mozilla

File.getAsText

概要

ファイルの内容を指定エンコーディングでエンコードされたテキストデータとして解釈し、DOMString として返します。

// fileInput : HTMLInputElement (<input type="file" id="myfileinput" multiple>)
var fileInput = document.getElementById("myfileinput");

// files : NodeList と似た FileList オブジェクト
var files = fileInput.files;

// 許容するメディアタイプを記したオブジェクト
var accept = {
  binary : ["image/png", "image/jpeg"],
  text :   ["text/plain", "text/css", "application/xml", "text/html"]
};

var file;

for (var i = 0; i < files.length; i++) {
  file = files[i];

  // ファイルタイプが見つからない場合の処理
  if (file !== null) {
    if (accept.binary.indexOf(file.mediaType) > -1) {
      // テキストファイルの場合の処理
      // ここでは テキストファイルが UTF-8 であると仮定して処理している
      var data = file.getAsText("utf-8");
      // modify data with string methods
    } else if (accept.binary.indexOf(file.mediaType) > -1) {
      // バイナリファイルの場合の処理
    }
  }
}

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
Contributors to this page: fscholz, ethertank
最終更新者: ethertank,