navigator.id.get

非標準
This feature is non-standard and is not on a standards track. Do not use it on production sites facing the Web: it will not work for every user. There may also be large incompatibilities between implementations and the behavior may change in the future.

注記: この機能は、まだどのブラウザでもサポートされていません。Persona を使用する Web サイトは、そのページに ポリフィルライブラリ を含めなければなりません。

要約

この関数は、Web サイトが Persona を使用してユーザの認証ができるようにします。この関数は、コールバック関数を引数に指定した "log in with Persona" ボタンの click ハンドラから呼び出してください。

navigator.id.get() は、サインインに使用するメールアドレスの選択をユーザに求めます。ユーザの証明書が期限切れの場合は、Persona のパスワードも求めます。その後、ユーザのメールアドレスとパスワードを含む署名付きの アサーション が生成され、コールバックに渡されます。

何らかの理由で署名付きのアサーションが生成できないとき (例えば、ユーザがログインをキャンセルした場合や間違ったパスワードを入力した場合) は、コールバック関数に NULL が渡されて呼び出されます。

コールバックが署名付きのアサーションを受け取ったら、検証のためにそれをサーバに送信してください。

構文

navigator.id.get(gotAssertion);
navigator.id.get(gotAssertion, {privacyPolicy: "/privacy.html", termsOfService: "/tos.html"});

引数

gotAssertion
署名付きのアサーションオブジェクトまたは NULL を引数に持つ関数。コールバック関数で、検証のためにアサーションをサーバに送信してください。
privacyPolicy Optional
Web サイトのプライバシーポリシーのページへの絶対パスまたは URL。この引数を指定する場合、termsOfService も指定しなければなりません。termsOfServiceprivacyPolicy の両方を与えた場合、ログインダイアログに "you confirm that you accept this site's Terms of Use and Privacy Policy." というメッセージを表示してサイトの利用規約とプライバシーポリシーを知らせます。これには、それぞれのページへのリンクが含まれます。termsOfService が指定されない場合、この引数は効果がありません。
termsOfService Optional
Web サイトの利用規約のページへの絶対パスまたは URL。この引数を指定する場合、privacyPolicy も指定しなければなりません。termsOfServiceprivacyPolicy の両方を与えた場合、ログインダイアログに "you confirm that you accept this site's Terms of Use and Privacy Policy." というメッセージを表示してサイトの利用規約とプライバシーポリシーを知らせます。これには、それぞれのページへのリンクが含まれます。privacyPolicy が指定されない場合、この引数は効果がありません。

コード例

例が必要。

仕様

まだどの仕様書にも含まれていません。

参照

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: fscholz, AshfaqHossain, ethertank, Marsf
 最終更新者: AshfaqHossain,