非標準
この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

Gecko 7.0 で廃止 (Firefox 7.0 / Thunderbird 7.0 / SeaMonkey 2.4)
この機能は廃止されました。まだいくつかのブラウザーで動作するかもしれませんが、いつ削除されてもおかしくないので、使わないようにしましょう。

概要

getAsText メソッドは、指定されたエンコーディングを使用してテキストとして解釈されるファイルのデータを提供します。

Note: This method is obsolete; you should use the FileReader method readAsText() instead.

構文

var str = instanceOfFile.getAsText(encoding);

パラメータ

encoding
返されるデータに使用するエンコーディングを示す文字列。この文字列が空の場合は、UTF-8 が使用されます。

戻り値

指定された encoding のテキストとして解釈されるファイルのデータを含む文字列。

// fileInput is a HTMLInputElement: <input type="file" id="myfileinput" multiple>
var fileInput = document.getElementById("myfileinput");

// files is a FileList object (similar to NodeList)
var files = fileInput.files;

// object for allowed media types
var accept = {
  binary : ["image/png", "image/jpeg"],
  text   : ["text/plain", "text/css", "application/xml", "text/html"]
};

var file;

for (var i = 0; i < files.length; i++) {
  file = files[i];

  // if file type could be detected
  if (file !== null) {
    if (accept.text.indexOf(file.mediaType) > -1) {
      // file is of type text, which we accept
      // make sure it's encoded as utf-8
      var data = file.getAsText("utf-8");
      // modify data with string methods

    } else if (accept.binary.indexOf(file.mediaType) > -1) {
      // binary
    }
  }
}

仕様

仕様の一部ではありません。

あわせて参照

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mdnwebdocs-bot, silverskyvicto, fscholz, ethertank
最終更新者: mdnwebdocs-bot,