SpeechRecognition.serviceURI

これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

SpeechRecognition インターフェイスの serviceURI プロパティは現在の SpeechRecognition が利用している音声認識の場所を指定しています。デフォルト値はユーザーの音声サービスです。

構文

var myServiceURI = mySpeechRecognition.serviceURI;
mySpeechRecognition.serviceURI = 'path/to/my/service/';

音声認識サービスの URI を表す DOMString

var recognition = new SpeechRecognition();

recognition.speechURI = 'http://www.example.com';

...

仕様

仕様 状態 コメント
Web Speech API
serviceURI の定義
ドラフト

ブラウザー実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
serviceURI
実験的非推奨非標準
Chrome 完全対応 33
接頭辞付き 補足
完全対応 33
接頭辞付き 補足
接頭辞付き webkit のベンダー接頭辞が必要
補足 You'll need to serve your code through a web server for recognition to work.
Edge 完全対応 ≤79
接頭辞付き 補足
完全対応 ≤79
接頭辞付き 補足
接頭辞付き webkit のベンダー接頭辞が必要
補足 You'll need to serve your code through a web server for recognition to work.
Firefox 未対応 なしIE 未対応 なしOpera 未対応 なしSafari 未対応 なしWebView Android 完全対応 あり
接頭辞付き 補足
完全対応 あり
接頭辞付き 補足
接頭辞付き webkit のベンダー接頭辞が必要
補足 You'll need to serve your code through a web server for recognition to work.
Chrome Android 完全対応 あり
接頭辞付き 補足
完全対応 あり
接頭辞付き 補足
接頭辞付き webkit のベンダー接頭辞が必要
補足 You'll need to serve your code through a web server for recognition to work.
Firefox Android 未対応 なしOpera Android 未対応 なしSafari iOS 未対応 なしSamsung Internet Android 完全対応 あり
接頭辞付き 補足
完全対応 あり
接頭辞付き 補足
接頭辞付き webkit のベンダー接頭辞が必要
補足 You'll need to serve your code through a web server for recognition to work.

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実験的。動作が変更される可能性があります。
実験的。動作が変更される可能性があります。
非標準。ブラウザー間の互換性が低い可能性があります。
非標準。ブラウザー間の互換性が低い可能性があります。
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。
実装ノートを参照してください。
実装ノートを参照してください。
使用するには、ベンダー接頭辞または異なる名前が必要です。
使用するには、ベンダー接頭辞または異なる名前が必要です。

Firefox OS の権限

アプリで音声認識を利用する前に、下記の権限を manifest に追加する必要があります。

"permissions": {
  "audio-capture" : {
    "description" : "Audio capture"
  },
  "speech-recognition" : {
    "description" : "Speech recognition"
  }
}

privileged アプリ権限も必要なので、下記も追加が必要です。

  "type": "privileged"

関連情報