Marketplace における課金

草案
このページは完成していません。

Mozilla は健全なアプリエコシステムが無料アプリと有料アプリの両方によって成り立つことを認識しており、そのため Firefox Marketplace ではアプリ内でマネタイズや決済処理を行う方法を複数提供しています。支払いは、ユーザの携帯電話料金やクレジットカードにアプリの使用料を直接請求できる決済プロバイダによって処理されます。

アプリ内での決済方法

Mozilla は、課金を行う前にアプリの機能を試す方法をユーザに提供するよう、開発者に皆さんに強くお勧めします。これは、同じアプリの無料版と有料版を提供するか、アプリ内課金を活用することで実現可能です。Firefox Marketplace は現在いくつかの課金モデルに対応しています。

  • アプリ内課金 (ユーザはアプリの中で支払いを行えます)
  • 有料もしくはフリーミアムアプリ (ユーザはアプリのインストール前に支払いを行う必要があります)
  • 自動更新購読 (今後対応予定)

アプリ内課金

アプリ内課金は、アプリの中で様々なデジタルアイテムやサービスに課金できる柔軟な方法です。例えば、アプリ内課金は以下のような用途に使用できます。

  • 特別な機能やアイテムの販売、あるいはゲーム内でのアップグレード
  • 追加機能の購入もしくはアップグレード
  • 無料試用期間の実装
  • アプリ内での仮想通貨や仮想クレジットのチャージ

アプリ内課金の実装は簡単で、Marketplace 内でオプションを選択し、課金情報を含む JSON リクエストを行うだけです。在庫とアイテムはアプリによって管理されます。Marketplace 内でアイテムの在庫管理を行ったり、Mozilla がアイテムを許可するのを待ったりする必要はありません。アプリ内課金のリクエストが行われると、ユーザに支払い画面が表示され、任意の決済プロバイダを通じた購入の確認が行われます。

あなたのアプリ内で アプリ内課金を実装する方法 について詳しく学んでください。

: アプリ内課金を使ったアプリもダウンロードは無料にするよう推奨しますが、アプリ内課金を使った有料アプリを作成することも可能です。

一部の開発者は、ユーザにインストールを許可する前にアプリに課金したいと考えるかもしれません。開発者が Marketplace で課金方法を設定する際に価格帯を選択でき、ユーザはダウンロード時にその金額の支払いを求められます。

Mozilla では、ユーザがアプリを試せるよう、有料アプリの機能を制限した無料版を公開したいという開発者にも考慮しています。この「フリーミアム」モデルを促進するため、無料アプリと有料アプリは相互にリンク可能となっており、開発者は無料アプリの詳細ページ上で「購入案内」枠を使い、有料版へのアップグレードによって使えるようになる機能を宣伝できます。

有料アプリは、起動時に レシートを検証 し、ユーザがアプリを購入したことを確認すべきでしょう。

アプリの販売

Firefox Marketplace に掲載されているアプリは決済プロバイダによって販売されます。このプロバイダは指定販売業者であり、決済処理、売上税と付加価値税 (VAT) の徴収、地域の消費者保護規制の遵守、資金の分配、返金処理、販売者のその他職務遂行を担当します。Mozilla は、買い手 (アプリユーザ) と売り手 (アプリ開発者) が集える場を提供しますが、商取引の当事者とはなりません。Bango が Firefox Marketplace の決済プロバイダです。

Firefox Marketplace の運営支援、アプリプラットフォームの改善、そして 私たちのミッション 推進のため、Mozilla とそのパートナーは、各取引から生じた売上金の一部を受け取り、取引手数料全額をその分配金から支払います。現時点では、Marketplace を介したアプリの購入やアプリ内課金の売上のうち (小売価格に含まれている VAT と手数料を除いた金額の) 70% を開発者が受け取ります。Mozilla とそのパートナーが 30% を受け取ります。

決済システム

決済システムは、クレジットカード決済などの手続きを含め、買い手 (アプリユーザ) と売り手 (アプリ開発者) の間で行われる決済を処理します。決済システムは一般的に、このサービスを提供するため、取引ごとに手数料を請求します。開発者は Firefox Marketplace Developer Hub を通じて各決済システムのアカウントを作成する必要があります。

注: Firefox Marketplace の決済システムは、今のところ (2013 年 2 月時点) 様々な国でテスト中です。

アプリの価格

アプリの値付けと支払いに関する情報は アプリの値付け を参照してください。

返金

ユーザから返金請求があった場合、Mozilla、決済システム、あるいはモバイルネットワーク事業者による承認が必要となるでしょう。返金は、地域の消費者法に準拠した返金ポリシー、モバイル事業者の返金ポリシー、およびクレジットカード会社の返金ポリシーに従って承認されます。アプリ内課金については Mozilla を通じた返金はできません。

アプリの購入代金が返金されると、そのレシートは無効となります。そのため、開発者は常に レシートを検証 し、インストール済みのアプリが正規ライセンスであることを確かめるべきでしょう。

異常な数の返金請求を受けたアプリは Mozilla による調査の対象となる可能性があります。

対応地域、言語、通貨

Firefox Marketplace は、できるだけ多くの国、言語、通貨に対応してオープンすることを目指しています。そのため、Marketplace をローカライズし、各国での支払いを可能にしたいと考えていますが、Marketplace のオープン時までにそれを実現できない可能性もあります。対応言語、通貨が決定したら、このページに記載します。

関連記事

Document Tags and Contributors

タグ:
Contributors to this page: ethertank, Yoshino, MarkGiffin
最終更新者: Yoshino,