XRSessionMode

WebXR Device APIXRSessionMode 列挙型は、使用できるセッションモードの可能な種類を識別するために使用される文字列値を定義します。

immersive-ar これは実験段階の API です。製品内のコードで使用しないようご注意ください。

セッションの出力には、没入型デバイスへの排他的アクセスが許可されますが、レンダリングされたコンテンツは実世界の環境とブレンドされます。 セッションの environmentBlendMode (en-US) は、コンテンツをブレンドするために使用する方法を示します。

重要: immersive-ar モードは、WebXR 拡張現実モジュールによって定義されていますが、まだ安定しておらず、テストと実験以外には使用しないでください。

immersive-vr
レンダリングされたセッションが VR モードの没入型 XR デバイスを使用して表示されることを示します。 これは、周囲の環境にオーバーレイしたり、統合したりすることを意図したものではありません。 environmentBlendMode (en-US) は、可能であれば opaque であると予想されますが、ハードウェアが必要とする場合は additiv になる可能性があります。
inline
出力は、視覚的な空間全体を占めるのではなく、標準の HTML 文書の要素のコンテキスト内でインラインで表示されます。 インラインセッションは、モノラルモードまたはステレオモードのいずれかで表示でき、ビューアー追跡を利用できる場合とできない場合があります。 インラインセッションは特別なハードウェアを必要とせず、WebXR API のサポートを提供するすべてのユーザーエージェントで利用可能である必要があります。

使用上の注意

XRSessionMode 型は、XRSystem.isSessionSupported() (en-US) を呼び出して、指定されたセッションタイプがサポートされ、使用できるかどうかを判断するとき、および requestSession() (en-US) によって新しい WebXR セッションを開こうとするときに指定できる値を示します。

どちらも没入型セッションであるため、immersive-ar モードは、immersive-vr と同じ機能と参照空間をすべてサポートします。 ブラウザーはこれらのモードのいずれかまたは両方をサポートできますが、WebXR が使用可能な場合は、inline モードが常にサポートされます。

仕様

仕様 状態 コメント
WebXR Device API
XRSessionMode の定義
草案 初期定義
WebXR Augmented Reality Module
XRSessionMode: immersive-ar の定義
編集者草案 immersive-ar 値を追加

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser