XRReferenceSpaceType

XRReferenceSpaceType 列挙型は、WebXR がサポートしている参照空間のタイプを識別する文字列を定義します。 このタイプは、requestReferenceSpace() メソッドを呼び出して XRSession の参照空間を取得するときに使用します。
 

XRSession.requestReferenceSpace() によって返される参照空間は、XRReferenceSpace または XRBoundedReferenceSpace のいずれかです。 以下の表の「インターフェイス」列は、各参照空間タイプ定数に対して2つの型のどちらが返されるかを示しています。

参照空間記述子

参照空間のタイプを以下の表に示します。 それらのユースケースと、それらを実装するために使用されるインターフェイスについての簡単な情報が含まれています。

XRReferenceSpaceType 説明 インターフェイス
bounded-floor local タイプと同様ですが、返されたオブジェクトの boundsGeometry によって指定された所定の境界の外にユーザーが移動することは想定されていません。 XRBoundedReferenceSpace
local

セッションが作成されたときのネイティブの原点がビューアーの位置の近くにある追跡空間。 正確な位置は、基盤となるプラットフォームと実装によって異なります。 ユーザーは、開始位置を超えて移動することはあまり想定されておらず、この使用例に合わせて追跡が最適化されています。

6 自由度(6DoF)追跡のデバイスの場合、local 参照空間は、環境に対して原点を安定させようとします。

XRReferenceSpace
local-floor local タイプと同様ですが、開始位置は、ビューアーが立つことができる安全な場所に配置され、y 軸の値は床レベルで 0 です。 その床レベルがわからない場合、ユーザーエージェントは床レベルを推定します。 推定床レベルがゼロ以外の場合、ブラウザーはフィンガープリントを回避するような方法で丸めることが期待されます(最も近いセンチメートルまで)。 XRReferenceSpace
unbounded おそらく原点から非常に長い距離にわたって、ユーザーが自由に移動できる追跡空間。 ビューアーはまったく追跡されません。 追跡は、ユーザーの現在位置周辺の安定性のために最適化されているため、ネイティブの原点は、そのニーズに対応するために必要に応じてドリフトする可能性があります。 XRReferenceSpace
viewer ネイティブの原点がビューアーの位置と向きを追跡する追跡空間。 これは、ユーザーが物理的に移動できる環境で使用し、没入型(immersive)とインライン(inline)の両方の XRSession のすべてのインスタンスをサポートしますが、インラインセッションで最も役立ちます。 ビューアーと入力の間の距離を決定するとき、またはオフセット空間を操作するときに特に役立ちます。 そうでない場合、通常、他の参照空間タイプの1つがより頻繁に使用されます。 XRReferenceSpace

仕様

仕様 状態 コメント
WebXR Device API
XRReferenceSpaceType の定義
草案 初期定義

ブラウザーの互換性

No compatibility data found. Please contribute data for "api.XRReferenceSpaceType" (depth: 1) to the MDN compatibility data repository.