ServiceWorkerGlobalScope.onfetch

ServiceWorkerGlobalScope インターフェイスの onfetch プロパティは、fetch イベントが発生するたびに(通常、WindowOrWorkerGlobalScope.fetch() メソッドが呼び出されたときに)発火するイベントハンドラーです。

構文

serviceWorkerGlobalScope.onfetch = function(fetchEvent) { ... };

このコードスニペットは、サービスワーカーのプリフェッチの例からのものです(プリフェッチの例をライブで見る)。ServiceWorkerGlobalScope.onfetch イベントハンドラーは、fetch イベントをリッスンします。 コードが実行されると、コードは、Cache オブジェクト内の最初に一致するリクエストに解決するプロミスを返します。 一致が見つからない場合、コードはネットワークからレスポンスをフェッチします。

このコードは、fetch() 操作からスローされた例外も処理します。 HTTP エラーレスポンス(404 など)は例外をトリガーしないことに注意してください。 適切なエラーコードが設定された通常のレスポンスオブジェクトを返します。

self.addEventListener('fetch', function(event) {
  console.log('Handling fetch event for', event.request.url);

  event.respondWith(
    caches.match(event.request).then(function(response) {
      if (response) {
        console.log('Found response in cache:', response);

        return response;
      }
      console.log('No response found in cache. About to fetch from network...');

      return fetch(event.request).then(function(response) {
        console.log('Response from network is:', response);

        return response;
      }).catch(function(error) {
        console.error('Fetching failed:', error);

        throw error;
      });
    })
  );
});

仕様

仕様 状態 コメント
Service Workers
Event Handlers の定義
草案 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報