-ms-content-zoom-chaining

ジャンプ先:

非標準
この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

CSS-ms-content-zoom-chaining プロパティは、ユーザーがページの操作中にズームの限界に当たった時に起こるズームの振る舞いを指定する Microsoft 拡張です。

初期値none
適用対象非置換ブロックレベル要素と非置換インラインブロック要素
継承なし
メディアinteractive
計算値指定値
アニメーションの種類個別
正規順序形式文法で定義される一意のあいまいでない順序

構文

none
初期値です。ユーザーがページの操作中にズームの限界に当たった時に、跳ね返る効果が表示されます。
chained
ユーザーがページの操作中にズームの限界に当たった時に、直近のズーム可能な親要素がズームし始めます。跳ね返る効果は表示されません。

形式文法

  none | chained

仕様書

どの仕様書でも定義されていません。

注釈

このプロパティはズームできない要素には効果がありません。ズーム可能な要素については、 -ms-content-zooming をご覧ください。

Windows 8.1 以降、このプロパティはタッチパッドの反応でも対応しています。

このプロパティは Windows 8 以降でのみ対応しています。

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, teoli
最終更新者: mfuji09,