SpeechRecognition.onnomatch

これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

SpeechRecognitionインターフェイスの onnomatch プロパティ、文法の辞書による音声認識サービスの最終結果として何も認識されていない場合 (nomatchイベントが発生した時)、実行するイベントハンドラーになります。

confidence閾値を超えたり満たしたりしない程度の認識がされた場合も含まれます。

注意:onnomatch ハンドラーは Firefox でまだ良く動作していませんので — 音声認識API は正規なマッチを返し、文法の辞書による項目を推測します。この不具合は今対応中です。

構文

mySpeechRecognition.onnomatch = function() { ... };

var recognition = new SpeechRecognition();

recognition.onnomatch = function() {
  console.log('音声は認識できませんでした。');
}

仕様

仕様 状態 コメント
Web Speech API
onnomatch の定義
ドラフト  

ブラウザー実装状況

BCD tables only load in the browser

Firefox OS の権限

アプリで音声認識を利用する前に、下記の権限を manifest に追加するのは必要になります。

"permissions": {
  "audio-capture" : {
    "description" : "Audio capture"
  },
  "speech-recognition" : {
    "description" : "Speech recognition"
  }
}

privileged アプリも必要なので、下記の追加も必要になります。

  "type": "privileged"

関連情報