mozilla
Your Search Results

    Gecko Roles

    « AT APIs Support ページ

    導入

    以下のリストは Gecko で使用されるアクセシブル role です。Role 定数 は nsIAccessibleRole インタフェースで定義されています。(

    Please add a summary to this article.
      最終更新: Gecko 1.9 (Firefox 3)
    )

    Role リスト

    ROLE_NOTHING
    accessible が明確に定義された role を持っていない場合に使用されます。
    ROLE_TITLEBAR
    ウィンドウのタイトルバーまたはキャプションバーを表します。これは MSAA のみで使用されるため、MS Windows によって自動的にサポートされます。
    ROLE_MENUBAR
    ユーザによって選択された (ウィンドウのタイトルバーのすぐ下に位置する) メニューバーを表します。
    ROLE_SCROLLBAR
    垂直または水平スクロールバーを表します。クライアント領域の一部か、コントロール内で使用されます。
    ROLE_GRIP
    特別なマウスポインタを表します。ウィンドウなどのユーザインタフェース要素をユーザに操作させます。例えば、ユーザがウィンドウ右下隅のサイズ変更グリップをクリックし、そのサイズを変更するためにドラッグします。
    ROLE_SOUND
    システムサウンドを表します。様々なシステムイベントに関連付けられます。
    ROLE_CURSOR
    システムのマウスポインタを表します。
    ROLE_CARET
    システムのキャレットを表します。
    ROLE_ALERT
    ユーザに注意を促す alert または condition を表します。支援技術は一般的に、この role を広告するコンテナの全スクリーン上のコンテンツを読むことによって、role に反応します。警告ダイアログなどで使用するようにしてください。
    ROLE_WINDOW
    ウィンドウ枠を表します。タイトルバーやクライアント、ウィンドウに含まれる他のオブジェクトなどの子オブジェクトを含みます。この role は MS Windows によって自動的にサポートされます。
    ROLE_INTERNAL_FRAME
    サブドキュメント。
    ROLE_MENUPOPUP
    メニューを表します。ユーザが実行する操作を選択することができる、オプションの一覧を提供します。
    ROLE_MENUITEM
    メニュー項目を表します。ユーザが実行するコマンドを選んだりオプションを選択するための、メニュー内のエントリ。
    ROLE_TOOLTIP
    役立つヒントを提供するツールチップを表します。
    ROLE_APPLICATION
    アプリケーションのメインウィンドウを表します。
    ROLE_DOCUMENT
    ドキュメントウィンドウを表します。ドキュメントウィンドウは常にアプリケーションウィンドウ内に含まれます。
    ROLE_PANE
    フレームウィンドウやドキュメントウィンドウ内のペインを表します。ユーザは他のペインと現在のペインのコンテンツ内の間を移動できますが、異なるペイン内の項目間は移動できません。このように、ペインはフレームウィンドウやドキュメントより下位、個々のコントロールよりも上位のグループレベルを表します。
    ROLE_CHART
    データの提供に使用されるグラフィカルな画像を表します。
    ROLE_DIALOG
    ダイアログボックスまたはメッセージボックスを表します。
    ROLE_BORDER
    ウィンドウの境界線を表します。
    ROLE_GROUPING
    その他のオブジェクトの論理的なグループ。
    ROLE_SEPARATOR
    separator メニュー項目やウィンドウ内のペインを分割するバーなど、スペースを二つの領域に視覚的に分割するために使用されます。
    ROLE_TOOLBAR
    ツールバーを表します。よく使用される機能への簡単なアクセスを提供するコントロール (プッシュボタンやトグルボタン) のグループです。
    ROLE_STATUSBAR
    ステータスバーを表します。現在の操作やアプリケーションの状態、選択したオブジェクトについての情報を表示する、ウィンドウ下部の領域です。ステータスバーには異なる種類の情報を表示する複数のフィールドがあります。
    ROLE_TABLE
    セルの行と列を含むテーブルを表します。また、任意で行ヘッダと列ヘッダが含まれます。
    ROLE_COLUMNHEADER
    列ヘッダを表します。テーブルの列のための視覚的なラベルを提供します。
    ROLE_ROWHEADER
    行ヘッダを表します。テーブルの行のための視覚的なラベルを提供します。
    ROLE_COLUMN
    テーブル内のセルの列を表します。
    ROLE_ROW
    テーブル内のセルの行を表します。
    ROLE_CELL
    テーブル内のセルを表します。
    ROLE_LINK
    何かへのリンクを表します。このオブジェクトはテキストやグラフィックに似ていますが、ボタンのように動作します。
    ROLE_HELPBALLOON
    ツールチップやヘルプバルーンのフォーム内のヘルプトピックを表示します。
    ROLE_CHARACTER
    Microsoft Office アシスタントなどのアニメのようなグラフィックオブジェクトを表します。アプリケーションのヘルプをユーザに提供するために表示されます。
    ROLE_LIST
    リストボックスをあらわします。ユーザは一つ以上の項目を選択できます。
    ROLE_LISTITEM
    リスト内の項目を表します。
    ROLE_OUTLINE
    ツリービューコントロールなどのアウトライン構造またはツリー構造を表します。階層的なリストを表示し、ユーザは下層の展開と折り畳みができます。
    ROLE_OUTLINEITEM
    アウトライン構造やツリー構造内の項目を表します。
    ROLE_PAGETAB
    ページタブを表します。これはページタブリストの子要素です。
    ROLE_PROPERTYPAGE
    プロパティシートを表します。
    ROLE_INDICATOR
    現在の項目を指し示すポインタ画像などのインジケータをあらわします。
    ROLE_GRAPHIC
    画像を表します。
    ROLE_STATICTEXT
    他のコントロールのためのラベルやダイアログボックス内の説明などの、読み取り専用テキストを表します。静的テキストは変更や選択ができません。
    ROLE_TEXT_LEAF
    選択可能なテキストを表します。編集したり読み取り専用にできます。
    ROLE_PUSHBUTTON
    プッシュボタンコントロールを表します。
    ROLE_CHECKBUTTON
    チェックボックスコントロールを表します。
    ROLE_RADIOBUTTON
    オプションボタンを表します。ラジオボタンとも呼ばれています。これは排他的なグループの一つです。すべてのオブジェクトは、この属性を持つ一つの親要素を共有しており、一つの排他的なグループの一部と仮定されます。
    ROLE_COMBOBOX
    コンボボックスを表します。予め選択されたセットを提供するリストボックスに関連付けられたエディットコントロールです。
    ROLE_DROPLIST
    カレンダーコントロールを表します。
    ROLE_PROGRESSBAR
    進捗バーを表します。ユーザに作業中の操作の現在の達成度を表示します。
    ROLE_DIAL
    ユーザに値を設定させるダイアルまたはノブを表します。
    ROLE_HOTKEYFIELD
    ホットキーフィールドを表します。ユーザに連続したキーストロークや、その組み合わせを入力させます。
    ROLE_SLIDER
    スライダーを表します。ユーザに最小値と最大値の間に与えられた値を設定させます。
    ROLE_SPINBUTTON
    スピンボックスを表します。ユーザに表示された値を増減させるコントロールです。これはスピンボックスに関連付けられた別の "仲間" コントロール内に表示されます。
    ROLE_DIAGRAM
    ダイアグラムデータに使用される、グラフィカルな画像を表します。
    ROLE_ANIMATION
    アニメーションコントロールを表します。連続したビットマップフレームを表示するコントロールなど、時間毎に変わるコンテンツを含みます。
    ROLE_EQUATION
    数式を表します。これは MATHML によって使用されます。
    ROLE_BUTTONDROPDOWN
    項目のリストをドロップダウン表示するボタンを表します。
    ROLE_BUTTONMENU
    メニューをドロップダウン表示するボタンを表します。
    ROLE_BUTTONDROPDOWNGRID
    グリッドをドロップダウン表示するボタンを表します。
    ROLE_WHITESPACE
    オブジェクト間の空白を表します。
    ROLE_PAGETABLIST
    ページタブコントロールのコンテナを表します。
    ROLE_CLOCK
    時刻を表示するコントロールを表します。
    ROLE_SPLITBUTTON
    ツールバー上のボタンを表します。ドロップダウンリストアイコンがボタンのすぐ隣にあります。
    ROLE_IPADDRESS
    IP(Internet Protocol) アドレスを入力するためのエディットコントロールを表します。エディットコントロールは入力部分が IP アドレスの数値ごとに区切られています。
    ROLE_ACCEL_LABEL
    アクセラレータを持つラベルコントロールを表します。
    ROLE_ARROW
    主要な 4 方向の矢印のうちの一つを表します。
    ROLE_CANVAS
    イベントの発生とトラップに使用されるコントロールを表します。
    ROLE_CHECK_MENU_ITEM
    チェックボックス付きのメニュー項目を表します。
    ROLE_COLOR_CHOOSER
    ユーザが色を選択するための特別なダイアログを表します。
    ROLE_DATE_EDITOR
    ユーザが日付を編集するためのコントロールを表します。
    ROLE_DESKTOP_ICON
    ROLE_DESKTOP_PANE 内のアイコン化された内部フレーム。
    ROLE_DESKTOP_FRAME
    デスクトップペイン。内部フレームと、そのアイコン化されたバージョンをサポートするペイン。
    ROLE_DIRECTORY_PANE
    ディレクトリペイン。ユーザがディレクトリの内容を選択したり操作するためのペイン。ファイルの選択に使用されます。
    ROLE_FILE_CHOOSER
    ファイル選択ダイアログ。ディレクトリ内のファイルを表示してユーザがファイルを選択したり、異なるディレクトリや特定のファイル名を閲覧するための特別なダイアログ。ディレクトリの内容を表示するためにディレクトリペインを使用します。
    ROLE_FONT_CHOOSER
    フォント選択ダイアログ。フォント選択ダイアログは、ユーザが様々な属性のフォントを選ぶためのコンポーネントです。
    ROLE_CHROME_WINDOW
    フレーム role。タイトルバー、境界線、メニューバーなどを持つトップレベルのウィンドウ。アプリケーションの最初のウィンドウとしてよく使用されます。
    ROLE_GLASS_PANE
    ガラスペイン。すべてのペインより前面に描かれることが保証されたペイン。
    ROLE_HTML_CONTAINER
    HTML のためのドキュメントコンテナ。このコンテナの子要素はドキュメントの内容を提供します。
    ROLE_ICON
    小さな固定サイズの画像。一般的にはコンポーネントの飾りに使用されます。
    ROLE_LABEL
    インタフェースのアイコンまたは短い文字列を提供します。
    ROLE_LAYERED_PANE
    階層化ペイン。子要素をスタック順の外観を提供しているレイヤー内に描画する特別なペイン。通常は、ウィンドウ内のほとんどの視覚的なコンポ―テントとメニューバーを保持するペインです。
    ROLE_OPTION_PANE
    ダイアログの内側で最初に使用される特別なペイン。
    ROLE_PASSWORD_TEXT
    パスワードなどテキストの内容がユーザに分からないように表示されるテキストオブジェクト。
    ROLE_POPUP_MENU
    ユーザに選択肢の一覧を提供する一時的なウィンドウ。ユーザが一覧から一つを選択すると隠されます。
    ROLE_RADIO_MENU_ITEM
    メニュー項目のラジオボタン。
    ROLE_ROOT_PANE
    ルートペイン。ガラスペインや階層化ペインを子要素に持つ特別なペイン。この子要素にはスクロールバーやビューポートを含むことができます。
    ROLE_SCROLL_PANE
    スクロールペイン。大量の情報をユーザに順次表示することができるオブジェクト。
    ROLE_SPLIT_PANE
    分割ペイン。同時に 2 つのパネルを提供する特別なパネル。2 つのパネルの間は、ユーザがその大きさを変更することができる仕切りになっています。
    ROLE_TABLE_COLUMN_HEADER
    テーブルの列のためのヘッダ。
    ROLE_TABLE_ROW_HEADER
    テーブルの行のためのヘッダ。
    ROLE_TEAR_OFF_MENU_ITEM
    着脱可能なメニュー項目。
    ROLE_TERMINAL
    アクセシブルターミナルを表します。
    ROLE_TEXT_CONTAINER
    論理的なテキスト実体を構成するオブジェクトのコレクション。
    ROLE_TOGGLE_BUTTON
    切り替えボタン。チェックを入れたり外したりできる特別な押しボタン。現在の状態を示すインジケータは提供しません。.
    ROLE_TREE_TABLE
    複数行のデータ表示を展開したり折り畳んだりできるコントロールを表します。複数列のデータも表示できます。
    ROLE_VIEWPORT
    ビューポート。通常はスクロールペイン内で使用されるオブジェクト。ユーザが見ることができるデータ全体の一部分を提供します。ユーザがスクロールバーを操作してビューポートに表示する部分を変更できます。
    ROLE_HEADER
    ドキュメントページのヘッダ。
    ROLE_FOOTER
    ドキュメントページのフッタ。
    ROLE_PARAGRAPH
    テキストの段落。
    ROLE_RULER
    ワープロなどで使用される定規。
    ROLE_AUTOCOMPLETE
    エントリウィジェットに挿入するための項目を含むダイアログまたはリストを持つテキストエントリ。例えば、テキストエントリを補完する語のリスト。
    ROLE_EDITBAR
    ツールバー内の編集可能なテキストオブジェクト。
    ROLE_ENTRY
    ユーザによって入力または変更される本文内容のコントロール。
    ROLE_CAPTION
    他のオブジェクトを説明するキャプション。
    ROLE_DOCUMENT_FRAME
    ドキュメント内容の表示領域を含む視覚的なフレームまたはコンテナ。ドキュメントフレームは他のドキュメント実体内に発生します。この場合、2 番目のドキュメントは包含する実体内に埋め込まれます。大抵の HTML フレームは ROLE_DOCUMENT_FRAME です。このオブジェクトや単体の子孫は Document インタフェースを実装します。
    ROLE_HEADING
    見出し。
    ROLE_PAGE
    ドキュメント内容のページを表すオブジェクト。ユーザがページを基準にしてアクセスするドキュメント内で使用されます。
    ROLE_SECTION
    ドキュメント内容のコンテナ。
    ROLE_REDUNDANT_OBJECT
    アクセシブルな階層内の他のオブジェクトと重複するオブジェクト。支援技術 (AT)は、この role を持つオブジェクトを無視します。
    ROLE_FORM
    フォームコントロールのコンテナ。
    ROLE_IME
    キーボード上に無い文字を入力するために使用されるオブジェクト。例えば、英語キーボードで中国語を入力する場合など。
    ROLE_APP_ROOT
     ???
    ROLE_PARENT_MENUITEM
    メニュー項目を表します。これはユーザが他のメニューを表示するために選ぶメニュー内のエントリです。
    ROLE_CALENDAR
    ユーザが日付を選択できるカレンダー。
    ROLE_COMBOBOX_LIST
    コンボボックスによって表示される項目のリスト。
    ROLE_COMBOBOX_OPTION

    コンボボックスによって表示されるリストの項目。

    ROLE_IMAGE_MAP
    子リンクを提供する領域を持つ、イメージマップ。
    ROLE_OPTION
    リストボックス内のオプション。
    ROLE_RICH_OPTION
    リストボックス内のリッチオプション。他のウィジェットを子要素として持つことができます。
    ROLE_LISTBOX
    オプションのリスト。

    ドキュメントのタグと貢献者

    Contributors to this page: Marsf, teoli
    最終更新者: teoli,