Your Search Results

    アプリのインストールに関するプラットフォーム固有の詳細

    アプリを別々のプラットフォームへインストールするために何か特別な手順を踏む必要はありません。アプリの名称など、提供すべき情報はすべて アプリマニフェスト に含まれています。ここでは、各プラットフォームにアプリがどうインストールされるか、プラットフォーム固有の詳細について説明します。これらの詳細は Firefox がそのプラットフォームにインストール済みであることを前提としています。

    Firefox OS (Boot to Gecko)

    Gaia (Firefox OS のユーザインタフェース) では、2 番目のホームページ上に Marketplace へのリンクが置かれており、アプリはここからインストールできます。Gaia に含まれているデフォルトアプリは端末上の Gecko プロファイルに保存されており、Web アプリのオフラインキャッシュは /data/local/OfflineCache/* にあります。

    このフォルダを参照して中身を確認したい場合は、adb ツールを使って行えます。

    $ adb shell ls -la /data/local/OfflineCache/
    

    インストールされる他のアプリはすべて DOM レジストリコンポーネント内に保存されます (このファイルは /data/local/webapps にあります)。そのアプリがアプリキャッシュを使っている場合、アプリキャッシュはインストール時に自動的に展開されます。

    Windows

    以下のものがインストール時に作成されます。これらはすべて (Windows のコントロールパネル内に置かれる) アンインストーラによって削除されます。

    • 現在のユーザのデスクトップショートカット。
    • 現在のユーザの [スタート] メニュー > [プログラム] 内ショートカット。
    • アプリをコントロールパネルの「プログラムを削除」メニューに表示させるためのレジストリ項目。
    • %APPDATA%\scheme;domain[;port] 以下に置かれるアプリのためのフォルダ
      • ここで schemehttp もしくは httpsdomain はアプリのドメイン名、port はポート番号 (既定のポート番号が使われない場合) です。
      • フォルダ名の例: C:\Users\myuser\AppData\Roaming\https;mozqa.com;115
      • このフォルダにはスタブ実行ファイル (exe)、設定ファイル、アンインストーラが含まれます。

    各アプリには、起動時に、以下の属性を持った独自ウィンドウが与えられます。

    • ネイティブのメニューバー (今のところ [ファイル] と [編集] メニューが含まれています)。
    • ウィンドウのタイトルはアプリの名前になります。
    • (ウィンドウの左上にある) システムメニューアイコンはアプリマニフェストで指定されたものです。
    • 表示されるタスクバーアイコンもアプリマニフェストで指定されたものです。

    各アプリは別々のプロセスで実行され、アプリはタスクマネージャの [アプリケーション] 上に独自の名前で現れます。 アプリの実行ファイル名 (例えば「Mozilla QA WebRT Tester.exe」) は、不正な Windows ファイル名文字が取り除かれたアプリの名前になります。

    各アプリには、個別の設定、Cookie、履歴、認証局設定、プロキシ設定などを持った独自プロファイルが与えられます。プロファイルデータは初回起動時に上記のディレクトリと %LOCALAPPDATA% 内の同等ディレクトリ内に作成されます。プロファイルデータはアンインストーラによって削除されません

    Mac OS X

    アプリは /Applications へインストールされます。

    アプリを開くと、そのアプリがブラウザのウィンドウフレームを除いた独自ウィンドウ内で起動します。アプリは Firefox バイナリを使って実行されます。各アプリは別々のプロセスで実行されます。各アプリには、個別の設定、Cookie、履歴、認証局設定、プロキシ設定などを持った独自プロファイルが与えられます。

    Android

    インストール時にホーム画面上にアイコンが作成されます。アプリは Android 端末上の [設定] メニューから開けるアプリケーションリストには追加されません。

    Linux

    アプリはユーザの $HOME 内のディレクトリにインストールされます。例えば http://areatweet.com/ で公開されているアプリなら $HOME/.http\;areatweet.com/ にインストールされます。

    インストールの際、Freedesktop の仕様 に従い、デスクトップメニューに新しい項目も作成されます。KDE や Gnome といった Freedesktop 仕様に従っているあらゆるデスクトップ上で動作します。

    その新しい項目は、ユーザの $HOME/.local/share/applications/ ディレクトに置かれます。

    KDE では、新しい項目は「Application」メニューの「Found Objects」メニューグループに現れます。

    Gnome では、新しい項目は「Application」メニューの「Others」メニューグループに現れます (スクリーンショット 参照)。

    添付ファイル

    ファイル サイズ 日時 添付者:
    Installed app on Gnome (a Linux Desktop)
    Example of an installed App
    101884 バイト 2013-01-13 01:47:01 madarche

    Document Tags and Contributors

    タグ:
    Contributors to this page: ethertank, Yoshino
    最終更新者: Yoshino,