Worker.onerror

onerrorWorker インターフェイスのプロパティで、 イベントハンドラーを表し、 error イベントが発行されたときに呼び出される関数を表します。

構文

myWorker.onerror = function(event) { ... };

以下の例では Worker オブジェクトを Worker() コンストラクターを使用して生成し、結果のオブジェクトに onerror ハンドラーを設定しています。

var myWorker = new Worker('worker.js');

  myWorker.onerror = function(event) {
    console.log('There is an error with your worker!');
}

仕様書

Specification
HTML Standard (HTML)
# handler-abstractworker-onerror

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser