File.getAsDataURL()

非標準
この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

非推奨 Gecko 7.0 (Firefox 7.0 / Thunderbird 7.0 / SeaMonkey 2.4)
この機能はウェブ標準から削除されました。まだ対応しているプラウザーがあるかもしれませんが、ゆくゆくはなくなるものです。使用を避け、できれば既存のコードを更新してください。このページの下部にあるブラウザーの対応を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

概要

getAsDataURL は、参照されるファイルの内容全体をエンコードした data: URL を提供します。

メモ: このメソッドは廃止されました。代わりに FileReaderreadAsDataURL() メソッドを使用する必要があります。

構文

var url = instanceOfFile.getAsDataURL();

返値

data: URL を表す文字列

// fileInput is a HTMLInputElement: <input type="file" id="myfileinput" multiple>
var fileInput = document.getElementById("myfileinput");

// files is a FileList object (similar to NodeList)
var files = fileInput.files;

// array with acceptable file types
var accept = ["image/png"];

// img is a HTMLImgElement: <img id="myimg">
var img = document.getElementById("myimg");

// if we accept the first selected file type
if (accept.indexOf(files[0].mediaType) > -1) {
  // display the image
  // same as <img src="data:image/png,<imagedata>">
  img.src = files[0].getAsDataURL();
}

仕様書

どの仕様書にも含まれていません。

関連情報