Archive of obsolete content

navigator.id.getVerifiedEmail

ここへジャンプ:

非標準
この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

非推奨
この機能は Web 標準から削除されました。まだサポートしているプラウザーがあるかもしれませんが、ゆくゆくはなくなるものです。新旧にかかわらず、プロジェクトでの使用をやめてください。この機能を使用するページ、Web アプリはいつ動かなくなってもおかしくありません。

注記: この機能は、まだどのブラウザでもサポートされていません。Persona を使用する Web サイトは、そのページに ポリフィルライブラリ を含めなければなりません。

要約

この関数は、Web サイトが BrowserID を使用してユーザの認証ができるようにします。この関数は、コールバック関数を引数に指定した "log in with BrowserID" ボタンの click ハンドラから呼び出してください。

navigator.id.getVerifiedEmail() は、サインインに使用するメールアドレスの選択をユーザに求めます。ユーザの証明書が期限切れの場合は、BrowserID のパスワードも求めます。その後、ユーザのメールアドレスとパスワードを含む署名付きの アサーション が生成され、コールバックに渡されます。

何らかの理由で署名付きのアサーションが生成できないとき (例えば、ユーザがログインをキャンセルした場合や間違ったパスワードを入力した場合) は、コールバック関数に NULL が渡されて呼び出されます。

コールバックが署名付きのアサーションを受け取ったら、検証のためにそれをサーバに送信してください。

構文

window.navigator.id.getVerifiedEmail(gotAssertion);

引数

gotAssertion
署名付きのアサーションオブジェクトまたは NULL を引数に持つコールバック関数。コールバック関数では、検証のためにアサーションをサーバに送信してください。

コード例

例が必要。

仕様

まだどの仕様書にも含まれていません。

参照

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: fscholz, jsx, ethertank, Marsf
 最終更新者: jsx,