ServiceWorkerGlobalScope.onactivate

Experimental

これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

ServiceWorkerGlobalScope インターフェースの onactivate プロパティは、(Service Worker がアクティブになったときの)activate イベントが発生したとき常に発火されるイベントハンドラーです。これは、Service Worker に制御されたページがリフレッシュされるインストール後に発生します。

構文

ServiceWorkerGlobalScope.onactivate = function(event) { ... };
ServiceWorkerGlobalScope.addEventListener('activate', function(event) { ... });

次のスニペットは、Using Service Workers のものです; 詳細はそちらを見てください。

this.addEventListener('activate', function(event) {
  var cacheWhitelist = ['v2'];

  event.waitUntil(
    caches.forEach(function(cache, cacheName) {
      if (cacheWhitelist.indexOf(cacheName) == -1) {
        return caches.delete(cacheName);
      }
    })
  );
});

仕様

仕様 ステータス コメント
Service Workers
Event Handlers の定義
草案 初期定義。

ブラウザー実装状況

BCD tables only load in the browser

関連項目