RTCIdentityErrorEvent

Experimental

これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

RTCIdentityErrorEvent インタフェースは、通常 RTCPeerConnection に関連付けられたアイデンティティー・プロバイダ(IdP) を示すイベントを表現します。これは、?遭遇したエラーを持ちます。idpassertionerroridpvalidationerrorの2つのイベントタイプを持ちます。

Firefox implements this interface under the following name: RTCPeerConnectionIdentityErrorEvent. It is likely that it will correct this name when it will unprefix RTCPeerConnection, once spec and implementation will have been stabilized.

プロパティ

RTCIdentityErrorEventEventであり、このイベントはEvent のプロパティも実装します。

RTCIdentityErrorEvent.idp (en-US) 読取専用
エラーレスポンスを生成したアイデンティティー・プロバイダ(idp)のdomain name を表すDOMStringです。
RTCIdentityErrorEvent.loginUrl (en-US) 読取専用
認証が完了可能なURLを示すDOMString です。nullの値をとることもあり、アイデンティティー・プロバイダ(idp)から提供されます。
RTCIdentityErrorEvent.protocol (en-US) 読取専用
利用されているIdpプロトコルを示すDOMStringです。

メソッド

RTCIdentityErrorEventEventであり、このイベントはEvent のプロパティも実装します。具体的なRTCIdentityErrorEvent メソッドはありません。

pc.onidpassertionerror = function( ev ) {
                           alert("The idp named '" +
                                 ev.idp +
                                 "' encountered an error " +
                                 "while generating an assertion.");
                         }

仕様

Specification Status Comment
WebRTC 1.0: Real-time Communication Between Browsers
RTCIdentityErrorEvent の定義
勧告候補 Initial definition.

ブラウザ互換性

BCD tables only load in the browser

See also