document.write

« DOM リファレンス

概要

テキストの文字列を document.open() で開かれた文書ストリームに書き込みます。

構文

document.write(markup);
  • markup は、文書に書き込まれるテキストを含む文字列です。

<html>

<head>
<title>書き込み例</title>

<script type="text/javascript">

function newContent()
{
alert("新しいコンテンツを読み込みます");
document.open();
document.write("<h1>新しい内容では、古い内容は削除されます!</h1>");
document.close();
}

</script>
</head>

<body onload="newContent();">
<p>元の文書コンテンツ。</p>
</body>
</html>

注記

document.open() を呼び出さずに読み込まれた文書への出力が行われる場合、自動的に document.open の呼び出しが実行されるでしょう。一度出力し終わったとき、ブラウザにページの読み込みの終了を伝えるために、document.close() の呼び出しが推奨されます。 出力したテキストは文書構造モデルにおいて構文解析されます。上記の例では、h1 要素は文書中の 1 つのノードになります。

document.write() の呼び出しが HTML コード中に直接埋め込まれている場合、document.open() は呼ばれないでしょう。例えば:

 <div> 
  <script type="text/javascript"> 
    document.write("<h1>Main title</h1>") 
  </script> 
 </div>

仕様

DOM Level 2 HTML: write() Method

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: Potappo, ethertank
最終更新者: ethertank,