XMLHttpRequest (XHR) オブジェクトを使用して、サーバーと対話します。ページ全体を更新する必要なしに、データを受け取ることができます。これでユーザーの作業を中断させることなく、ウェブページの一部を更新することができます。 XMLHttpRequestAJAX プログラミングで頻繁に使用されます。

XMLHttpRequest という名前ではあるものの、 XML だけでなくあらゆる種類のデータを受け取るために使用することができ、 HTTP 以外の(file および ftp を含む)プロトコルにも対応しています。

通信においてサーバーからのイベントやメッセージデータの受信を含む必要があるのであれば、 EventSource インターフェイスを通じた server-sent events の使用も検討してください。全二重の通信では、 WebSockets の方が良いかもしれません。

コンストラクター

XMLHttpRequest()
XMLHttpRequest を初期化するコンストラクターです。これは、他のメソッドを呼び出す前に呼び出さなければなりません。

プロパティ

このインターフェイスは、 XMLHttpRequestEventTarget 及び EventTarget のプロパティを継承します。

XMLHttpRequest.onreadystatechange
readyState 属性が変更する都度呼び出される EventHandler です。
XMLHttpRequest.readyState 読取専用
リクエストの状態を unsigned short 型の値で返します。
XMLHttpRequest.response 読取専用
ArrayBufferBlobDocument、JavaScript オブジェクト、DOMString といった XMLHttpRequest.responseType に従ったレスポンスの実体ボディ。リクエストが完了していない、または成功しなかった場合、この値は null となります。
XMLHttpRequest.responseText 読取専用
リクエストに対するテキスト形式でのレスポンスを含む DOMString を返します。リクエストの失敗または未送信の場合は null となります。
XMLHttpRequest.responseType
レスポンス型を定義する、列挙型の値です。
XMLHttpRequest.responseURL 読取専用
レスポンスのシリアライズされた URL、または URL が null であれば空文字列を返します。
XMLHttpRequest.responseXML 読取専用 読取専用
リクエストに対する、DOM Document オブジェクト形式のレスポンスです。リクエストが完了していない、成功しなかった、もしくは XML または HTML としてパースに失敗した場合、この値は null となります。
XMLHttpRequest.status 読取専用
リクエストに対するレスポンスのステータスを unsigned short 型の値で返します。
XMLHttpRequest.statusText 読取専用
HTTP サーバーから返ってきたレスポンス文字列を DOMString 型の値で返します。 XMLHTTPRequest.status とは異なり、("200 OK" のように) レスポンスメッセージの完全な文が含まれています。

メモ: HTTP/2 仕様書(8.1.2.4 レスポンス擬似ヘッダーフィールド)によれば、 HTTP/2 では、 HTTP/1.1 のステータス行に含まれていたバージョンや原因の文を運ぶ方法が定義されていません。

XMLHttpRequest.timeout
リクエストを自動的に終了できるようになるまでの時間をミリ秒単位で表す、 unsigned long 型の値です。
XMLHttpRequestEventTarget.ontimeout
リクエストがタイムアウトする都度呼び出される EventHandler
XMLHttpRequest.upload 読取専用
アップロードプロセスを表す XMLHttpRequestUpload です。
XMLHttpRequest.withCredentials
クロスサイト Access-Control リクエストに cookie や認証ヘッダといった認証情報を使用させるかを示す Boolean 型の値です。

標準外プロパティ

XMLHttpRequest.channel読取専用
nsIChannel です。リクエストの実行の際にオブジェクトによって使われるチャンネルです。
XMLHttpRequest.mozAnon読取専用
boolean です。 true の場合、リクエストは cookie や認証ヘッダを伴わずに送信します。
XMLHttpRequest.mozSystem読取専用
boolean です。 true の場合、リクエストで同一オリジンポリシーは適用されません。
XMLHttpRequest.mozBackgroundRequest
boolean です。オブジェクトがバックグラウンドサービスのリクエストであるかどうかを示します。
XMLHttpRequest.mozResponseArrayBuffer Gecko 6 で廃止 読取専用
ArrayBuffer です。リクエストに対する、JavaScript typed array 形式でのレスポンスです。
XMLHttpRequest.multipartGecko 22 で廃止
これは Gecko 独自の機能であり、Firefox/Gecko 22 で削除されました。代わりに Server-Sent EventsWeb Sockets、または progress イベントの responseText を使用してください。

イベントハンドラー

onreadystatechangeXMLHttpRequest のインスタンスとしてすべてのブラウザーが対応しています。

それ以来、数多くの追加のイベントハンドラーが様々なブラウザーに実装されてきています(onload, onerror, onprogress, など)。 XMLHttpRequest の使用を参照してください。

Firefox を含め、より新しいブラウザーでは、 XMLHttpRequest のイベントを on* プロパティをハンドラー関数に設定する方法に加えて、標準の addEventListener() API で待ち受けすることにも対応しています。

メソッド

XMLHttpRequest.abort()
リクエストがすでに送信されている場合、リクエストを中止します。
XMLHttpRequest.getAllResponseHeaders()
CRLF で区切られた文字列として、すべてのレスポンスヘッダを返します。レスポンスを何も受け取らなかった場合は null を返します。
XMLHttpRequest.getResponseHeader()
指定したヘッダ文を含む文字列を返します。レスポンスを受信していない、またはレスポンス中に指定したヘッダが存在しない場合は null を返します。
XMLHttpRequest.open()
リクエストを初期化します。このメソッドは JavaScript から使用するようにしてください。ネイティブコードからの初期化には、代わりに openRequest() を使用するようにしてください。
XMLHttpRequest.overrideMimeType()
サーバーから返ってくる MIME タイプを上書きします。
XMLHttpRequest.send()
リクエストを送信します。非同期リクエストの場合 (デフォルトの場合ですが)、メソッドはリクエストを送信して間もなく返ります。
XMLHttpRequest.setRequestHeader()
HTTP リクエストヘッダの値を設定します。 setRequestHeader()open() の後、および send() の前に呼び出さなくてはいけません。

標準外メソッド

XMLHttpRequest.init()
C++ コードから使用するために、オブジェクトを初期化します。
警告: JavaScript からこのメソッドを呼び出してはいけません
XMLHttpRequest.openRequest()
リクエストを初期化します。このメソッドはネイティブコードから使用するためのものです。 JavaScript コードからの初期化には、代わりに open() を使用してください。 open() の項目を参照してください。
XMLHttpRequest.sendAsBinary()
バイナリデータを送る、send() メソッドの亜種です。

仕様書

仕様書 状態 備考
XMLHttpRequest 現行の標準 Live standard 最新版

ブラウザーの対応

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応1 あり17 あり1.2
onreadystatechange112171 あり1.2
readyState11217 あり1.2
response あり12 あり ? あり あり
responseText あり12 あり ?2 あり10
responseType3112610187
responseURL371432 なし248
responseXML あり12 あり3 あり あり あり
status112171 あり1.2
statusText112171 あり1.2
timeout2912128

17

12 — 16

あり
upload112 あり ? あり10
withCredentials あり123.54105124
abort112 あり

7

56

あり1.2
getAllResponseHeaders11247

7

56

あり1.2
getResponseHeader112 あり7

7

56

あり1.2
open112 あり8

7

56

あり1.2
overrideMimeType112 あり

11

56

あり1.2
send1121

7

56

あり1.2
sendAsBinary なし9 なし2 — 31 なし なし なし
setRequestHeader112 あり

7

56

あり1.2
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 あり1124 あり ? あり
onreadystatechange11 あり4 あり ? あり
readyState あり1 あり4 あり ? あり
response あり あり あり あり あり ? あり
responseText あり あり あり あり あり ? あり
responseType5555 あり50 あり ?6.0
responseURL3737 ?3224 ? あり
responseXML あり あり あり あり3 あり あり あり
status あり あり あり4 あり ? あり
statusText あり1 あり4 あり ? あり
timeout あり あり あり あり あり ? あり
upload あり1 ? ? あり ? あり
withCredentials あり あり ?44 あり ? あり
abort あり あり あり あり あり ? あり
getAllResponseHeaders あり あり あり47 あり ? あり
getResponseHeader あり1 あり あり7 あり ? あり
open あり1 あり あり8 あり あり あり
overrideMimeType あり1 あり あり あり あり あり
send あり1 あり4 あり あり あり
sendAsBinary なし9 なし9 なし4 — 31 なし なし なし
setRequestHeader あり1 あり あり あり あり あり

1. Internet Explorer version 5 and 6 supported ajax calls using ActiveXObject()

2. Before IE 10, the value of XMLHttpRequest.responseText could be read only once the request was complete.

3. Prior to Firefox 51, an error parsing the received data added a <parsererror> node to the top of the Document and then returned the Document in whatever state it happens to be in. This was inconsistent with the specification. Starting with Firefox 51, this scenario now correctly returns null as per the spec.

4. Starting with Firefox 11, it's no longer supported to use the withCredentials attribute when performing synchronous requests. Attempting to do so throws an NS_ERROR_DOM_INVALID_ACCESS_ERR exception.

5. Internet Explorer versions 8 and 9 supported cross-domain requests (CORS) using XDomainRequest

6. Implemented via ActiveXObject

7. Starting from Firefox 49, empty headers are returned as empty strings in case the preference network.http.keep_empty_response_headers_as_empty_string is set to true, defaulting to false. Before Firefox 49 empty headers had been ignored. Since Firefox 50 the preference defaults to true.

8. Starting in Firefox 30, synchronous requests on the main thread have been deprecated due to their negative impact on performance and the user experience. Therefore, the async parameter may not be false except in a Worker.

9. There is a polyfill available to support sendAsBinary().

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

最終更新者: mfuji09,