mozilla

Apps.checkInstalled

非標準
This feature is not on a current W3C standards track, but it is supported on the Firefox OS platform. Although implementations may change in the future and it is not supported widely across browsers, it is suitable for use in code dedicated to Firefox OS apps.

概要

指定されたアプリについての情報を取得します。これを使って、そのアプリがインストールされているかどうかを判別できます。

構文

var request = window.navigator.mozApps.checkInstalled(url);

引数

url
アプリの マニフェスト の場所を含んだ 文字列型 の URL。

戻り値

checkInstalled() 関数は DOMRequest オブジェクトを返します。DOMRequest.result プロパティには App オブジェクト が含まれており、これはインストールされているアプリの情報を提供する JavaScript オブジェクトです。アプリがインストールされていない場合、DOMRequest.resultnull となります。

var request = window.navigator.mozApps.checkInstalled("http://example.com/manifest.webapp");
request.onerror = function(e) {
  alert("checkInstalled 呼び出しエラー: " + request.error.name);
};
request.onsuccess = function(e) {
  if (request.result) {
    console.log("アプリはインストールされています");
  }
  else {
    console.log("アプリはインストールされていません");
  }
};

呼び出し元スクリプトは、この例のように、戻り値オブジェクトの onsuccess/onerror コールバックプロパティを設定することが期待されます。呼び出しが成功した場合、戻り値オブジェクトの result プロパティには App オブジェクト が含まれています。この例では request.result に当たります。

エラー

DOMRequest.error において文字列の ERROR が返ります。

マニフェストが情報を要求したページとは異なるドメインにある場合、checkInstalled が呼び出された直後に例外 NS_ERROR_DOM_BAD_URI が投げられます。

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: fscholz, kohei.yoshino, khalid32
最終更新者: khalid32,