廃止
この機能は廃止されました。まだいくつかのブラウザーで動作するかもしれませんが、いつ削除されてもおかしくないので、使わないようにしましょう。

LocalMediaStream インターフェイスは Media Capture and Streams API の一部分で、ローカルに生成されたデータストリーム (例えば getUserMedia() によるもの) を表していました。しかし、今は getUserMedia() が代わりに MediaStream を返し、このインターフェイスは仕様から削除されました。

このインターフェイスが存在する主な理由は、親インターフェイスのMediaStream に stop() メソッドを追加するためでした。しかし、メディアの再生管理は個々の MediaStreamTrack オブジェクトに移り、これは必要なくなりました。その代わりに、メディアは停止させるべき各トラックの MediaStreamTrack.stop() を呼ぶことで停止されます。MediaStreamTrack.stop() の例はマルチトラックストリームを停止する方法を示していて、それが LocalMediaStream.stop() がかつて使われていたことでした。

メソッド

LocalMediaStream.stop()
ストリームを停止します。ストリームのソースが接続済みのデバイス(カメラやマイクのような)のとき、デバイスのキャプチャを停止します。

仕様

どの仕様の一部分でもない。このインターフェイスは以前は Media Capture and Streams の一部分でしたが、2013年に削除されました。

ブラウザー実装状況

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応 ? ?17 なし ? ?
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 ? ? ? あり ? ? ?

See Also

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: Uemmra3, S_F__
最終更新者: Uemmra3,