MediaRecorder.onstop

MediaRecorder.onstop イベントハンドラ(MediaStream Recording API の一部)は、stop イベントを処理します。 これにより、MediaRecorder を介してメディアの記録が停止されたことに応答してコードを実行できます。

stop イベントは、MediaRecorder.stop() メソッドを呼び出した結果として、またはキャプチャしているメディアストリームが終了したときにスローされます。 いずれの場合も、stop イベントの前に dataavailable イベントがあり、それまでにキャプチャされた Blob をアプリで使用できるようにします。

構文

MediaRecorder.onstop = function(event) { ... }
MediaRecorder.addEventListener('stop', function(event) { ... })

...

  mediaRecorder.onstop = function(e) {
    console.log("MediaRecorder.stop() 呼び出し後に利用可能なデータ。");

    var audio = document.createElement('audio');
    audio.controls = true;
    var blob = new Blob(chunks, { 'type' : 'audio/ogg; codecs=opus' });
    var audioURL = window.URL.createObjectURL(blob);
    audio.src = audioURL;
    console.log("レコーダー停止");
  }

  mediaRecorder.ondataavailable = function(e) {
    chunks.push(e.data);
  }

...

仕様

仕様 状態 コメント
MediaStream Recording
MediaRecorder.onstop の定義
草案 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報