HTMLKeygenElement

この記事は編集レビューを必要としています。ぜひご協力ください

ノート:このページでは、仕様としての Keygen 要素インターフェースを説明しており、現在 Gecko に実装されているものではありません。詳細と状態については、バグ 101019 を見てください。

<keygen> 要素は、keygen 要素のレイアウトやプレゼンテーションを操作するための(継承によって使用できる通常の element オブジェクトインターフェースを越えた)特殊なプロパティとメソッドを提供する HTMLKeygenElement インターフェースを公開します。

プロパティ

名前 説明
autofocus Boolean autofocus HTML 属性の反映です。ページがロードされたとき、フォームコントローが input にフォーカスされているべきことを表します。
challenge DOMString challenge HTML 属性の繁栄です。送信されたキーにパッケージされた challenge 文字列を含みます。
disabled Boolean disabled HTML 属性の繁栄です。コントロールが操作できないことを示します。
form readonly HTMLFormElement コントロールの form オーナーを表します。定義されていた場合、 form HTML 属性を反映します。
keytype DOMString keytype HTML 属性を反映します。使用されるキーの種類を含みます。
labels 未実装 (参照 バグ 556743) readonly NodeList keygen 要素に関連する label 要素のリストです。
name DOMString name HTML 属性を反映します。フォームデータと送信されるコントロールの名前を含みます。
type readonly DOMString keygen の値です。
validationMessage readonly DOMString (もしあれば) コントロールが満たさない制約検証を表示するためのローカライズされたメッセージです。コントロールが制約検証の対象ではない場合(willValidate が false)や制約を満たしている場合、空文字です。
validity readonly ValidityState この要素の有効性です。
willValidate Boolean keygen オブジェクトは決して制約検証の候補にならないため、常に false を返します。

メソッド

名前と引数 戻り値 説明
checkValidity() Boolean keygen オブジェクトは決して制約検証の候補にならないため、常に true を返します。
setCustomValidity(in DOMString error) void 要素にカスタム検証メッセージを設定します。このメッセージが空文字ではなく、要素がカスタム検証エラーを扱えない場合、検証は行われません。

仕様

仕様 状態 コメント
WHATWG HTML Living Standard
HTMLKeygenElement の定義
現行の標準 HTML5 から変更なし。
HTML5.1
HTMLKeygenElement の定義
草案  
HTML5
HTMLKeygenElement の定義
勧告 初期定義。
 

 

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: YuichiNukiyama
 最終更新者: YuichiNukiyama,