の outline と、要素のボーダー境界の間隔を設定します。アウトラインとは、要素を囲むようにボーダー境界の外側に描かれる線で、要素を目立たせます。
336 outline-style CSS, CSS Reference
CSS の outline-style プロパティは、要素のアウトラインのスタイルを設定します。アウトラインとは、要素を囲むようにボーダー境界の外側に描かれる線で、要素を目立たせます。
337 outline-width CSS, CSS Reference
CSS の outline-width プロパティは、要素のアウトラインの幅を設定します。アウトラインとは、要素を囲むように、ボーダー境界の外側に描かれる線で、要素を目立たせます。
338 overflow CSS, CSS Reference
CSS の overflow プロパティは、要素のボックスからはみ出たコンテンツを、そのまま表示するのか、クリップするのか、スクロールバーをつけて表示するのかを指定します。
339 overflow-wrap CSS, CSS Property, CSS Reference
overflow-wrap プロパティは、単語の途中での改行を行わなければ文字列が長すぎて包含ボックス内におさまらないときに、ブラウザーがオーバーフローしないように改行を行うかどうかを決めます。
340 overflow-x CSS, CSS Reference
CSSoverflow-x プロパティは、ブロックレベル要素のコンテンツが左右いずれかの境界からはみ出したときに、はみ出したコンテンツをそのまま表示するのか、クリップするのか、スクロールバーをつけて表示するのかを指定します。
341 overflow-y CSS, CSS Reference
CSSoverflow-y プロパティは、ブロックレベル要素のコンテンツが top または bottom 境界からはみ出したときに、はみ出したコンテンツをそのまま表示するのか、クリップするのか、スクロールバーをつけて表示するのかを指定します。
342 padding CSS, CSS Padding, CSS Property, CSS パディング, CSS プロパティ, CSS 基本ボックスモデル, CSS 遷移, NeesMobileBrowserCompatibility, Reference
CSSpadding プロパティは、要素の全四辺のパディング領域を設定します。これはすべての個別のパディング(padding-top, padding-right, padding-bottom, padding-left)を一度に設定する一括指定プロパティです。
343 padding-bottom CSS, CSS Padding, CSS Property, CSS パディング, CSS プロパティ, CSS 基本ボックスモデル, Reference
CSSpadding-bottom プロパティは、要素のパディング領域における下部の高さを設定します。マージンとは異なり、パディングには負の値を指定することはできません。一括指定プロパティの padding では、一度の宣言で要素の四辺のパディングを設定できます。
344 padding-left CSS, CSS Padding, CSS Property, CSS パディング, CSS プロパティ, CSS 基本ボックスモデル, Reference
CSSpadding-left プロパティは、要素のパディング領域における左部の高さを設定します。マージンとは異なり、パディングには負の値を指定することはできません。一括指定プロパティの padding では、一度の宣言で要素の四辺のパディングを設定できます。
345 padding-right CSS, CSS Padding, CSS Property, CSS パディング, CSS プロパティ, CSS 基本ボックスモデル, Reference
CSSpadding-right プロパティは、要素のパディング領域における右部の高さを設定します。マージンとは異なり、パディングには負の値を指定することはできません。一括指定プロパティの padding では、一度の宣言で要素の四辺のパディングを設定できます。
346 padding-top CSS, CSS Padding, CSS Property, CSS パディング, CSS プロパティ, CSS 基本ボックスモデル, Reference
CSSpadding-top プロパティは、要素のパディング領域における上部の高さを設定します。
347 page-break-after CSS, CSS Property, Page Breaks, Reference
page-break-after CSS プロパティは、現在の要素の後で 改ページが行われるように調整します。
348 page-break-before CSS, CSS Property, Page Breaks, Reference
page-break-before CSS プロパティは、現在の要素の前で 改ページが行われるように調整します。
349 page-break-inside CSS, CSS Property, Page Breaks, Reference
page-break-inside CSS プロパティは、現在の要素の内側で 改ページが行われるように調整します。
350 perspective CSS, CSS Property, CSS Transforms, Experimental, Reference
perspective CSS プロパティは、3D 配置された要素に遠近感を与えるため、z=0 平面とユーザ間の距離を決めます。z>0 である 3D 要素はより大きく、z<0 である 3D 要素はより小さくなります。効果の強度はこのプロパティの値から決められます。
351 perspective-origin CSS, CSS Property, CSS Transforms, Experimental, Reference
CSSperspective-origin プロパティは、ユーザの見ている位置を決めます。これは perspective プロパティによって消失点として使われます。
352 pointer-events CSS, CSS Property, NeedsExample, NeedsMobileBrowserCompatibility, Reference, SVG
pointer-events CSS プロパティは、特定のグラフィック要素がマウスイベントの target になる可能性のある環境 (存在する場合) を指定します。
353 position CSS, CSS Property, Positioning, Property, Reference
CSSposition プロパティは、要素の位置を決めるための別の規則を選びます。このプロパティは、スクリプトによるアニメーション効果に便利なように設計されています。
354 quotes CSS, CSS Property, Layout, Reference, Web
quotes CSS プロパティは、ユーザーエージェントが引用符をどのように表示するかを指示します。
355 radial-gradient CSS, CSS Function, CSS Image, Graphics, Layout, Reference, Référence(2), Web
CSS の radial-gradient() 関数は、原点であるグラデーションの中心から放射状に延びる、カラーのグラデーションを表現する <image> を作ります。この関数の結果は CSS の <gradient> データ型のオブジェクトです。
356 repeat()
repeat() CSS 関数はトラックリスト内での繰り返し部分を表し、列や行の繰り返しをよりコンパクトに書くことができます。
357 repeating-linear-gradient CSS, CSS Reference, NeedsNewMobileCompat, css3-images
CSS の repeating-linear-gradient 関数は、グラデーションの繰り返しによる <image> を作ります。linear-gradient に書かれているような基本的な線形グラデーションと似た動作をし、同じ引数をとりますが、最初と最後のカラーストップ間の距離の倍数分だけカラーストップを移動させながら、自動的にカラーストップを両方向に無限に繰り返します。
358 repeating-radial-gradient CSS, CSS Reference, css3-images
CSS の repeating-radial-gradient()radial-gradient() に記された標準的な放射状グラデーションに似ていますが、与えられたカラーストップを(最後のカラーストップと最初のカラーストップの距離の倍数分ずつ両方向に移動させて)自動的に繰り返します。
359 resize CSS, CSS Reference, CSS3
CSS の resize プロパティは、要素のリサイズの制御ができます。
360 right CSS, CSS Reference
CSSright プロパティは、位置指定された要素の位置の一部を定義します。
361 ruby-align CSS, CSS Reference, CSS Ruby, Property, Reference
CSS の ruby-align プロパティは、ベースに対するさまざまなルビの配分を定義します。
362 ruby-position CSS, CSS Ruby, Property, Reference
CSS の ruby-position プロパティは、ベース要素に対するルビ要素の位置を定義します。要素の上方 (over)、下方 (under)、文字の間の右側 (inter-character) に配置できます。
363 scroll-behavior CSS, CSS Property, CSSOM View, Reference
ユーザーが実行したスクロールなど、その他のスクロールはこのプロパティの影響を受けないことに注意してください。このプロパティがルート要素に指定された場合は、代わりにビューポートに適用されます。
364 scroll-snap-type CSS, CSS Property, CSS Scroll Snap Points, CSS スクロールスナップ点, Experimental, Reference, 実験的
CSSscroll-snap-type プロパティは、スクロールコンテナ上でスナップ点が存在する場合に、どの程度徹底して押しやるかを定義します。
365 tab-size CSS, CSS Property, Experimental, Reference
CSS の tab-size プロパティは、タブ文字 (U+0009) の表示幅の指定に用います。
366 table-layout CSS, CSS Property, CSS Tables, Layout, NeedsMobileBrowserCompatibility, Reference, Référence(2), Web
table-layout は 表のセル、行、列のレイアウトアルゴリズムを定義する CSS プロパティです。
367 text-align CSS, CSS Property, CSS Text, Reference
text-align CSS プロパティは、テキストのようなインラインコンテンツが、その親ブロックの中でどのように文字寄せされるのかを定義します。text-align が制御するのはそのインラインコンテンツだけで、ブロック要素の配置は制御しません。
368 text-align-last CSS, CSS Property, Experimental, Reference
CSS の text-align-last プロパティは、ブロックの最後の行、あるいは強制的な改行の直前の行をどのように配置するかを示します。
369 text-combine-upright CSS, CSS Property, CSS Writing Modes, Experimental, Reference
text-combine-upright CSS プロパティは、一文字分の空間に挿入する複数文字の組み合わせを指定します。組み合わせたテキストが 1em 幅より広い場合、ユーザエージェントはコンテンツを 1em 幅に収めなければなりません。構成後の表示は、グリフ一文字の高さにレイアウトおよび修飾されます。このプロパティは、縦書きモードでのみ効果があります。
370 text-decoration CSS, CSS Property, CSS Text Decoration, CSS プロパティ, CSS 文字列装飾, NeedsMobileBrowserCompatibility, Reference
CSStext-decoration プロパティは、文字列に使用される装飾的な線の表示を指定します。これは1つまたは複数の独立した text-decoration の値 (text-decoration-line, text-decoration-color, text-decoration-style) を一括指定します。
371 text-decoration-color CSS, CSS Property, CSS Text, Reference
text-decoration-color CSS プロパティは、text-decoration-line で指定される下線、上線、打ち消し線に使う色を設定します。
372 text-decoration-line CSS, CSS Property, CSS Text, Reference
text-decoration-line CSS プロパティは、要素に対してどのような種類の線による装飾を追加するかを設定します。
373 text-decoration-style CSS, CSS Property, CSS Text, Layout, Reference
text-decoration-style CSS プロパティは、text-decoration-line プロパティで指定された線のスタイルを定義します。このスタイルはすべての線に適用され、text-decoration-line で定義された線ごとに異なるスタイルを定義する方法はありません。
374 text-emphasis CSS, CSS プロパティ, CSS 文字列装飾, Reference, 一括指定プロパティ
text-emphasis CSSプロパティは、一つの宣言で text-emphasis-styletext-emphasis-color を設定する一括指定プロパティです。このプロパティは、スペースや制御文字のようなセパレーター文字を除く、要素のテキストの各文字に指定された圏点を適用します。
375 text-emphasis-color CSS, CSS スタイル, CSS プロパティ, CSS 文字列装飾, HTML 色, Reference, 文字列強調
CSStext-emphasis-color プロパティは、 HTML 文書中に表示される文字列の上の圏点を描く色を定義します。この値は一括指定の text-emphasis を使用して設定や解除を行うこともできます。
376 text-emphasis-position
text-emphasis-position CSSプロパティは、圏点が描かれる場所を記述します。圏点の効果は、ルビテキストに対するものと同じです。十分な空間がない場合、行の高さは増やされます。
377 text-emphasis-style CSS, CSS プロパティ, CSS 文字列装飾, Reference
CSStext-emphasis-style プロパティは、使用される圏点の種類を定義します。一括指定の text-emphasis を使用して、設定したり解除したりすることもできます。
378 text-indent CSS, CSS Property, CSS Text, Layout, Reference
text-indent プロパティは、要素のテキストコンテンツの先頭行の初めにどのぐらいの水平スペースを挿入するかを指定します。
379 text-orientation CSS, CSS Property, CSS Writing Modes, Experimental, Reference
text-orientation CSS プロパティは、行内のテキストの向きを定義します。このプロパティは、writing-modehorizontal-tb ではない、縦書きモードでのみ効果があります。これは、縦書きを使う言語で書いた文字の表示を制御するのに役立つだけでなく、縦書きのテーブルヘッダにも使えます。
380 text-overflow CSS, CSS Reference, CSS3
text-overflow CSS プロパティは、テキストが表示領域をオーバーフローしていることを、ユーザに知らせる方法を決めます。クリップするか、省略記号 ('…'、U+2026&hellip;) を表示するか、ウェブ著作者の定義した文字を表示させることができます。
381 text-shadow CSS, CSS Text, Reference
text-shadow プロパティは、テキストに影を追加します。要素のテキストと text-decoration に適用する影効果をカンマ区切りのリストとして指定できます。
382 text-size-adjust CSS, CSS Mobile Text Size Adjustment, CSS Property, Experimental, NeedsExample, Reference
text-size-adjust プロパティは一部のモバイル端末で使われる、テキストの自動拡大アルゴリズムを制御します。このプロパティは標準化されていないため、-moz-text-size-adjust, -webkit-text-size-adjust, and -ms-text-size-adjust のように必ずプレフィックス付きで使用する必要があります。
383 text-transform CSS, CSS Property, Layout, Property, Reference, Text
CSS の text-transform プロパティは、要素のテキストを大文字表記する方法を指定します。テキストをすべて大文字またはすべて小文字で表記する、あるいは各単語を大文字で書き始めるために使用できます。
384 text-underline-position
text-underline-position CSS プロパティは、text-decoration プロパティにおける underline で指定される下線の位置を設定するために使われます。
385 top CSS, CSS Reference
CSS の top プロパティは、位置指定された要素 (positioned elements) の位置を定義します。位置指定されていない要素には効力を持ちません。
386 transform CSS, CSS Reference, CSS Transforms
transform CSS プロパティは CSS 視覚整形モデルの座標空間を変更できるようにします。これを用いると、要素を移動、回転、スケーリング、傾斜させることができます。
387 transform-box CSS, CSS Transforms, Experimental, NeedsBrowserCompatibility, NeedsExample, Reference
transform-box プロパティは、transformtransform-origin プロパティに関連したレイアウトボックスを定義します。
388 transform-function CSS, CSS Reference, CSS3
CSS のデータ型 <transform-function> は、要素の表現を普段と変えるために使う関数を表します。こうした transform 処理は通常行列で表現され、各点に行列の乗算を行った結果が描画されます。
389 rotateY() CSS, CSS Transforms, NeedsCompatTable, Reference
CSSのrotateY()関数は、要素のかたちは変えずに縦軸で回す変形を示します。回転の大きさは、角度で定められます。正数が時計回りで、負数は反時計回りです。
390 scale() CSS, CSS Function, CSS Transforms, NeedsCompatTable, Reference
scale() というCSS 関数は、要素の大きさを変えます。これは、大きさを拡大または縮小することができます。また、変倍の量がベクトルで定義されるため、一つの方向において、他の方向における拡大・縮小よりも、もっと拡大・縮小を行うことができます。
391 translateX() CSS, CSS Transforms, NeedsCompatTable, Reference
translateX() CSS 関数は、要素を平面上で水平方向に移動します。この変換は、水平方向の移動量を定義する <length> によって指定されます。
392 translateZ() 3D, CSS, CSS Function, CSS Transforms, Reference
translateZ() CSS 関数は、3 次元空間の z 軸に沿って、すなわちビューアーに近づくまたは遠ざかって、要素を移動させます。その結果は、<transform-function> データ型となります。
393 transform-origin CSS, CSS Property, CSS Transforms, Experimental, NeedsLiveSample, Reference
CSS の transform-origin プロパティは要素の変換 (transform) の原点を決めます。例えば、rotate() 関数は transform-origin を中心にして回転します。(このプロパティは、最初にプロパティの負値によって要素を平行移動 (translate)し、次に要素を変換 (transform)し、最後にプロパティの値によって平行移動して適用されます。)
394 transform-style CSS, CSS Reference, CSS Transforms, CSS3
CSStransform-style プロパティは、要素の子要素が 3D 空間に配置されるのか、平らにされて要素の面上に配置されるのかを決めます。
395 transition CSS, CSS Property, CSS Transitions, CSS プロパティ, CSS 遷移, Reference
CSStransition プロパティは、 transition-propertytransition-durationtransition-timing-functiontransition-delay一括指定プロパティです。
396 transition-delay CSS, CSS Reference, CSS:Mozilla Extensions, Fixit, NeedsNewCompatTable, 要更新
transition-delay CSS プロパティでは、トランジションを行うプロパティにトランジションの要求が出されてから、実際にトランジション効果が始まるまでの時間を指定します。
397 transition-duration CSS, CSS Reference, CSS:Mozilla Extensions, Fixit, NeedsMobileBrowserCompatibility, 要更新
transition-duration CSS プロパティは、トランジションによるアニメーションが完了するまでの所要時間を秒数またはミリ秒数で指定します。デフォルト値は 0s であり、これはアニメーションを実行しないことを示します。
398 transition-property CSS, CSS Reference, CSS:Mozilla Extensions, Fixit, NeedsNewCompatTable, 要更新
transition-property CSS プロパティは、トランジション効果 を適用する CSS プロパティの名称を指定するために使用されます。
399 transition-timing-function CSS, CSS Reference, CSS:Mozilla Extensions, Fixit, NeedsNewCompatTable
transition-timing-function CSS プロパティは、トランジション効果の作用を受ける CSS プロパティの、中間状態の値を算出する方法を記述するために使用されます。このプロパティは加速曲線を定義するもので、それによりトランジション実行中の値の変更速度を操作することができます。
400 unicode-bidi CSS, CSS Property, Reference
unicode-bidi CSS プロパティと direction プロパティは、文書内の双方向テキストの扱いに関係します。 例えば、テキストブロックに左から右 (LTR) 方向と右から左 (RTL) 方向へ記述されるテキストの両方が含まれる場合、ユーザエージェントは、複雑な Unicode アルゴリズムを用いてテキストの表示方法を決定します。このプロパティは、このアルゴリズムを上書きして開発者がテキストの埋め込みを制御できるようにします。
401 unset CSS, CSS Cascade, CSS Value, CSS カスケード, CSS 値, Layout, Reference
CSS の unset キーワードはプロパティをリセットし、親からの継承された場合は継承値、そうでなければ初期値を設定します。言い換えれば、前者の場合は inherit キーワード、後者の場合は initial キーワードのようになります。あらゆる CSS プロパティ(一括指定の all を含む)に適用することができます。
402 user-select CSS, CSS リファレンス, リファレンス
Controls the actual Selection operation. This doesn't have any effect on content loaded as chrome, except in textboxes. A similar property user-focus was proposed in early drafts of a predecessor of css3-ui but was rejected by the working group.
403 vertical-align CSS, CSS Reference
CSSvertical-align プロパティは、インラインまたはテーブルセル要素の、縦方向の整列方法を定義します。
404 visibility CSS, CSS Reference
CSS の visibility プロパティは2つの目的を持ちます:
405 white-space CSS, CSS Property, CSS Text, NeedsMobileBrowserCompatibility, Reference
white-space プロパティは、要素内の空白文字をどのように扱うかを定義します。
406 widows CSS, CSS Reference, CSS3, css3-break
CSSwidows プロパティは paged メディアにおいて、新しいページの始めに必ず残す最小行数を定義します。タイポグラフィでは、widow は改ページによって段落の最終行だけが次ページの始めに現れたものを指します。widows プロパティを設定すると widow を残さないようにできます。
407 width CSS, CSS Reference, Reference
CSSwidth プロパティは、要素のコンテンツエリア領域の横幅を指定するためのプロパティです。コンテンツエリアとは、要素のパディング、ボーダー、マージンより内側の領域を指します。
408 will-change CSS, CSS Property, CSS Will-change, Reference
will-change CSS プロパティは、ブラウザに要素上で予測される変更の種類についてヒントを出す方法を提供します。そのため、ブラウザは要素が実際に変更される前に事前の最適化をセットアップできます
409 word-break CSS, CSS Property, NeedsContent, Reference
CSS の word-break プロパティは、改行に関する禁則処理の方法を変更するために用います。
410 word-spacing CSS, CSS Text, CSS プロパティ, CSS 文字列, Reference
CSSword-spacing プロパティは、タグや単語の間隔に関する挙動を指定します。
411 writing-mode CSS, CSS Property, Layout, Reference, Web
writing-mode プロパティは、テキストの行のレイアウトを水平または垂直に、ブロックの流れる方向を左向きまたは右向きに定義します。
412 z-index CSS, CSS Reference
CSS の z-index プロパティは、要素とその子孫要素の z-order を定義します。要素同士が重なると、z-order はどちらが上にかぶさるのかを決めます。より大きな z-index の要素が、小さな z-index の要素の上にかぶさります。
413 zoom CSS, CSS Property, Non-standard
zoom プロパティは要素の拡大率を制御することができます。
414 カスタム・プロパティ (--*) カスタムプロパティ, プロパティ, 変数
--example-name のように 頭に -- 接頭辞がつけられたプロパティは
415 クラスセレクター CSS, Reference, Selectors, セレクター
CSS のクラスセレクター (class selector) は、 class 属性の内容に基づいて要素を選択します。
416 コメント CSS, CSS 構文と基本データ型, Reference
CSS のコメントは、説明的なメモをコードに追加したり、スタイルシートの特定の部分をブラウザーに解釈させないようにしたりするために使用します。設計上、コメントは文書のレイアウトにおいて効果を持ちません。
417 スクリプトからのメディアクエリの使用 CSS, DOM
DOM では、メディアクエリの結果をプログラムで調べることを可能にする機能を備えています。これには MediaQueryList インタフェースおよびそのメソッドやプロパティを用います。MediaQueryList オブジェクトを作成すると、クエリの結果を確認すること、あるいは結果が変化したときに自動的に通知を受け取ることが可能になります。
418 プライバシーと :visited セレクタ CSS, Security
歴史的に、CSS の :visited セレクタは、getComputedStyle() や他の方法を使って、ユーザの履歴を調べてどのサイトが訪問されたのかを明らかにし、サイトからユーザの履歴を問い合わせることに使われてきました。これは手早く済ませることができ、ユーザがウェブのどこに滞在したのかを調べるだけでなく、ユーザの個性に関わる、たくさんの情報を推測することにも使えます。
419 メディアクエリ CSS, CSS Reference
CSS 3 ではメディア依存のスタイルシートのサポートが強化され、よりメディアの特性に適したスタイルシートを適用できます。メディアクエリは、メディアタイプと、メディア特性を利用してスタイルシートの適用条件を決定 (limits the style sheets' scope) する一つ以上の式からなります。メディア特性には、メディアの幅と高さ、色数などがあります。メディアクエリにより、コンテンツそのものを変更せずに、出力デバイスに合わせてコンテンツを表現することができます。
420 レイアウトモード CSS, CSS Reference
CSSレイアウトモード (または単に「レイアウト」) は、ボックスの位置やサイズを、兄弟要素や祖先要素のボックスとの相互作用を踏まえて決めるアルゴリズムです。レイアウトモードは複数あります:
421 一括指定プロパティ CSS, Guide, Reference, プロパティ, 一括指定プロパティ
一括指定プロパティ (shorthand property) は、他の幾つかの CSS プロパティを一度に設定できる CSS プロパティです。一括指定プロパティを用いると、もっと簡単に(そして普通はもっと読みやすく)スタイルシートが書け、時間や労力を節約することができます。
422 一般兄弟結合子 CSS, Reference, Selectors, セレクター
一般兄弟結合子 (general sibling combinator, ~) は2つのセレクターを接続し、同じ親要素の子同士であって、1つ目の要素の後にある2つ目の要素を選択します(直後である必要はありません)。
この結合子は間接結合子とも呼ばれます
423 使用値 要更新
CSS プロパティの使用値は、そのプロパティのすべての計算が実行された後の最終的な値です。使用値は window.getComputedStyle を呼び出すことで読み出すことができます widthline-height といった寸法はすべてピクセルで、 background のような短縮プロパティは background-color といったその構成要素のプロパティと一致し、 displaypositionfloat と一致し、すべての CSS プロパティは値を持ちます。
424 値の定義構文 CSS, CSS Reference
No summary!
425 全称セレクター CSS, Reference, Selectors, セレクター
CSS の全称セレクター (universal selector, *) は、すべての種類の要素を選択します。
426 初期値 CSS, CSS カスケードと継承, Reference
CSS プロパティの 初期値 (initial value)は、定義表に挙げられている既定値です。
427 子孫結合子 CSS, Reference, Selectors, セレクター
子孫結合子 (descendant combinator) ― 通常は単一の空白文字 ( ) で表される ― は2つの CSS セレクターを結合し、1つ目のセレクターに一致する要素の子孫のうち、2つ目のセレクターに一致する要素を選択します。子孫結合子を利用したセレクターは子孫セレクターと呼ばれます。
428 子結合子 CSS, Reference, Selectors, セレクター
子結合子 (child combinator, >) は2つの CSS セレクターの間に配置されます。1つ目のセレクターに一致する要素の子である、2つ目のセレクターに一致する要素にのみを選択します。
429 実効値 CSS, CSS Reference
CSS プロパティの実効値は、すべての近似が適用された後の使用値です。例えば、あるユーザーエージェントは、枠線を整数のピクセル値でのみ描画することができ、枠線の幅を近似することを強制されるかもしれません。
430 属性セレクター CSS, CSS 属性, Reference, セレクター, 属性
CSS の属性セレクター (attribute selector) は、指定された属性が存在するかや、その値に基づいて要素を選択します。
431 指定値
CSS プロパティの指定値は、次の3つの方法のいずれかで設定されます。
432 構文 CSS, Stylesheets
CSS 言語の基本的な狙いは、色や位置、装飾のような固有の特性を持って、ブラウザエンジンがページの要素を描くことを許すことです。 CSS 構文はこの狙いを反映し、以下のような基本的な構成要素があります。
433 疑似クラス (Pseudo-classes) CSS, CSS 基本ユーザーインターフェイス, Pseudo-class, Reference, Selectors, セレクター, 疑似クラス
CSS の疑似クラスはセレクターに付加するキーワードであり、選択された要素対して特定の状態を指定します。例えば :hover 疑似クラスで、ユーザーがマウスポインタを当てたときにボタンの色を変更することができます。
434 疑似要素 (Pseudo-elements) CSS, Pseudo-element, Reference, Selectors, セレクター, 疑似要素
CSS の 疑似要素 (Pseudo-elements) はセレクターに付加するキーワードで、選択された要素の特定の部分を整形できるようにするものです。例えば ::first-line 疑似要素は、段落の最初の行のフォントを変更するために使用することができます。
435 置換要素 CSS, CSS Reference
CSS の範囲外で描画される要素を 置換要素 と呼んでいます。これは CSS とは別に描画される外部オブジェクトです。主な置換要素としては、<image><object><video> や、<textarea><input> のようなフォーム要素があります。<audio><canvas> のように、特定の場合にのみ置換要素になるものもあります。 CSS の content プロパティで挿入されたオブジェクトは、匿名の置換要素です。
436 背景画像の拡大縮小
CSS の background-size プロパティによって、フルサイズの画像がタイル状に配置されるという既定の動作の代わりに、背景画像のサイズを調節することができるようになります。画像を望むように拡大または縮小することができます。
437 要素型セレクター CSS, HTML, Reference, Selectors, セレクター
CSS の要素型セレクター (type selector) は、ノード名で要素を選択します。言い換えれば、文書内で指定された方の要素をすべて選択します。
438 視覚整形モデル CSS, CSS Box Model, CSS 基本ボックスモデル, Reference
CSS の 視覚整形モデル (visual formatting model) は、文書を処理して視覚メディアへ表示するアルゴリズムです。このモデルは CSS の基本概念です。
439 計算値 CSS, CSS Reference
CSS プロパティの計算値は、次のことによって指定値から計算されます:
440 詳細度 CSS
詳細度は、どのプロパティ値が最もある要素に関係があり、適用されるかをブラウザが決定する手段です。詳細度は異なる順のセレクタで構成されるマッチング規則にのみ基づきます。
441 隣接兄弟結合子 CSS, Reference, Selectors, セレクター
隣接兄弟結合子 (adjacent sibling combinator, +) は2つのセレクターを接続し、同じ親要素の子同士であって、1つ目の要素の直後にある2つ目の要素を選択します。

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: Marsf
最終更新者: Marsf,