SpeechRecognition.serviceURI

Experimental: これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

SpeechRecognition インターフェイスの serviceURI プロパティは現在の SpeechRecognition が利用している音声認識の場所を指定しています。デフォルト値はユーザーの音声サービスです。

構文

var myServiceURI = mySpeechRecognition.serviceURI;
mySpeechRecognition.serviceURI = 'path/to/my/service/';

音声認識サービスの URI を表す DOMString

var recognition = new SpeechRecognition();

recognition.speechURI = 'http://www.example.com';

...

仕様

仕様 状態 コメント
Web Speech API
serviceURI の定義
ドラフト

ブラウザー実装状況

BCD tables only load in the browser

Firefox OS の権限

アプリで音声認識を利用する前に、下記の権限を manifest に追加する必要があります。

"permissions": {
  "audio-capture" : {
    "description" : "Audio capture"
  },
  "speech-recognition" : {
    "description" : "Speech recognition"
  }
}

privileged アプリ権限も必要なので、下記も追加が必要です。

  "type": "privileged"

関連情報