mozilla
Your Search Results

    navigator.id.getVerifiedEmail

    非標準
    This feature is non-standard and is not on a standards track. Do not use it on production sites facing the Web: it will not work for every user. There may also be large incompatibilities between implementations and the behavior may change in the future.

    非推奨
    This feature has been removed from the Web standards. Though some browsers may still support it, it is in the process of being dropped. Do not use it in old or new projects. Pages or Web apps using it may break at any time.

    注記: この機能は、まだどのブラウザでもサポートされていません。Persona を使用する Web サイトは、そのページに ポリフィルライブラリ を含めなければなりません。

    要約

    この関数は、Web サイトが BrowserID を使用してユーザの認証ができるようにします。この関数は、コールバック関数を引数に指定した "log in with BrowserID" ボタンの click ハンドラから呼び出してください。

    navigator.id.getVerifiedEmail() は、サインインに使用するメールアドレスの選択をユーザに求めます。ユーザの証明書が期限切れの場合は、BrowserID のパスワードも求めます。その後、ユーザのメールアドレスとパスワードを含む署名付きの アサーション が生成され、コールバックに渡されます。

    何らかの理由で署名付きのアサーションが生成できないとき (例えば、ユーザがログインをキャンセルした場合や間違ったパスワードを入力した場合) は、コールバック関数に NULL が渡されて呼び出されます。

    コールバックが署名付きのアサーションを受け取ったら、検証のためにそれをサーバに送信してください。

    構文

    window.navigator.id.getVerifiedEmail(gotAssertion);

    引数

    gotAssertion
    署名付きのアサーションオブジェクトまたは NULL を引数に持つコールバック関数。コールバック関数では、検証のためにアサーションをサーバに送信してください。

    コード例

    例が必要。

    仕様

    まだどの仕様書にも含まれていません。

    参照

    ドキュメントのタグと貢献者

    Contributors to this page: jsx, ethertank, Marsf, fscholz
    最終更新者: jsx,